2018年09月19日

ビジュアライズすべきは目標ではなく・・


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【ビジュアライズすべきは目標ではなく・・】を紹介致します。





目標や夢を明確にしましょう、とよく言います。

絵が思い浮かぶくらいビジュアライズするとそれが叶う、と。

これって、すでに科学的に否定されているってご存知ですか?

叶った自分を想像して、それで満足してしまう。

もうちょっと言うなら脳は叶っていると勘違いしてしまうわけです。

結果、叶えるための行動をしなくなります。


せっかくビジュアライズするなら、自分が夢や目標に向かって行動している場面を想像する方がよい、ということです。

行動するのが普通、となるから。


クライアントと話すときも同様。

もちろん目標について話してもらうことは、大切なのですが・・

それよりもどうやって行動するのか?

明確にしていく作業をする方に力点をおくほうが成果が出やすくなります。





※如何でしたでしょうか!?

私的には、ちょっと意外でした。

プロセスは重視しないといけないので、書かれている事も、わかります。

本日も、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:36Comments(0)

2018年09月18日

通勤中に見かけた面白い人


今日は、フリーペーパー『プリティ9月号』(編集発行/(株)大新社)の中の読者の声のコーナー(プリトーク)から【通勤中に見かけた面白い人】を紹介致します。





出勤時や帰宅時など、読者が見かけた他の人より“目立った人”の話を教えます。



◆朝、駅のホームでサラリーマンがクラシック(たぶん)を聴きながら、指揮者になりきっていたのを見た時はビックリしました。

(編)朝から現実逃避?(笑)。



◆通勤電車の窓から見えるオフィスで、毎朝行われている準備体操をサボってロッカーの影に隠れているOLがいる。毎日隠れているので面白い。

(編)隠れている本人は、まさか自分が電車の中から見られていると思っていないでしょうね。



◆ひたすら電車の中でスルメを食べている女性。臭いがなかなか強烈でした・・・。

(編)臭いだけでなく、スルメを食べている姿も強烈ですよ!



◆帽子、服、鞄、靴、全身緑の人を見た。よっぽど好きな色なんでしょうね・・・。

(編)ラッキーカラーかもよ!!



◆電車の中で刺身パックを食べている女子高生。醤油の香りが車内に広がっていて不思議でした。

(編)まさに「ギョギョギョ!」。



◆よく電車が一緒になる、70歳は超えているであろうおばあさん。いつも同じ駅からメイクを開始。まずはカラコンからつけるのですが「揺れている電車の中でよくつけられるなあ・・」といつもつい見てしまいます。

(編)電車でカラコンを装着できるのはすごいし、いくつになっても身だしなみに気を使うのは素敵。でも、車内でのメイクはマナー的に・・・。人の価値観は難しい。



◆身につけているアイテムまで全身ゴールドで統一しているおじさん。ありがたい感じがして密かに「大黒様」と呼んでいます。

(編)今度はゴールドかいっ!(笑)。



◆電車の座席でグラスチェーンつきのメガネをかけてスマホをいじっていたおばさん。スマホが鳴ったのでメガネを外して電話に出て「ちょっと待って、手帳出すから」といいながら、手帳を取り出した後、何かを探している様子。そして「メガネ無いから帰ってからかけ直すね」と言って電話を切った。「いやいや、メガネぶら下がってるよ!」と心の中でつっこんだ。

(編)ネタやん!





※面白いですね。公共の交通手段内での風景では、あり得ないのも、ありますね。

今日の通勤風景は、どんな楽しい出来事が待っているか・・。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:25Comments(0)

2018年09月17日

「うどん県」で就農しよう


今日は、9月16日(日)日本農業新聞より【「うどん県」で就農しよう】を紹介致します。





〔22日、香川がセミナー〕


香川県は(9月)22日、東京都千代田区のふるさと回帰支援センターで、同県での就農に興味がある人を対象に「うどん県 ゼロから始める農業セミナー」を開く。

同県に移住した新規就農者や県庁職員が、農業経験や移住、県の就農者への助成についてなどを説明する。午後5時〜7時。参加は無料。

問い合わせは香川県東京事務所、(電)0352129100。





※香川県も、地域活性化に、力を入れていますね。

都会や都心で働く人や住む人から、素晴らしいご縁がありますように。
  


Posted by makishing at 07:42Comments(2)

