2020年06月15日

社会人1年生の借金


今日は、読売新聞6月11日(木)くらしマネー欄[気になる値]から【社会人1年生の借金】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





社会人1年生でも借金を抱えている人は多い。GMOあおぞらネット銀行の調査によると、4割に借金があり、それらの平均額は187万円だった。

調査は今年2月、社会人1年生500人などを対象に実施した。

借金があると回答したのは社会人1年生の40%。借金額は100~300万円未満が37%と最も多く、300万~500万円未満が18%、50万~100万円未満が12%だった。500万円以上も5%いた。

どこから借金をしているかを複数回答で聞いたところ、日本学生支援機構などの奨学金が62%と最多で、そのほか、家族・親戚が26%、クレジットカード会社・信販会社が20%。消費者金融から借りている人も5%いた。

お金の悩みは「収入が少ない」「貯蓄ができない」「無駄遣いが多い」がトップ3。普段のお金に関する習慣は、「節約」「支出の把握」「ATM手数料がかかるときに利用しない」などが多かった。





※大学時代の学費を、奨学金制度を使って借りるケースが少なくないので、社会人1年生に借金があるのは仕方ないと思います。

クレジットカード会社や消費者金融から借りたお金を、何に使っているのかや、何が目的で借りたのか、知りたいところです。  


Posted by makishing at 07:16Comments(0)

2020年06月14日

サンリオ、初の社長交代 “92歳創業者→31歳孫”


今日は、読売新聞6月13日(土)経済面より【サンリオ、初の社長交代 “92歳創業者→31歳孫”】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





サンリオは(6月)12日、創業者の辻信太郎社長(92)が7月1日付で代表権のある会長に就き、孫の辻朋邦専務取締役(31)が社長に昇格する人事を発表した。社長交代は1960年の創業以来初めて。

信太郎氏は60年に山梨県庁を退職してサンリオの前身を創業した。74年に誕生した人気キャラクター「ハローキティ」を生かした関連グッズの販売などで事業を拡大させた。朋邦氏は企画部門などで、経営戦略を手がけてきた。



◇辻朋邦(つじ ともくに)
11年慶大文卒、14年入社。17年6月から専務取締役。東京都出身。





※「ハローキティ」は幼少期から、よく知っていました。

しかし、創業者の方がずっと社長でおられ、90歳を越えて尚現役でご活躍だった事や、そもそも県庁ご出身だった事。そして、初めてバトンを渡すのがお孫さんである事。

全て全く知りませんでした。これから、二代目若社長の動向を、注目していきたいと思います。  


Posted by makishing at 08:11Comments(0)

2020年06月13日

最高の未来をアンカリングする


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【最高の未来をアンカリングする】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





【最高の未来をアンカリングする】


気温が急に急上昇して、夏日も出始めてきました。 気温が高くて、蒸し暑い日が1週間続くと、その週末には、エアコンが売れます。そして食事も、冷ややっこ、そうめんなどの涼に味覚も変わってきます。まさに夏の準備の季節なのです。

プロ野球も開幕に向けて、各チーム練習が始まりました。阪神タイガースの矢野監督は、選手への訓示で「日本一以上宣言」をされました。 どういうことか、と言うと
「日本一になるだけじゃなく、こういうことがあった中で ファンにパワーを与えたい。苦しい時こそ楽しく、そういう姿で、ファンに 元気や勇気を伝えることができると思う。そういう姿を新たに見せていきましょう」 まさに、もう日本一になったイメージで選手に訓示されている。阪神タイガースは、2020年、日本一になるのは当たり前、それ以上のモノをファンに届けたいと!!

「心にアンカリングする。」ということです。「アンカリング」というのは、船の錨(いかり)と同じで 『 固定する 』ということです。「錨を下す」「楔を打つ」「アンカーを打つ」というイメージと同じです。

矢野監督が、何度も「日本一」と言っているのは何度も言うことで、選手、ファンに日本一になった時のイメージを 心の中に鮮明に焼きつけて、アンカリングしているのです。まさに、夢が叶った気持ちで、日本一を喜ぶという感じです。

今回の訓示は、さらに高見を目指した訓示でした。

・ファンにパワーを与えたい。
・ファンに元気や勇気を伝える。
・そういう姿を新たに見せていきましょう。

アンカーを打つ場所を高くすることで、日本一は当然の結果。一丸となって、それ以上を目指そう!!実は、アンカリングする高さが低ければ それ以上の高い目標を立てていても、アンカリングされているポジションの夢が叶います。だからアンカリングする高さは、注意する必要があります。

