2009年05月15日

【団塊世代】の傾向とは?



ある新聞に、日本総合研究所さんの書かれた、《消費と経済》と言うテーマの興味深い文章が載っておりましたので、御紹介致します。




1947年から1949年生まれの団塊世代が60歳の節目を迎える中、お金と時間を持つ消費者が増えるとの期待が企業に高まった。これまでも団塊世代はインスタント食品・ジーンズ・ミニスカート・週刊漫画雑誌等、様々な流行商品を生む牽引役となってきた。


もっとも、団塊世代は他の世代よりも「消費好き」と言う訳ではない。所得から消費に回す割合である消費性向は他の世代と同じような水準にある。


しかし、個々人が普通に消費しても、全体の人数が多い為、世代トータルの消費押し上げ効果は大きくなる。この需要の大きさに期待した供給側の企業努力も加わり、様々な消費ブームが生まれたと言えよう。


では、団塊世代の消費の内容には特徴があるのだろうか。50歳代後半の時の消費内容を5歳年上の年齢層と比較してみた。


団塊世代がその上の世代より支出が多かったのは、ガソリンも含めた自動車関連、テレビやパソコン、ステレオ等の教養・娯楽用耐久財が先ず挙げられる。食品では、調理済み食品、パン、麺類、コーヒー・ココア等の支出が多い。一方で団塊より5歳上の世代では、ファッション関連や、家具を含む住宅リフォーム、医薬品やサプリメント等の健康分野への支出が目立つ。


団塊世代のファッション分野への支出が少ないのも、カジュアルなスタイルを先導してきた世代である為だと見られる。住宅リフォームに関しては、退職年齢の高齢化と共に後ずれしている。又、健康分野では、伸び続ける平均寿命が示すように、同年齢では年下世代ほど健康な人が増えており、購入年齢が上がっている。


団塊世代はアクティブシニアとして、今後の高齢者市場の成長の牽引役として期待が強い。日本の消費社会の基盤を形成してきた世代だけに、企業としては、今後も団塊世代の消費の特徴や変化を踏まえ、満足度を高める工夫が求められる。




※高度経済成長を下支えしてきた世代が、まさに団塊世代でした。絶対数が多いと言う事が、時代のトレンドをリードしてきた証なのでしょう。

これから、企業が市場に切り込む戦略として、この世代を無視する事は、出来ないでしょう。



この記事へのコメント
「団塊の世代」という言葉は、作家の堺屋太一さんがつくった言葉です。
雑誌にも連載されて、団塊世代の特徴・意識・行動などが書かれていました。

私も「ブログ」で2年前から毎日書き続けています。
    「団塊の世代の応援歌」
    http://maruta.be/shinpal
Posted by 進藤幸男 at 2009年05月15日 09:06
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。「団塊の世代」という言葉が、堺屋太一さんがつくった言葉と言うのは、進藤幸男様から教えて頂きました。

ブログ「団塊の世代の応援歌」は、楽しく拝見させて頂いております。携帯電話からの書き込み可能でしたので、過去に2度程、コメントも入れさせて頂きました。

これからも、ブログ界の大先輩として、御指導の程、宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月15日 09:20
知り合いに「団塊の世代」の方がいますが、皆さん元気にやっていますね。

仕事一辺倒ではなく家庭を大切にし、趣味もあるので、活き活きしている感じ

がします。閉塞感を打ち破るためにも、元気な「団塊の世代」の方々や女性に

会社や社会で活躍し、牽引していってもらいたいと思います。
Posted by 北島 俊彦 at 2009年05月15日 09:49
お世話になります。

団塊世代の方とともに、注目されるのが「団塊ジュニア世代」ですね。

僕も団塊ジュニア世代に当たります。

団塊世代と同じように、古着や中古家具的なインテリアやカフェ、コギャルなどの消費の新トレンドを生み出したのが団塊ジュニアです。

両世代とも価値観の転換期の世代なのですね。

定期購読している僕たちの業界の雑誌記事によりますと、団塊ジュニア世代は物を所有することへの関心が非常に薄く、楽な方へ流れやすい傾向にあり、最大の関心対象は「自分自身」だそうです。

該当世代なのでうなずける話でした。

自分を認め、支えになる人間関係を求めているそうです。売り込んでも買ってもらえません。

僕の活動の中でも、強く感じることがあります。

ほかの世代の方からは、とらえどころがないように思われるようですが・・・

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年05月15日 10:44
北島俊彦様

訪問、ありがとうございます。

団塊世代の方々の『仕事一辺倒ではなく家庭を大切にし、趣味もあるので、活き活きしている感じ』これがキーポイントですね。

会社や社会で活躍し、牽引して行くのは、団塊の世代に負けないよう、我々も続いていきましょう。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月15日 10:52
 正に団塊世代の私です。北島さんのおっしゃる通り、仕事一辺倒では無く、家庭も大切に(?の方も居られますが)、そして趣味を謳歌されています。私自身も趣味(特技)の日本舞踊にはまっています。私のもうひとつの趣味、エルビスプレスリーのライブを聴きに月に1回は土曜日に行っています。そこでは50年代、60年代、70年代のプレスリーソングに酔いしれる、団塊世代の男女が楽しい一時と情報交換をして居ます。団塊世代、「数は力なり」ですね。益々人生楽しみますよ!
Posted by 杉山 久美子 at 2009年05月15日 11:37
団塊の世代の方は、元気な方が多いようですね。

バリバリ現役という感じがします!

負けてられません、がんばります!!
Posted by 晴山 力 at 2009年05月15日 14:05
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

徳永様は「団塊ジュニア世代」なんですね。

団塊ジュニア世代は、言われてみれば、新しいトレンドを創り出していますね。

価値観の転換期の世代とも言えますし、団塊世代に育てられ、影響を受け、継承したとも言えますね。

徳永様は、団塊ジュニア世代の研究も、されているのですね。「自分自身」に一番関心があるのですか!存じあげませんでした。

勉強になりました。又色々お教え下さい。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月15日 16:00
杉山久美子様

訪問、ありがとうございます。

杉山様の、趣味の多さや範囲は、とても広いですね。

人間としての幅が、こうした所からも垣間見る事が出来ます。

‘数は力なり’数の原理は生きています。

私は逆に「丙午(ひのえうま)」で、ございます。極めて希少な世代です。

数の原理に負けない“自分創り”頑張ります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月15日 16:12
晴山力様

訪問、ありがとうございます。

団塊世代の方々は、本当に元気な世代ですよね。

先ずは、自分に勝つ事(エド・はるみさんの話)から行ってみましょう。

世代の多い少ないで言いますと、私の世代は、一つ上と一つ下が、猛烈に多い、珍しい所に位置しております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月15日 16:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。