2018年09月16日

語ってはいけない人


【語ってはいけない人】


技術が無い人が

技術を語っては
いけない。



知識が無い人が

知識を語っては
いけない。



経験が無い人が

経験を語っては
いけない。



お金持ちじゃ無い人が

お金持ちを語っては
いけない。



語ってはいけない人が

語っていると

みっともない。
  


Posted by makishing at 07:32Comments(2)

2018年09月15日

少数派の意見を採用したヒット商品


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【少数派の意見を採用したヒット商品】を紹介致します。





【少数派の意見を採用したヒット商品】



夏に出てくる虫の種類はたくさんありますが、ゴキブリは出来れば、お目にかかりたくない虫だと思います。


ゴキブリ退治の方法として

1.新聞をまるめて叩く
2.ごきぶりホイホイを使う
3.殺虫剤を使う

といった対応が代表例です。


今日は、3の殺虫剤に関するヒット商品についてご紹介します。


そのヒット商品とは、フマキラーの「ゴキブリワンプッシュ」という商品です。


この商品は、部屋の隙間に逃げたところにワンプッシュするだけで、隠れていたゴキブリが追い出されて力尽きて死ぬというものです。


実は、この商品を開発するのに参考になった商品は、同社の「おすだけベープ」という商品でした。


おすだけベープを部屋の空間に向けて噴射すると蚊が力尽きるという優れた商品です。


おすだけベープは、蚊の対策としては優れた効果を発揮しますが、薬剤が弱いため、蚊以外の大きな虫にはあまり効果がありません。


ある日、同社社員がホテルに宿泊したときに、部屋にゴキブリが表れたので、たまたま持っていた、おすだけベープを使うことを考えました。


おすだけベープを部屋中の隙間に何度も何度も噴きつけたところ、ゴキブリが隙間から出てきて力尽きました。


一般的に、仕留め損ねたゴキブリは隙間に逃げ込みますし、そもそも隙間に潜んでいます。


したがって、部屋全体に効果を行き渡らせる必要はなく、ゴキブリが潜んでいそうな隙間だけ噴射すればよい、という考えになりました。


ところで、少し話は変わりますが、皆さまは、ゴキブリの死骸は見たくない派でしょうか?

それとも、見たくはないけど確認したい派でしょうか?


このような調査を同社が行ったところ

「怖いけど死んだことを確認したい」

と回答した人が3割ちょっとでした。


この3割の人に向けた新商品の開発が始まりました。


このニーズを満たすためには、即効性がある成分だと、隙間でゴキブリが死んでしまい、死骸を確認できないという課題が残ります。


一方で遅効性の成分だと、いつまでもゴキブリに歩き回られると困ります。


薬剤がかかると隙間からヨタヨタと出てきてパタッと死ぬという条件に適した有効成分の特定に時間を費やしました。


その結果、有効と判断されたのはd・d-Tシフェノトリンという成分でした。


これがゴキブリにかかると神経細胞が興奮状態となって表に出てきながら力尽きる、というのに適したことが分かったのです。


その後、「ゴキブリワンプッシュ」という商品で2016年8月に販売したところ、30万個以上売れるヒット商品となりました。


死骸を確認したいという気持ちは、「いるかもしれない」という恐怖から開放されたいという願望があるからだと思います。


通常であれば、死骸を見たくないという7割に合わせた商品開発を企画しがちですが、少数派に着目したからこそ上記のニーズをとらえてヒットさせることができたのではないでしょうか。





※ゴキブリは、生命力があるので、仕留めたつもりがそうでなく、逃がしてしまうケースが、ありますね。

なので『確認したいニーズ』を満たす、この商品が、ヒットしたのだと思います。

個人的に思うのは「3割より多くの人がいるんじゃないかな」と、感じたことです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:46Comments(2)

2018年09月14日

「ライバル不在」は正解?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「ライバル不在」は正解?】を紹介致します。





ブルーオーシャン戦略という言葉を聞いたことがありますか?