ひすいこたろうさんの「予祝のススメ 前祝いの法則」という本に「未来 = 心 × 行動 」と方程式が紹介されています。この方程式は、どんな未来を作るかということは、何をするかということも大切ですが、でも、もっと大切なのは、どんな心でそれをするかが大切なのです。

予祝で、夢が叶っている人は先にワクワク、うれしい気持ち、幸せな気持ち、ありがたい気持ちになって行動することで夢を叶えてきたのです。

予祝には、夢を叶えるいろいろな方法があります。

「予祝MAP」というツールがあります。このツールは、まず夢を叶えたい年月日を決めます。そして叶えたい自分の夢、その叶えたい日の自分の日記を書きます。 最後に、アンカリングするのは、夢が叶った時の イメージ写真、イラストを準備するのです。

まるで矢野監督が、新聞の見出しを飾るような発言をしたり、選手全員に、自分の思いを訓示したりして アンカリングするのと同じです。
予祝MAP = 自分の夢を叶える地図なのです。作成した日が、スタートでゴールは、予祝MAPに、夢が叶った年月日、 その日の思いを綴った日記が掲載されいます。
そうやって夢や会社ビジョンを叶えていくのです。会社の社長からビジョンを叶える方法を聞かれたりするのですが、よくよく話しを聞いていくと、文字化されているけど、アンカリングされていないことが多いです。

やはり夢を叶えるには、アンカーを打つこと。夢を叶えるストーリーをきちんと作ること。 作ったら、文字化すること。アンカリングして、行動することで、夢に一歩一歩近づきます。





※偶然昨日、このような話を、ある方にしました。

これも、引き寄せかもしれません。

未来に、高めのアンカーを打ちましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。  


Posted by makishing at 08:51Comments(1)

2020年06月12日

運動と栄養補給で何歳でも筋肉は増やせる!


今日は、5月12日(火)読売新聞広告欄の《なるほど!すこやか大辞典》より【運動と栄養補給で何歳でも筋肉は増やせる!】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





「階段の上り下りがおっくうに」「散歩のスピードが遅くなった」と感じ始めたら、それは筋肉量が不足し始めたからかもしれない。誰でも年齢とともに筋肉量は減っていくもの。しかし、諦める必要はない。意外に思うかもしれないが、筋肉は何歳になっても、また増やすことが可能だという。

そのためには、適度な運動をコツコツと続け、筋肉に必要な栄養をしっかり補給する必要がある。今話題の筋肉成分や、筋肉の元になるアミノ酸を意識的に摂取することも大切だ。年齢とともに食が細くなったり、簡単な食事で済ますことが多いという人は、サプリメントを活用して、積極的に摂取するのがいいだろう。

何歳になっても筋肉づくりに取り組むことが、自分のことは自分でできる「健康的自立生活」を生涯続けることにつながるのだ。





※未来に希望が持てる記事だと、私は思いました。

健康的自立生活が、いつまでも出来るよう、体づくりに励みましょう。



  


Posted by makishing at 07:52Comments(0)

2020年06月11日

「100点満点のコンテンツ」じゃないとダメなのか


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「100点満点のコンテンツ」じゃないとダメなのか】(テーマを変更)を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





クライアントの皆さんから、よく相談されることの1つが、「コンテンツが完成しません」とか、「コンテンツに自信が持てません」ということ。

完成しない
 ▼
自信が持てない
 ▼
セールスできない

というイメージです。

*完成と自信が持てないの順番は逆の場合もあります

そんな相談を受けると逆に質問をするのが、「コンテンツって、完成しないとダメですか?」「自信が持てないとダメですか?」ということです。

なぜ、そんな質問を逆にするのか?

それは、こうした質問をされる方の多くは、「100点満点のコンテンツ」「誰が使っても、満足度100%のコンテンツ」を求めているからです。

あなたは、アップデートをされないアプリケーションを使ったことがありますか?

