2009年04月18日

インドのマイカー事情



ある新聞で、インドの市場を、自動車文化に絡めて載せていましたので、御紹介致します。




インドでは、経済成長に伴う中間層の台頭で小型車中心のマイカー社会が急速に進展している。生産台数は、乗用車と商用車の合計で、2003年度に100万台、2006年度には200万台を突破した。乗用車は生産・販売・輸出のいずれも右肩上がりで、2007年度の販売台数は154万台に拡大した。



外資系、民族系合わせて10社以上がしのぎを削る。1983年に海外メーカーとしてインドに初参入したスズキが最大手で50%強のシェア(市場占有率)を押さえる。日産自動車は仏ルノーなどと合弁でインドで2ヵ所目の工場を建設する。トヨタ自動車は10年度の稼働を目指す第2工場を着工。ホンダも第2工場を12年以降に稼働させる。




※一昨年の話ではなく、つい3週間前の新聞記事です。インドは、全世界的景気減速に関係なく、市場が急拡大しているようですね。



この記事へのコメント
お世話になります。

アカデミー賞を総なめにした「スラムドック$ミリオネア」に象徴されるように、インドの勢いがコアなものからワールドスタンダードなものになってきました。

1年の3分の2をインドで過ごす知人が仰っていたのですが「インド人は日本人が忘れかけている勤勉さと、YES、NOをはっきり意思表示できるハートのつよさ」を持っているからまだまだ伸びるそうです。

八百万の神を心に宿すという部分で共通のインド人と日本人。良いところをどんどん吸収して共に世界の第一線を張りたいですね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年04月18日 09:00
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

インドをテーマにした事で、情報を頂き、ありがとうございます。

「インド人は日本人が忘れかけている勤勉さと、YES、NOをはっきり意思表示できるハートのつよさを持っている」のですね。勉強になります。

インド人と日本人は、レベルの差こそあれ、頭脳で勝負する所は、似通っていますね。

貴重なお話感謝しております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年04月18日 14:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。