マーケティングを勉強していると必ず出てくる言葉のひとつでもあります。

詳しい説明は省きますが、一言でいうなら

「ライバルがいない市場で ビジネスをすること」

です。

ライバルがいない市場を見つけることができればそれは大きなビジネスチャンスになります。

ライバル不在なら一人勝ちできるわけですから当然ですよね。

しかしライバルが不在であるということは同時に

・認知されていない
・そもそも需要がない

という可能性もあります。

これではライバル不在といえども、ビジネスとしては成り立ちません。

もしあなたがこれから起業をするということであればライバル不在の市場を選ぶよりもまずは

「ライバルがいる市場を選ぶ」

ことをオススメします。

なぜなら

・認知されている市場である
・当然需要もある

からです。

それだけではありません。

市場があるということは、すでにある程度は勝ちパターンが存在する可能性が高いということ。

ライバル不在の市場を見つけるよりも、すでに存在する勝ちパターンを見つけるほうが圧倒的に楽です。

まずは勝ちパターンを見つけて学び実践をして軌道に乗せましょう。

それがきちんとできれば、売れっ子にはなれますよ!





※『ブルーオーシャンとレッドオーシャン』と、言いますね。

商品・サービスが、あるレベルの数以上に使われていて、無くなりつつある、という事が無いのであれば、一定の認知と需要がある事になります。

重要なのは、勝ちパターン、つまり〔ビジネスモデル〕を構築し、しっかりと実践で回していく事と、思います。

最後まで、お読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:04Comments(2)

2018年09月13日

大坂なおみさん


今日は、母からもらったメールから【大坂なおみさん】を紹介致します。





小さい時から日本食で育った。

お母さんは北海道の人。おじいちゃんは北海道の漁協の何かの役をやっている。

好きなのはサーモン。勝負めしはベーグルにスモークサーモンを挟んだもの。これを食べて勝ったので以来食べ続けている。

ラケットは市販のもの。ガットはナイロンとポリエステル。羊腸は力があるので飛びすぎるから使わない。

元プロテニスプレイヤーの沢松さんが言うとった。





※大坂なおみさんのグッドニュースは、このところの日本国内の暗雲続きの状況を、一気に明るく照らしました。

スポーツは、言葉が通じなくてもわかる、世界共通の言語です。プロの皆様の活躍は、全ての人に、夢と勇気を与えます。

前を向いて進めば、必ず良い事が、起こるでしょう。
  


Posted by makishing at 07:34Comments(2)

2018年09月12日

社会人落語日本一は中学校長


今日は、朝日新聞4月2日大阪北摂欄から【社会人落語日本一は中学校長】(元のテーマ:心の底から笑い合おう)を、要約して紹介致します。





落語をする時の高座名は喜怒家哀楽。本職は中学校の校長先生だ。昨秋「社会人落語日本一決定戦」で宿題をめぐる小学生と父のやりとりを描いた「宿題」を演じて優勝し、9代目名人の称号を得た。審査委員長の桂文枝さんから「子どもに教えるくだりは迫力があった」と評された。

小学生時、故桂枝雀さんをテレビで見てとりこになり、家のふすまを外し、押し入れに入って親に落語を見せたり、中学校の教室の教卓に赤い毛氈を敷いて同級生に高座をしつらえた。

中学校の国語教諭になっても授業の合間に演じた。高座名は学級通信名から取った。生徒には「他人をネタにさげすむのではなく、心の底から笑い合えるのが本当の笑い」と伝えてきた。

20代から各地で出前寄席を開いて、東日本大震災の1年後には、岩手県の仮設住宅を訪ね、寄席を開いた。「震災後、笑ったことがなかった。ありがとう」と津波で家族を失った女性が手を握ってくれた。落語をやってきて本当に良かったと思った。





※磯村昌宏さんとおっしゃるこの方は、ウチの子ども達の出身中学の校長先生です。

出前寄席を図書館や公民館等で開催したりされています。

『高座をする校長先生』として、沢山の人に笑いの渦を巻き起こしてください。
  


Posted by makishing at 06:24Comments(2)

2018年09月11日

お客様は看板を見て行動を起こします


今日は、(株)エスビジョンエンタープライズのホームページの実績紹介ページより【お客様は看板を見て行動を起こします】を紹介致します。





今日はどこのお店に行こうかな・・・と考えている人には、100m手前で確認してもらうのが重要です。

通行客が自店のお客様になるかどうかは、7秒前が分岐点となります。「ここのお店高いな・・」「美味しそうだな」という風に比較検討している人に対して、お店の魅力をしっかりPRする事が重要なんです。

さらに、商品をアピールするなら6文字以内が効果的です。入店前に今日の財布の中身をチェックしたり、お店の雰囲気はどうかな?と迷っている人には、その答えを表示して、最後の人押しをしてあげる事が大切です。