世界中の人が、何年にもわたり使用しているエクセルやワードといった超有名ソフトでさえも、定期的にアップデートが繰り返されます。

考えようによっては、不完全な状態で売りに出されていたとも言えるかもしれません。

「誰からみても、100点満点のコンテンツじゃないから、自信が持てない」

あなたが「自信がない」と言っているのは、こんな状態なのかもしれません。

「誰からみても100点」を目指すのではなく「あなたが応援したい人」から見て合格点をとれることを、まずは考えてください。

そのあとは、アップデートを繰り返していけばOK。

そう思えるようになれば、自信を持って、売れるようになりますよ。





※よく考えれば、メーカーが出している商品も、マイナーチェンジやフルモデルチェンジを、幾度となく、繰り返していますね。

『ここまでいけば、完璧』というのは、無いのかも、しれません。
  


Posted by makishing at 07:36Comments(0)

2020年06月10日

三陽商会の“100年コート”


今日は、読売新聞6月8日(月)家計面より【三陽商会の“100年コート”】を、要約して紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





奇をてらわない王道のデザイン。手仕事重視。世代を超えて伝えていく本格コートとして、三陽商会が設立70周年を機にスタートさせた。

戦後、進駐軍向けレインコート注文で成長の足がかりをつかむ。デザインは基本のダブルトレンチとバルマカーンだけに絞りつつ、丈・幅のバリエーションで26型。

全て国内自社工場製造。襟回りなど要所は、熟練職人の縫製。張りある美しいカーブは、手作業の賜物。襟裏の格子柄は、歌舞伎衣装の『翁格子』をアレンジ。子孫繁栄の意味。

表地は雨水をはじく仕様、ライナーには吸湿発熱生地を使うなど、機能性も追求。定期的にコートの傷みを点検し、袖や裾の補修や丈直しに応じるサービスもある。

大がかりな宣伝は打たない。口コミでファンが増えている。





※〈いいモノを一着〉って、素晴らしいです。

コートは秋冬の一番外側に、はおる服。こだわっていきたいところです。  


Posted by makishing at 07:34Comments(0)

2020年06月09日

成果を小さくしていませんか?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【成果を小さくしていませんか?】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





最近、とても嬉しい報告を受けました。

クライアントのYさんが、初契約をとられたそうです。

その報告を読んだのは、フェイスブックグループだったのですが、それまで、Yさんは、良いところまでいくものの、なかなか契約が取れず。

でも、諦めずに試行錯誤されていたのをよく知っていたので、「本当によかったなぁ」と思いました。

ところが、、、

その数日後に、ZOOMでお話を伺うと、声のトーンも、表情も暗め。

てっきり、初契約の喜びと勢いそのままに、いろいろな報告を聞けると思っていたので、びっくりしました。

「どうしたんですか?」と、聞いて見ると、「う〜〜〜ん、契約を取れた時は、嬉しかったんですけど、Facebookに投稿した後からなんか、、、契約が取れたと言っても15万円の一番安いコースでしたし。他のみなさんの成果に比べたら、そこまでたいしたことないのに、投稿までしちゃったって、思ったんですよね」

なるほど!!!!!!Yさんの気持ちが、とても良くわかりました。

こんな経験、あなたはありませんか?
私はあります。

一言で言えば、人は、自分の成果を小さくしてしまうんです。

一生懸命やって手に入れた成果でも、「最初は嬉しかったけど、時間が経つと、、、」みたいな感じで、です。

これが恐ろしいのは、いつまでも満足できず、いつまでもセルフイメージが上がらなくなること。

Yさんには、「もっと全力で自分を褒めてください」とお伝えしました。

あなたは、Yさんのように、いつのまにか成果を小さくしてしまっていることはありませんか?

その積み重ねが、本当に成果を小さくしてしまいますよ!





※こういう経験、私にもあります。

結果の大小がどうであれ、全力で自分を褒めること、していきましょう。
  


Posted by makishing at 08:05Comments(0)

2020年06月08日

パラダイムシフト


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【パラダイムシフト】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





【パラダイムシフト】


先日の日経新聞の記事からです。

《DX改革 企業明暗》

ウォルマート、ニトリ、落ち込み補うJCペニー、レナウン 実店舗頼み

デジタルトランスフォーメーション(DX)
新型コロナウィルスの感染拡大で消費行動が大きく変わる中、DXの巧拙が企業の明暗を分けている。
米ウォルマートやウォルトディズニーは店舗やテーマパークの集客の落ち込みをネット販売や動画配信事業で補った。日本でもニトリホールディングなどがデジタル対応を強化しているが、DXに遅れた企業は業績も振るわない。
デジタル対応力が企業の「コロナ耐性」を左右し始めた。

