2009年05月21日

‘戻り始めた’個人投資家



今年、5月6日現在の新聞記事で『景気最前線』と言うのがありました。


表題の内容で記事が載っておりました。一部要約し、御紹介致します。





米国発の金融危機と、市況の低迷で、2008年秋から遠のいていた個人投資家が市場に戻り始めた。今年3月中旬以降の株価の上昇や外国株の堅調さが、投資家心理に好影響を与えているようだ。ただ、市場全体への広がりは見られず、「本格的な回復はまだまだ」との見方が多い。


■黒字
岩井証券社長は、4月に入って個人投資家の戻りに期待感をにじませた。4月は単月で経常黒字になる見通しだ。


高木証券でも信用取引の貸付金残高が4月に回復基調となり、投資家が売買に反応したと見ている。


東京株式市場で日経平均株価は、バブル後最安値を更新した3月10日以降堅調で、5月1日までに約27%上昇した。個人投資家が投資マネーを振り向けているようだ。


■新興国人気
中国やベトナムといった新興国市場に上場する株式も人気を集めている。


中国株を扱う内藤証券は、4月の売買代金が1月に比べ、約4.5倍に膨らんだ。投資家は、中国経済の成長性を買っている。


岩井証券が4月22日から始めたベトナム株の取引は、週間の売買委託手数料が支店1店舗分に相当した。野村証券が3月下旬から取り扱いを始めた中国株の投資信託は、一ヶ月間で預かり資産残高が2倍になった。


■薄氷
ただ、市場では本格的な回復には時間がかかるとの見方が一般的だ。光世証券は、最悪期は脱したが、個人投資家の資産は相当目減りしており、本格的な持ち直しは、09年度の後半以降と分析する。


新型インフルエンザの新たなリスクもある。回復基調にある投資家心理に冷や水が浴びせられないか、証券各社は気をもんでいる。





※有識者の方々、専門家や評論家の方々には『向こう5年間は、景気は戻らない』と言われる事もある中で、景気回復の兆しです。これから、景気回復基調を期待しつつ、私達は今出来る最善の努力をしていきましょう。今、どのような“新たな種撒き”をしていますか?!



この記事へのコメント
 お世話になっております。中村まさ子です。
私も個人投資家の一人であったことがあります。結構、株価を見たりチェックに時間がとられ、いろいろしていましたが、今は、手を引いています。
今は、外貨と劣後債です。この話は、皆さんにお勧めできないのが特徴です。リスクがありますので・・・。時間をとられる割に、貯金の方が良かったと思うことが、あります。2,3回そんなことを思っています。
 今は少ない金額で始められますので、経済の勉強という意味ではお勧めです。ありがとうございます
Posted by 中村 まさ子 at 2009年05月21日 06:47
中村まさ子様

訪問、ありがとうございます。

中村まさ子様、個人投資家だったのですね。存じ上げませんでした。『外貨と劣後債』は、どのような商品か、今度教えて下さい。こんなお題を掲載しておきながら、私は全くの素人です(笑)。公社債投信しか、知りません。『時間をとられる割に、貯金の方が良かった』と、おっしゃる方がおられますね。

経済勉強の視点で、株をやったほうが良い、とのアドバイスは、受けた事はあります。

いずれにせよ、何でもそうですが《大人の責任》を自覚して、行えば冒険は多少構わないと思います。

貴重なお話、感謝しております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月21日 07:20
新聞の1面に「(GDP速報値が)戦後最大の減少」という見出しで大きく掲載されましたね。

「前年比2倍」とか「○○%減」なんていう数字ばかり見ていると余計分からなくなります。

昨年が「良すぎた」のか「フツー」なのか「悪かった」かによって増加も減少も全く意味が変わってきます。

自分自身が「事実をしっかり見て」自分なりの意味づけをすることが最も重要です。

その点から言うと、私の会社は直近5年ほど、本当に採用に苦労しました。
今後の少子化、人口減少を考えると、この2年ほどが大量に採用できる最後のチャンスと思い、現場で目が行き届く限界まで採用しております。
今年、新卒を5名採用しましたが、来年も5~8名は採用します。
これが、わが社の10年後を決めることとなります。
Posted by 伊集院雅人 at 2009年05月21日 10:32
伊集院雅人様

訪問、ありがとうございます。GDPが戦後最大の減少ですか。それも止む無しですね。

昨年がどうかによって、今後の展開は企業それぞれですが、一つだけはっきりしている事があります。

伊集院雅人様のおっしゃる、『自分自身が「事実をしっかり見て」自分なりの意味づけをすること』→つまり自己責任です。

それに加えて、自己開示や自己実現も、不可欠です。

これまでの『組織の中の個』から一歩、又はそれ以上踏み出している人に、【成功の二文字】はやって来ます。

木村政雄氏(元吉本興業常務取締役)は、面白い事をおっしゃっておられます。『片足はハミだしとけ』です。両足を揃えて、会社と言う机の中に入れて座ると、外部の空気感・臨場感が解らなくなる、と言う事です。

日本営業道連盟(営業の勉強会)には、良い意味で、片足を机からハミだして座る方々が多いです。

私も、ずっとハミだしておれるよう、努力致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月21日 11:37
経済オンチな私の独り言なのですが、

日経平均株価には、いつもなんか踊らされているような気がして…

ひとりごとでした。
Posted by 晴山 力 at 2009年05月22日 00:09
晴山力様

訪問、ありがとうございます。私も‘経済オンチ’なんです。

確かに【日経平均株価】に、踊らされている感はありますね。

実態を掴む必要はあるかと思います。

私は、このように考えます。『株価は、転職活動の履歴書に書く年齢みたいなもの』で、ものさしの一つでしかない、と。

こちらも〔独り言〕でした。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月22日 06:11
たまたま拝見させていただきました。

毎日更新されているんですね。
素晴らしいですね。

1つお聞きしたいのが、
タイトルにも書かれている
”「世直し」「人助け」を真剣に考えております”という点です。

具体的にどんなことをされているのですか?

経営者の方ですか?

よかったら教えて下さい。
Posted by 江尻 at 2009年05月22日 23:20
江尻様

訪問、ありがとうございます。コメント書き込みして頂いた事に感謝致します。

「世直し」「人助け」について、私の仕事が派遣業になります。以前マスコミを騒がした某大手派遣会社のように“儲け主義”に暴走する会社だったり、規則・ルールを破る会社を、業界内に居てますと、見受ける事があり『人に関するビジネスなのに、なぜなのかな?』と思っています。企業から仕事を受注し、仕事を、探している人に紹介し、“人と企業をマッチングさせる”事を微力ながら行っております。

地道に御世話する事で、不正をする業者の撲滅だったり、失業者を助けたり、企業に適材適所で人を配属させて頂く事で、お役立ちが出来ます。

あと、『日本営業道連盟』と言う営業の基礎・基本を学ぶ、非営利団体に所属しております。詳しくは、この名前で検索して頂くと、ホームページが立ち上がります。ここでは、ディスカッション方式で‘鍛練’と言う形の勉強を月1ペースで行っております。

来週月曜日から『営業コンビニ』と銘打ち、駅前第2ビル5階の学習センターで「相談室」を開きます。相談内容のジャンルは問いません。これも人助けです。答えになっておりますか?

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月23日 05:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。