お店の前を通る通行人や消費者の目線や心理を考えて、しっかりと販促をすれば来客数アップは間違いないのです。





※簡潔に、わかりやすく表現されています。

〔100m手前〕〔7秒前〕〔6文字以内〕と、数字で表してくれているのも、親切です。

本日も、勉強になりました。
  


Posted by makishing at 07:45Comments(2)

2018年09月10日

‘B級雑学’クイズより


今日は、『ウルトラB級!雑学検定』(副題、解けばウケる!話せばモテる!うんちくクイズ)より、21回目の紹介です。





Q61.憲法改正の議論が続いています。焦点となっているのは、「戦争の放棄」などについての第九条ですが、さて、第一条は何について書いてあるか覚えていますか?



Q62.鉛筆の芯の種類はいくつある?



Q63.ビルの窓についている赤い三角形の意味は?




さて、如何でしょうか?

今回も、正解を下に載せます。




A61.天皇

日本国憲法は1946年11月3日公布、1947年に施行された。ちなみに憲法の前文は『路傍の石』などで有名で参議院議員としても活躍した山本有三によって書かれている。

第一条は、天皇の地位について。国民主権、天皇は象徴であることが書かれている。



A62.17種類

日本では芯の種類は6Bから9Hまでの17種類(9H・8H・7H・6H・5H・4H・3H・2H・H・F・HB・B・2B・3B・4B・5B・6B)がJISで定められている。またH、B、Fの通称のそれぞれの意味はHはhard(硬い)、Bはblack(黒い)、Fはfirm(しっかりした)である。



A63.この窓から入れる

建築基準法施行令の第126条によって、3階以上の建物には、火事の時などに、消防隊が突入出来るバルコニーや窓の表示を必ずするように義務づけられている。

ちなみに、三角形は、1辺20センチと決められている。△でも▽でもかまわないのだが、実際は▽のほうが多いようだ。





※もう、このシリーズも、21回目です。

本日は、如何でしたでしょうか!?

窓についている赤い三角形・・・なんやろー?と、思っていました。

勉強に、なりました。
  


Posted by makishing at 07:03Comments(2)

2018年09月09日

お日さまの匂い、その正体はコレ


今日は、亀田製菓の柿の種の包装の裏面に書いてある『こばなしのたね』から、その29の【お日さまの匂い、その正体はコレ】を紹介致します。





お天気のいい日に干した布団を取り込むと、「お日さまの匂い」を感じませんか。

その正体は日光に含まれる紫外線が、綿を作るセルロースなどの物質をわずかだけ分解し、アルデヒドや脂肪酸、アルコールなどの物質に変化したもの。

どこか幸せな気持ちになるあの匂いのヒミツは、科学的なものだったのですね。





※確かに晴れの日にお布団を干すと、取り込んだ時に‘なんとも言えない幸せな匂い’がしますね。

科学の力って、すごいです。お日さま、ありがとうございます。
  


Posted by makishing at 08:09Comments(2)

2018年09月08日

「本気の努力を」


今日は、電車の中の広告で、京都産業大学の宣伝がありました。【「本気の努力を」】という詩でした。紹介致します。





そんな中途半端な努力じゃ

人には響かない

まして、自分にすら響かない


好きとか、嫌いとか、

出来ない理由をあげる暇があるなら

やると決めたことを

とことんやれ!


本気の努力を続けた未来の自分に

ちゃんと逢いに行ってやれ!



きむ





※ストレートな表現です。

もしも「自分は、中途半端やなー」と、感じた人は‘本気の努力を続けた未来の自分’に逢えるよう、とことんやりましょう!
  


Posted by makishing at 06:43Comments(2)

2018年09月07日

ブラックサンダーは内村航平選手が火付け役!


今日は、(株)東大阪新聞社発行の『東大阪』8月15日より〔大転換の時代 つねに活路あり〕から【ブラックサンダーは内村航平選手が火付け役!】を記事の一部分、紹介致します。





有楽製菓株式会社
代表取締役会長 河合判治さん



2008年、北京オリンピックが始まる直前、日本代表の内村航平選手がスポーツ新聞のインタビューで「好きな食べ物は?」の問いに、「チョコレートが大好きです。その中でもブラックサンダーが大好きです」と答えてくれた。