こんな書き出しの1面トップの記事でしたが、ちょっと強調し過ぎとのきらいもありますが、世の中の流れは記事の通りだと思います。

記事にはビデオ会議システムのズーム社が利用者増加で売上倍増という紹介もしていました。
確かに会社でも使い始めましたが、数か月前まで使ったこともありませんでした。
アマゾンは相変わらず好調。と、ここまでIT企業の躍進の話。
でも非IT企業でもDXを進めた企業は収益を増やしているということで、米ウォルマート。
純利益が市場の予想を上回った牽引役が、売上高が前期比7割増となったネット販売とのこと。
ディスカウントスーパーのターゲットもネット販売が四半期で前年売上比2.4倍増となった。
物流改善など3年前から取り組んできたDX対応が奏功した。
外食でもメキシコ料理店がネット注文・店舗受け取りのシステムでネット経由売上を前年同期比8割増を実現。コロナ前の19年に基盤を整えていたことでネット注文の需要増に対応することができた。
日本ではニトリがネット販売の機能強化を進めてきた。
新型コロナでは入店客数は減少したが、通販事業を含む5月既存店売上高は増収。

なるほど、業種にもよりますが、一歩先に進めていた企業が今回のコロナ禍ではうまく対応ができていたのだなと思いました。
最後に記事では警鐘を鳴らしています。

DXの遅れは致命的な経営リスクになる。
米国百貨店JCペニーは5月15日経営破たん。新型コロナで店舗営業ができない中、ネット販売でも顧客を呼び込めなかった。
日本:民事再生手続きの決定を受けたアパレル大手・レナウン。
実店舗への依存があだとなった。

以上が記事の抜粋です。

コロナ禍において世の中の仕組みが大きく変わろうとしています。
そんな中、他人事と思って何もしていないと完全に取り残されてしまいます。
ビジネスの仕方も変わるでしょう。
従来のやり方にしがみついていると変化についていけなくなるかもしれません。
パラダイムシフト(英: paradigm shift:その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。)は確実に起こるのでしょう。
その時に慌てないように、先手先手で考え、チャレンジしていかないといけないのだと思います。
こんな時はチャンスです!
変化を恐れず、新しいことにどんどん挑戦していける時代なのだと思います。





※この有事が、今までの常識や価値観を、一変させました。

変化に対応していきたいと思います。対応していきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。  


Posted by makishing at 09:19Comments(0)

2020年06月07日

収穫


【収穫】


耕し種を蒔き

水や肥料をやり

悪天候には養生し

長い間、その日が来るのを

楽しみに待つ。


全ての準備と完璧な実践しないと、

結果がいいモノには、ほど遠く

それがちゃんと出来た時だけ、

神様がご褒美をくれる!



自然の恵みの収穫は

仕事を頂く、営業と、


どこか
似ている!  


Posted by makishing at 06:28Comments(0)

2020年06月06日

夏場でも快適なマスク 


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【夏場でも快適なマスク】(一部分、省略)を紹介致します。





【夏場でも快適なマスク】


先日、マスク製造の最大手ユニ・チャームが今秋に向けて増産体制を整えている
というニュースが流れていました。

今日は、ユニ・チャームのマスクに関する商品の紹介をしたいと思います。

ユニ・チャームのマスクと言えば、スキマを作らないようにフィットする「超立体マスク」や長時間装着したままでも耳が痛くない「超快適マスク」があります。

マスクを長時間装着したときの課題と言えば、耳が痛くなるという点もありますが、自分の息がマスクの内側でこもることで起こる「息ムレ」という課題もあります。

この息ムレを解消するマスクとして同社が開発したのは、「超快適マスク 息ムレクリアタイプ」という商品です。

この商品の最大の特徴は、内側にメッシュガーゼを施したことです。

表側の超息楽フィルターでウィルスをブロックしつつ、息はきちんと抜けるため、ムレが気になりません。

同社は、商品の開発にあたり、「メガネのレンズが曇らないようにしてほしい」「息をしやすくしてほしい」といったニーズに答えるべく、当初は、マスクの素材である不織布の目を粗くするというアイデアで商品を作ろうと試みました。

