2009年05月22日

第2の“千の風になって”ブーム


第2の“千の風になって”と言われている、ある歌が、静かなブームを呼んでいるそうです。


昨日の民放の朝のテレビで、観ました。紹介の中で“泣き歌”と評していました。


その歌とは、樋口了一さんの『手紙 〜親愛なる子供たちへ〜』です。


この歌は、曲もさる事ながら、歌詞が素晴らしいので、御紹介致します。




年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても

どうかそのままの私のことを理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても

あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても

その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい

あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は

いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ 消え去ってゆくように見える私の心へと

励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり

お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて

いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に

祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない

足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったら

あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように

よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい

あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど

私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい

きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに私がしっかり付き添ったように

私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと

あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ

愛する子供たちへ




※如何でしょうか。もう、このまま言葉全てに“大切な生と死”が盛り込まれています。
自分の親に対して心に強く抱き、そして我が子へ、伝えていきたい内容ですね。



この記事へのコメント
とても考えさせられる内容ですね
私は普段車で移動していますのでラジオはいつもつけているのですが、この歌は知りませんでした

自分の親が少しずつ年老いていき、いずれ自分もそうなり、人としての温かさが伝わる歌だと感じます
Posted by 尾上 正 at 2009年05月22日 06:44
尾上正様

訪問、ありがとうございます。

この詞を拝見し、とても、考えました。

生まれて来る瞬間と、年老いて死ぬ瞬間を、見事な迄に描写しています。

この文章を子供を読んでもらおうと、思っております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月22日 07:36
 6年前に認知症(介護度5)の母を看取りました。母の介護記録(5年間)の日記を大学の先生と一緒に著書にする時に、読み返した時、改めて「ぼけても心は生きている」・・・と知りました。まさに後悔です。もっと早くに気づけば、「ああもしてあげれた」「こうもしてあげれた」・・・と、何度も悔み涙しました。
今は、介護(認知症)で疲れている友人や近所の方達へ、少しでも私の体験がお役に立てると思い、介護(認知症)についてお話しています。
本日の「詩」は、母を想う良い機会となりました。ありがとうございます。
Posted by 杉山 久美子 at 2009年05月22日 09:09
杉山久美子様

訪問、ありがとうございます。お母様の事を思い出して頂き、嬉しく思います。「ぼけても心は生きている」・・・は、よくおっしゃられていますね。私の心の中に刻まれています。

介護(認知症)について、お役立ちの講演行脚、素晴らしいですね。本当に杉山久美子様には、頭が下がります。

来週月曜日の『営業コンビニ』は、勝手に集客活動をしており、この日は6名の御来店予定です。

この事業も、日本営業道連盟のブログラーニングと並ぶ、分科事業として、広く告知し、社会貢献の一助になれば幸いです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月22日 10:32
なかなか言葉が出て参りませんが、心を打つものがありました。

歌詞のご紹介、ありがとうございました。 
Posted by 晴山 力 at 2009年05月22日 16:05
晴山力様

訪問、ありがとうございます。言葉が出て来ませんね。それだけ、全ての事が盛り込まれていて、無心の境地になるのですね。心を打つのは、私も同じです。

こう言ったジャンルのブログは、これからも紹介してまいります。宜しくお願い致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月22日 16:29
 いつもお世話になりありがとうございます。中村まさ子です。

 先日、姑から電話ですぐ来てほしいと電話があり、

行きますと、

「そうか、私呼んだんか」

「えっつ?」と私

(電話で呼ばれたことを忘れられているようです。)

 しっかりなさったところがたくさんあります。

時々、お忘れになることがあります。


 父の49日の法要で、親戚同士で、介護関係の話で、盛り上がりました。

 結構、悩んでいらっしゃる方は、多いように思います。
Posted by 中村 まさ子 at 2009年05月22日 16:49
中村まさ子様

訪問、ありがとうございます。

身近な事例をお話頂き、ありがとうございます。

やはり、こうした‘どこにでも出て来るかもしれない話’が、一番勉強になります。

老いは必ずやって来ますし、アンチエイジングしていても、最終的には必ず死が訪れてしまいますから、現状から、理解を深めていく上で、介護等の問題は、勉強をしておく必要性がありますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年05月22日 17:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。