それが新聞に掲載され、その記事を読んだ他の新聞社から問い合わせが殺到した。

「内村航平選手がブラックサンダーと言っているが、ブラックサンダーとは何ですか?」

「あなたはブラックサンダー知らないんですか?ところでその内村航平って誰ですか?」

その時、新聞記者がブラックサンダーを知らないのと同じように、河合さんは内村航平選手のことを知らなかった。

日本代表の体操選手の合宿場にブラックサンダーを大量に送った。

内村選手は銀メダルを獲って北京から凱旋した。その年は各地から問い合わせがあり、有楽製菓はブラックサンダーをひたすら作り続けた。その年、既に1億2000万個を製造し、ブラックサンダーは空前の大ヒット商品となった。

2012年のロンドン五輪では内村航平選手は金メダルを獲得した。表彰式の際、ブーケを観客席にいる母親に投げると、内村選手の母は息子に向けてブラックサンダーを投げ返した。その映像が全世界に流れた。スポンサーでもない企業の商品がテレビに映ることはご法度なので、あとで大問題になったようなのだが、ブラックサンダーの売上は順調に伸び続け、河合さんが社長に就任した当時の2.5倍まで伸びていた。





※この話の時、実際この場所に居ました。

この辺りの話は、ブラックサンダー大ヒットのきっかけで、特に興味を持って、楽しく聴いていました。

何がきっかけで、ブレイクするか、わかりませんね。

全ての会社、全ての人が、ある日突然、成功の階段をかけ上がる可能性を秘めた、SNSが存在する現代社会である事を、楽しんでいきましょう。
  


Posted by makishing at 07:12Comments(2)

2018年09月06日

プラスチックリサイクル


今日は、母からもらったメールから【プラスチックリサイクル】を紹介致します。





ノルウェーは回収率が97%。

その秘訣は、回収機に入れると現金かポイントが貰える。

リサイクルが進むと製造業者も環境税が減って得する。

「プラスチック容器は貸し出しているものであなたの物ではない」という意識が国民に定着している。

今朝の新聞にあった。





※北欧の社会保証とか、ドイツのゴミの分別とかを、聞いた事がありますが、ノルウェーのプラスチックリサイクルは、初めて知りました。

全体の意識が高まると、素晴らしい成果が見込めますね。

飽食の日本は、国レベルで見習わないといけないです。

一人ひとり、出来る事から、していきたいものです。
  


Posted by makishing at 06:22Comments(2)

2018年09月05日

“男”に関する諺


今日は、『ことわざハンドブック』より、男に関する諺です。





【男の心と大仏の柱】

意味:大仏殿の柱はがっしりと大きいように、男の心も大胆であれとのたとえ。




【男は閾を跨げば七人の敵あり】

意味:社会に出て働く男には敵も多いし、競争相手も多いとの意。〈男は門を出ずれば七人の敵あり〉は同意で、〈女は敷居をまたげば七人の友あり〉は反語。出典は双蝶々曲輪日記。




【男の裸一貫】

男は裸でも百貫の価値がある。かりに無一物でも働いて出世できるからとの意。




【男は松女は藤】

松を男にたとえ、女を藤にたとえて松にからまること。男と女の特性をたとえたもの。女が頼りになるのは男である。




【男鰥に蛆が湧き女寡に花が咲く】

男の一人者はだいたい不精で清潔の意識がうすい。これに反し女は本能的に身ぎれいだから、周囲からももてはやされるとの意味。出典は諺苑。同意語は〈男後家にはぼろ下がり女後家には花が咲く〉〈男やもめに雑魚たかる〉。





※約4年半ぶりのシリーズです。

強い意味や大きく大胆な意味がある中に、おおざっぱで雑な意味も含まれています。

男を象徴しているケースがありますね。
  


Posted by makishing at 07:41Comments(2)

2018年09月04日

『スマイル』コンビ結成秘話


今日は、フリーペーパー『ラクトク なんば版 vol.17』の見開きページから【『スマイル』コンビ結成秘話】を途中の所まで、紹介致します。





Q:おふたりは中学校の頃からの同級生とのことですが、あらためてコンビ結成のきっかけを教えていただけますか?