ただ、単に目を粗くするだけでは、ユーザーが価値を実感できるレベルに達することができなかったため、他の手段を検討することにしました。

その結果、肌触りの良さ、通気性の高さから、肌と接触する部分にガーゼを使うという発想に切り替えることになりました。

新しいアイデアでは、表側に不織布を使い、内側にガーゼを用いて両者を結合させる必要があります。

ところが、同社は、今までガーゼを扱ったことがなく、ガーゼがコシがなく熱加工が難しいという課題に直面しました。

マスクの部位によっては強度が必要なため熱をかけてシールすることにしました。

また、強度が必要なところと、そうでないところの温度を変え、強度が必要なところは高温で融着してガーゼと不織布を一体化させることにしました。

また、ガーゼは長時間装着していると毛羽立ってしまい、かゆく感じることがあります。

そこで、ガーゼが一番肌と触れ毛羽立ちやすいところには不織布を当て、毛羽立ちによるかゆみを防止するといった工夫も盛り込みました。

このように完成した商品を「超快適マスク 息ムレクリアタイプ」と名付けて、2018年1月に発売を開始しました。


<超快適マスク 息ムレクリアタイプの商品サイト>
http://www.unicharm.co.jp/mask/products/pleats-ikimure.html


従来、マスクの需要期と言えば、風邪、インフルエンザ、花粉症の時期と重なって冬や春で、夏は閑散期でした。

しかし、2018年は酷暑でエアコンによる室内の空気の乾燥から肌や喉の乾きを防ぐというニーズが多く、主に女性から好評を博したヒット商品となりました。

今から夏に向けて暖かくなっていきますので、同商品の活躍の場も多いと思います。





※これからの生活は、マスクが必須になるかもしれません。

ユニ・チャームの活躍を、大いに期待しております。  


Posted by makishing at 09:49Comments(0)

2020年06月05日

イチロー選手の『目標を高く持たない』


今日は、致知出版社の月刊誌〈致知〉2015年3月号の中の《イチローに学んだこと》(NPO法人ベースボールスピリッツ理事長)の一部より【イチロー選手の『目標を高く持たない』】を要約して紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





イチロー選手は周囲の雑音を避けるためスポーツ新聞には目もくれなかったが、私にとって彼の成績は常に注目の的だった。その中で特にヒット数について注目していた。

私は何気なく「1ヶ月にヒット30本という目標は難しいの?」と尋ねた。「その目標いいですね」と、イチロー選手の返事は早かった。その目標をクリアするには、1日に1本、調子がよい時は2本打つことをイメージすれば決してクリアできない数字ではない。蓋を開けてみれば7ヶ月に渡るシーズンを経た時点で、当時の史上最多安打となる210本まで到達したのだから、驚くばかりだった。

目標を設定するにあたって、イチロー選手は20代にして既に明確な考えを持っていた。「奥村さん、目標は高く持ったらダメなんですよ」。初めてこう言われた時、私は正直戸惑った。なぜなら一般的には「目標は高く持て」と言われているからだ。

彼はこう続けた。「目標が高すぎて手に届かなかったら、どうするんですか。そこで諦めてしまうでしょう。それは目標としておかしいんじゃないですか。まず自分がクリアできるところに目標を設定して、それをクリアできたら次の目標を立てればいい。目標をクリアするたびに達成感を味わうことで、さらにプラスに物事が考えられるようになっていくんですよ。逆に達成できない目標だったら、追い込まれるばかりで何が楽しいんですか」

イチロー選手の言う「楽しい」とは世間的な和気藹々としたものではなく、勝負の世界で彼の言う本当の楽しみとは、自分自身に欠けているものを一つ一つクリアしていくことで自分を成長させていくことにあった。だからこそ、彼はその「楽しみ」を味わいつつ、今も成長し続けているのだろう。





※5年前の記事でしたが、素晴らしい内容でした。

天文学的な目標ではなく、しっかり達成出来る高さを設定しましょう。  


Posted by makishing at 08:10Comments(0)

2020年06月04日

トルコのコロナ


今日は、母からもらったメールから【トルコのコロナ】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





トルコ政府のコロナ対策厳しくて、隣町に行くにも許可証が必要。

65才以上と20才以下は外に出ると罰金。

マスクは週に 一人5枚政府から支給される。

トルコは猫天国で野良猫がいっぱい居る。レストランでおこぼれを貰って生きている猫たちは この時期空腹!

そこで政府がお金を出して餌をやっている。

なぜそこまで猫にやさしいのか?イスラム教のムハンマドが猫好きだから、なんだと!





※国ごとで、コロナウィルスに対する対応は、全然違いますね。

日本は今後、第二波が来るか否かで、それまでの自粛方法が問われるように、思います。  


Posted by makishing at 07:37Comments(0)

2020年06月03日

宇治上神社、神社雑学クイズ


今日は、去年の2/9と9/8と11/9に出させて頂いた【神社雑学クイズ】の続編です。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援策無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





Q:受験に合格したいので、あちこちの神社の合格守りを一緒に持っている。大丈夫?



A:○

正解です。お守りは何体持っていても大丈夫です。神様が喧嘩をするという事はありません。ただし「神様に失礼にならなければ!」という前提です。何体もたくさんのお守りを持っていると、知らず知らずにカバンの中で荷物の下敷きになっていたりすると大変です。何体も持っている場合は、お守りはまとめて綺麗な袋に納めてけっして粗末にならないように、持っていると良いでしょう。





※様々な神社のお守りを、複数持っていること、どうしてもありますよね。

神様同士、喧嘩しないかどうか、今まで、ちょっと心配でした。

本日も、勉強になりました。  


Posted by makishing at 08:06Comments(0)

2020年06月02日

大坂年収40億円超


今日は、読売新聞5月24日(日)スポーツ面より【大坂年収40億円超】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





女子テニスの大坂なおみ(22)(日清食品)が昨年1年間に3740万ドル(約40億2700万円)を稼ぎ、女性アスリートの史上最高年収を記録した。1990年から統計を続ける米経済誌フォーブス(電子版)が(5月)22日報じた。

女子最高額だったマリア・シャラポワ(ロシア)の2970万ドル(2015年)を大幅に更新し、直近の4年連続で1位だったセリーナ・ウィリアムズ(米)を140万ドル上回った。近く発表する2020年版アスリート長者番付では、男子を含めて29位入った。

内訳は大会の賞金340万ドルに対し、スポンサー収入はその10倍となる3400万ドル。大坂は現在、アパレル、スポーツ用品、自動車、腕時計、金融など15社と契約を結び、各社の契約料はほぼ全てが年間1億円を超えるという。

同誌は、19年全豪オープンでの四大大会連覇、アジア選手初の世界ランキング1位といった実力面のほか、日米で育った経歴、魅力的な性格、金メダルが期待される東京五輪など、多くの要素が重なったことが大坂を「世界で最も市場性のある女性アスリートにした」と分析している。





※コロナウィルス関連の暗い話題が多い中、大坂選手の輝かしいニュースです。

このまま、王道を突っ走ってほしいと思います。

これからも、笑顔で世の中を明るくしていってくださいね。

大坂なおみさんの、これからの一層の活躍を、期待しています。  


Posted by makishing at 06:22Comments(0)

2020年06月01日

令和2年、サラリーマン川柳ベスト10


今日は、読売新聞5月31日(日)社会面より【令和2年、サラリーマン川柳ベスト10】を、文章は要約して紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





第一生命保険は、恒例の「サラリーマン川柳コンクール」の上位10作品を発表した。1位には2019年に日本で初めて開催されたラグビー・ワールドカップにちなんだ作品が選ばれた。ラグビー関連では、8位にも入った。

普及が進むキャッシュレス決済への困惑を詠んだ句が4位と7位に入った。

第一生命によると、20、30歳代はSNSにちなんだ作品への投票が多く、40歳代以上ではデジタル化への戸惑いに関する句に人気が集まったという。

第一生命は今年1月、5万3194句の応募作品から入選した100作品を発表。一般投票で上位10作品が決まった。




*サラリーマン川柳ベスト10作品


1.我が家では 最強スクラム 妻・娘

2.パプリカを 食べない我が子が 踊って


3.話聞け! スマホいじるな! 「メモですが」

4.おじさんは スマホ使えず キャッシュです

5.たばこ辞め それでも妻に 煙たがれ

6.足りないの? そもそも無いよ 2000万

7.登録が ストレスだらけの キャッシュレス

8.ジジババも 子育て参加 ワンチーム

9.ギガバイト 時給いくらか 孫に聞く

10.「早よ、帰れ!」 言ってる上司が 帰らない





※毎年、楽しみにしている、サラリーマン川柳です。

今年のベスト10も、世相を上手に採り入れていますね。  


Posted by makishing at 08:22Comments(0)

2020年05月31日

今までの営業活動のやり方で、コロナ騒動以降、業績が真っ二つに分かれる!!