瀬戸:僕は違う友達と「ポルンガ」というコンビを組んで文化祭とかで漫才をしてたんですけど、その練習をよしたかの家でやってたりしたんです。

よしたか:もうめっちゃおもしろくて、ファンとしてずっと見てたんです。

瀬戸:そのポルンガを20歳の頃に解散したんです。それで、よしたかの家に行って「いっしょに組めへんか?」って言ってみたんですよ。そしたら、よしたかは「待ってた」ゆうたんですよ。

よしたか:なんかくるなあって思ってたんです。

瀬戸:しかも引き出しあけたらネタ帳が入ってて、表紙に「スマイル」が描いてあったんです。それで、コンビ名は「スマイル」でいこうかってなったんですけど、ネタ帳見たらまさかの僕がボケでこいつがツッコミで(笑)。



Q:劇的ですね!そして今や「ウーイェイ」で誰もが知る存在ですが、「ウーイェイ」はどうやって誕生したんでしょうか?

瀬戸:初めてテレビに出たのは「オールザッツ漫才」だったんですが、あの番組はお客さんの後ろで芸人も見てるんです。その時は誰も僕らのことを知らないんで、なにか記憶に残ることをせなあかんなあってことで、夜中にふたりで考えてたんです。でもいいアイデアが出なくて、くすぐりあいになったんです。

よしたか:めっちゃ、くすぐるんですよ。

瀬戸:夜中やし、ネタにも行き詰まってるしで、変なテンションになってたんです。そんで僕がよしたかをくすぐっていたら、突然「ウーイェイ!」って叫んだんです。



Q:くすぐられて、思わず出たのが「ウーイェイ!」(笑)。

瀬戸:それが「イェイ!」みたいな軽い感じで、しょうもないといえばしょうもないんですけど、よしたかが言うとすごい面白かったんですよ。それでやってみたら、たむら(けんじ)さんや(サバンナ)高橋さんが「ウーイェイってなに?」って。いろいろ誘ってくださるようになったんです。





※『スマイル』は幼少期からの友達だったのですね。

「ウーイェイ」は、ある日突然、誕生したんですね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:36Comments(2)

2018年09月03日

夏場対策のTシャツ


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【夏場対策のTシャツ】を紹介致します。





【夏場対策のTシャツ】



クーラーの利いた部屋なら大丈夫かもしれませんが、真夏はちょっと外に出かけだけで大量の汗が噴き出してきます。


汗をかくと気になるのは「汗染み」いう方は少なくないと思います。


今日は、カジュアルウェアの製造販売を行うジーンズメイトのヒット商品を紹介したいと思います。


その商品とは、ZERO STAIN(ゼロステイン)というシリーズ名で展開されているTシャツです。


上記のとおり、夏場は、汗染みが気になるという課題があります。


従来、汗染み対策をうたった衣類はありましたが、肌着のみで無地のものばかりでした。


プリントものTシャツで汗染み対策をした商品はなかったので、汗染み対策のTシャツを開発することにしました。


汗染み対策の仕組みとしては従来のものをベースにしました。


生地の表面に撥水加工を施し、裏面に吸水加工を施しています。


裏面の吸水加工により、汗の水分が広い範囲で吸収されるため、乾きが通常の生地より早くなります。


また、吸収された汗が表面の撥水加工によって生地に閉じ込められるため、水分は表面に染み出てきません。


ここで、ポイントとなるのは、吸収加工と撥水加工のバランスです。バランスが悪いと、表面と裏面の間に汗が溜まり着心地が悪くなるからです。


同社では、吸収加工と撥水加工をそれぞれ何回行えば、快適に着ることができるかを徹底的に検証し、吸収と撥水のバランスが良い商品を作り上げることに成功しました。


このZERO STAINは、汗染み対策という機能面が特徴であるため、販売手法も工夫しました。


Tシャツを販売する店舗で大型パネルを設置し、そこに水を入れた霧吹きとTシャツの生地を複数枚用意しました。


Tシャツの生地は、半分にだけ汗染みができにくい加工を施してあり、裏面から霧吹きで水をかけて、効果の違いを体感してもらうという演出も取り入れました。


この演出とは違いますが、イメージは同社のHPにも掲載されていますので、ご参考にして頂ければと思います。

http://goo.gl/vhXKc7


このような演出を取り入れて販売促進に力を入れた効果もあり、売れ行きが順調に伸びていき、シリーズで27万枚以上売れました。


汗染み対策が従来肌着にしかなされていなかったことに着目し、Tシャツに取り入れた点がポイントになりました。


肌着とTシャツは身近な商品です。


そう考えると、意外と身近なところにヒットのネタが転がっているのかもしれませんね。





※もうそろそろ、涼しくなってもいい頃ですが、相変わらずの暑さで、避暑対策グッズは、売れているようです。

よく考えたら、撥水・吸水加工は、下着類にしか、施されていないように思います。

ヒットのネタは、身近にあると感じました。『なんで、こうなん?』を、突き詰めて、探してみるのも、楽しいですね。

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:40Comments(2)