今日は、いつも楽しく読ませて頂いている、生命保険営業向けのメルマガから【今までの営業活動のやり方で、コロナ騒動以降、業績が真っ二つに分かれる!!】(テーマを解りやすく変更)を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





緊急事態宣言解除後にも、依然厳しい状況続いています。

ある保険会社は自宅待機が延長決定しました。

そういった中、何もやることがなく不安がどんどん積み上がっていく保険営業と、、、

自宅待機中でもできることを着々と進めていく中でもお客さんから「話を聞いて欲しい」と言われて契約を上げている保険営業がいます。

この違いは、どこにあるのか?

それは・・・

今までの営業活動のやり方にあります。

それがこのコロナ騒動で、真っ二つに分かれました。

一つは
「売り込みスタイルでやってきた保険営業」

もう一つは、
「関係づくり最重要視でやってきた保険営業」
です。

前者はコロナ騒動で活動がピッタリ止まりました。

そりゃそうですよね。

このコロナ騒動の中で、売り込み行為をしたら、非難の対象になりますからね。

今までも売り込み行為によって非難はされてきました。

なので保険の悪いイメージが世の中に浸透してしまいました。

でも成績のために悪いイメージがもっと悪くなると思いつつも売り込みを続けてきました。

それが今、さすがにできなくなりました。

一方、後者の
「関係づくり最重要視でやってきた保険営業」はコロナ騒動の中でも、まったく関係なく活動ができています。

会うことができなければ、電話やレターなどでも十分関係づくりはできます。

お客さんに喜ばれながらお客さんの方から保険の話をしてきます。

正直、コロナ騒動が収束した後は、売り込みスタイルでやり続けている保険営業は、淘汰されていきます。

あなたもそうだと思いますが、このコロナ騒動で世界中の人の考え方が変わろうとしています。

変われない人(決断できない人)は、淘汰されていく時代に突入したと思います。

そういった意味で、「これからは関係づくり最重要視でやっていこう!」と決断した方の後押しに、力を注いで行くことに私も決断しました。





※如何でしたか!?

生命保険営業に関わらず、この有事を機に、思考と行動を変革させる必要がありますね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。  


Posted by makishing at 06:47Comments(0)

2020年05月30日

半年先のミカン、甘み予想


今日は、読売新聞5月24日(日)くらしサイエンス面より【半年先のミカン、甘み予想】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





「半年先のミカン予報をお伝えします。今年の冬の長崎県産温州ミカンは、とっても甘いでしょう!」

人工知能(AI)アナウンサーが、そんなニュースを読む日が来るかもしれない。農業・食品産業技術総合研究機構が、半年先のミカンの糖度を当てる手法を開発した、と発表した。

ミカンの糖度は気温や降水量、日照時間など気象条件の影響を受けるが、土壌や品種の特性にも左右されるため、事前の予測は難しいとされていた。

同機構の森岡涼子主任研究員らのチームは、JAながさき西海(長崎県佐世保市)の協力で、2009~19年に出荷した温州ミカンの栽培地や品種別の糖度と気象データを集め、AIに機械学習させた。その結果、7月時点の気象予報から9~12月に出荷するミカンの糖度が予測できたという。気象予報や変化に合わせて栽培方法を変え、ミカンを甘くできれば、農家の収入増にもつながりそうだ。





※画期的な発明ですね。

とても、素晴らしいです。

このミカンだけにとどまらず、全ての果物の『糖度予報』が観れる未来を、期待します。  


Posted by makishing at 08:36Comments(0)

2020年05月29日

自分の暮らす街を色で表すと・・ 


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【自分の暮らす街を色で表すと・・】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





【自分の暮らす街を色で表すと・・】


コロナ禍の影響で急激のオンライン化、デジタル化が進んでおりますが、デジタル化の波にも負けず奮闘しているアナログ商品がありますので、その商品を紹介したいと思います。

その商品とは、ナガサワ文具センターが販売している「Kobe INK物語」という商品です。

株式会社ナガサワ文具センターは、神戸市に本社を置き、明治15年創業の老舗の企業です。

創業当初から「書くもの」「書かれるもの」を扱い、インク、万年筆、ノートなどのステーショナリー専門店として100年以上事業活動を継続してきました。

「Kobe INK物語」を考案したのは、同社の商品開発室の竹内直行さんという方です。

竹内さんは、1978年に入社したのですが、その当時、神戸で製造している文具はありませんでした。

神戸=お洒落なものが多いと言われますが、文具に関しては神戸発がほとんどないと考えた竹内さんは、オリジナル文具を作りたいと考えました。

オリジナル文具の企画に本格的に乗り出した矢先の1995年1月に阪神淡路大震災が発生し、同社も大きな影響を受け、オリジナル文具どころではなくなりました。

その後、10年ほど経過し、会社が立ち直り、お世話になった人にお礼の手紙を書こうと竹内さんは思いました。

文具を扱う者として、感謝の気持ちを伝えるのにパソコンで書くのは味気ないため、手書きで書くと決めました。

ところが、万年筆で書こうとしたところ、当時は、黒色か青色くらいのインクしかありませんでした。

そこで、神戸らしい色のインクが作れないかと考えたときに、竹内さんの頭に思い浮かんだのが、港町神戸を見おろす六甲山でした。

六甲の深い森の色をいつも愛用の万年筆に忍ばせ、いざという時にさり気なく使えないものかと考え、試行錯誤の末、納得の色ができ、2007年に「六甲グリーン」を発表しました。

これに併せて、海のコントラストを贅沢に感じられる神戸メリケン波止場をイメージした「波止場ブルー」と、旧居留地の神戸らしい落ち着いた街並みを色にした「旧居留地セピア」も発表。

発売後、購入者から「面白い」という声が増え、神戸の景色や街並みをテーマに生まれた展開品を増やしていきました。

また、2012年に展示会とのコラボをきっかけに全く万年筆に縁がなかった人たちもインクを手に取るようになりました。

従来、万年筆を買うからインクを買うというのが一般的でしたが、「Kobe INK物語」では、インクを使うために万年筆を購入するという「逆転の現象」が起きました。


<Kobe INK物語の商品サイト>
https://kobe-nagasawa.co.jp/category/originalitems/kobeink/


Kobe INK物語では、「地域の色」という新しい価値が、新たな顧客と新たな用途を生み出すことに成功しました。

発売から10年以上経過したKobe INK物語は、限定色を含め80色以上となり、日本国内だけでなく米国、豪州、台湾へと輸出されています。

オンライン化に伴い、ますますデジタルが普及する世の中だとは思いますが、このような暖かみを感じ取れるアナログ商品も共存してほしいと願う今日この頃です。





※如何でしたか!?

超アナログな私としては、何かホッとする内容でした。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。  


Posted by makishing at 07:48Comments(0)

2020年05月28日

世界中の文明が強制的にストップして、起こっていること


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガの一部分から【世界中の文明が強制的にストップして、起こっていること】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





世界中の文明が強制的にストップさせられたことで、こんなことが起きていたのを知っていましたか?!



・インドや中国、アメリカで、大気汚染物質の濃度が劇的に改善

・インドのガンジス川が透明になった

・ヒマラヤ山脈の頂上が200kmの距離から見られる

・ベネチア運河が綺麗になり、普段はいない白鳥や魚の姿が



東京の空も澄み渡っているように思ったんですが、気のせいじゃなかったんです。

この状態が続けばいいんですが、また元通りに戻る可能性の方が大ですね。





※この自然現象を、私たちは、どう捉えますか?!

地球を汚しているのは、人間なのですね。

この有事を機に、働き方だけでなく、暮らし方も、考えないと、いけないです。  


Posted by makishing at 08:27Comments(0)

2020年05月27日

今年は、想いを交流させよう


今日は、読売新聞5月26日(火)広告のページより【今年は、想いを交流させよう】を紹介致します。





【今年は、想いを交流させよう】


まだ、集まれない。まだ、叫べない。

選手がどれだけ戦う姿を見せたいと願っても、

ファンがどれだけ野球のある日常を求めても、

まだ、全力のプレーで心を揺さぶることも、歓喜してスタジアムを震わすこともできない。

けれど今この時だからこそ、日本生命は動き出します。

野球を愛するすべての人の想いを、集めて、力に変えて、発信します。

スタンドを大観衆で埋められなくても、大歓声を響かせることはできる。

今すぐプレーが見せられなくても、今まで磨き続けてきたその強さで、励ますことはできる。

野球を支えたいという想いが、集まりはじめるアクションを次々と。

人と人が支え合う姿を見つめてきた私たちは、今、選手とファンが支え合う姿を見つめたい。

今日5月26日、日本生命セ・パ交流戦は、開幕しません。

だからこそ、支え合う気持ちを交流させたい。





※読んでいなかった昨日の新聞を今朝、サッと斜め読みしたら、広告ページに出てきました。

実は昨日、セ・パ交流戦が、あるはずだったのですね!

スポンサーの日本生命が、心の叫びを文章にしていました。
  


Posted by makishing at 07:59Comments(0)