2018年09月02日

「わき役でもマイペース」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「わき役でもマイペース」】を紹介致します。





【「わき役でもマイペース」】


「わき役ふけ役いびり役」

書かれたのは菅井きんさん。

亡くなった後、新聞のコラムに取り上げられていたので、図書館で借りてきました。

一番記憶に残る菅井きんさんは、やっぱり

「婿どの!!」
※必殺シリーズ

これこそまさに、わき役でふけ役でいびり役。

なんでしょうね。


本の内容でもいくつか印象的な文章がありました。

☆ うまいから売れる。
☆ 下手だから売れないということではない。

☆ 脚本によって必要かどうかで決まる。


ビデオの収録ができるようになって、失敗をすれば何度でも撮り直しがきくようになりました。
このため、収録にだらだら時間がかかるようになりました。
生放送とビデオ撮りでは緊張感が違い、仕事が終わったときのホッとした解放感もまったく違います。

視聴率というお化けがあります。

こういうときにこそ、主役とわき役の違いがはっきり出てきます。
気の毒だなと思うのは主役の方。
視聴率が良いとか悪いとか、そのわずかの上がり下がりを、まるで自分の責任のように気にしていらっしゃいます。

そこへいくと、私たちはずっと気楽です。
視聴率などあまり考えないでマイペースでやっていられます。


引用だらけ。第3章「わき役ふけ役いびり役」からです。

ずっとわき役だった菅井きんさんだから、こういった客観的な視点をもてたのでしょうか?

マイペースで、自然体で、役者をされていたのかなぁと感じて、なんとなく、その生き方に共感を覚えました。

わき役でもマイペース。僕もそんな感じがいいかも。

メルマガ「わき役でもマイペース」でした。

「婿どの!」
声が頭に浮かびますね。

必殺シリーズ、大好きでした。





※菅井きんさんが、先日お亡くなりになりました。

こうして書かれているのを読んで、改めて自然体の素晴らしさを知りました。

必要以上に背伸びをせず、自分に正直に生きていきます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 09:11Comments(2)

2018年09月01日

言葉のチョイス


【言葉のチョイス】



「どうせ」の後は


マイナス言葉。




「たぶん」の後は


勝手解釈。




「やっぱり」の後は


強い決めつけ。




日本語は

難しい!




使い方

考えよう!




あんまり
使うと


自分の耳の


耳障りが

良くないよ!!
  


Posted by makishing at 07:53Comments(2)

2018年08月31日

トルコ発、金買いラッシュ


今日は、読売新聞8月30日の国際面〔Yomiuri life plan〕より【トルコ発、金買いラッシュ】を紹介致します。





●トランプ大統領への信用が鍵

トルコ経済不安が世界に波紋を広げています。トルコリラやインドルピーなどの新興国通貨は売られて急落。金の価格も先物市場で投機的に売られて下がり、8月には全国の貴金属店店頭で時ならぬ「現物金買いラッシュ」が見られたのです。その後、金の国際価格は反騰。米朝関係に再び暗雲が漂い、トランプ大統領のロシアスキャンダルに火が付いたからです。私は、トランプ大統領が信じられれば金は売り。信じられなければ金は買いと説いています。とはいえ、金はあくまで長期に保有する稀少資産です。



〓無理のない「純金積立」が賢明

有史以来採掘された金の量は50メートルプール3.5杯分に過ぎません。埋蔵金はまだ残っていますが、その多くは海底に限定されます。しかも、年間金生産量の6割前後は中国とインドが買い占めてしまいます。このような資産を個人投資家が買うには、居酒屋、女子会一回分程度の金額で毎月コツコツ買い増す「純金積立」が最も賢明でしょう。かくいう金のプロの私も実践しています。





※『金が、いいですよ』という宣伝が入っている文章で、市場影響で短期的変動をする、金の買い方について、経済評論家でアナリストの方にお聞きした内容でした。

これからは、お金の価値が下がってきたり、年金がもらえないかもしれない時代に入っていきます。

自分の資産を、どう守るか、考えていく必要が、ありますね。
  


Posted by makishing at 06:27Comments(2)