2017年02月15日

儲かるマル秘やどかりビジネス


今日は、ある日のテレビ情報番組からです。





〔儲かるマル秘やどかりビジネス〕


人様の場所を間借りして、儲かるビジネスとは




・(株)農業総合研究所


及川社長が道の駅を小さくしたようにして、スーパーの食品売り場に出す

売上は、農家とスーパーで分ける

農家の取り分を65%にして従来の30%から増やした

660店舗に出している

どこのスーパーで何をいくらで売るか、農家が決める

バーコードで値付けするか、農家がしっかり考えないと、売れ残れば1円も入らないから

53ヶ所に集配場をもつ




・(株)ケアプロ


パチンコ店の中に、健康チェックをする

料金は無料で、パチンコ屋さんにお金(10万くらい)を頂いて、集客イベントにしている

パチンコ屋さんは、健康診断をしていない人が多くしている

血管年齢や骨密度をみる

本来は、駅やモールでやっている

集客の効果は非常にある

2007年創業で、利用者数は350万人




・関西ぴあ(株)


やどかりカレーが大阪では主流

韓国居酒屋の中にカレー屋さんをする

夜だけ営業する居酒屋さんの昼にカレー屋さんをする

なぜ、やどかりしているかは、初期投資が抑えられるから

普通だと300万だが、40〜50万になり、カレーだとある程度設備が揃っていればOK

カレーのバリエーションが沢山

家賃以外に、宣伝にもなる

サンクコストと言って、初期投資してるから、取り返そうとして、失敗の深みにはまる

その点、やどかりカレーは、その心配がない




他にあるのは『ニコニコレンタカー』で、自動車関係の店舗などにやどかりして、がっちりしている





※素晴らしい発想です。

従来の、飲み屋街にある店舗も、昼の時間を提供し、全く違うイベントなどを開催したりしています。

‘空いた時間の空いたスペース’を、どう有効活用するか、ビジネス成功の一つの秘訣だと思います。
  


Posted by makishing at 08:31Comments(0)

2017年02月14日

夜中に大事なことは考えない


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【夜中に大事なことは考えない】を紹介致します。





【夜中に大事なことは考えない】


アップルの創業者である故スティーブ・ジョブズ氏は決断に迫られた時や新たな構想を練る時は、部屋にこもるのではなく、外に飛び出し、街中を歩き回ってその間に考えをまとめることがよくあったそうです。

彼だけに限らず古今東西の有名な作家、政治家、企業経営者なども同じように書斎や会議室ではなく、街中、公園などで重要なことを考えていました。

歩くという適度な運動行為によって人間の脳が活性化されるため、良い考えが浮かびやすくなるとも言われていますが、正確なメカニズムは分かっていないとも言います。

ただ、経験的に歩きながら考えることに効用を感じている人が多くいるという事実があります。


反対に深夜にいろいろと考えるのはあまり良い結果にはならないようです。神経、感覚がとぎすまされるため、極端な結論に至ることが多く見受けられます。

いま、流行りのSNSでも深夜に投稿した文書が翌日、炎上してしまうこともよくあります。夜中はあまり重要なことは考えないことにこしたことはありません。

夜は静かに休むこと、これも大切です。





※このようなことは、私も日常、よくあります。

動きながら考えると、素晴らしい案が浮かびます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:57Comments(0)

2017年02月13日

司法書士から観た『商業登記( 会社設立) 』


今日は、司法書士の方のセミナーを受講した時に頂いた資料の中から【司法書士から観た『商業登記(会社設立)』】を紹介致します。





自分で設立登記をするには。『法務省 会社設立 申請書』で検索すれば、必要な書類のひな形が記載例付きで出てきます。法務局で事前に予約すれば、無料の登記相談も受けれます。



◇司法書士に設立登記を依頼するメリット◇


?めんどうな手続きを代わりにしてもらえる
?事業目的を考えてもらえる
?定款の印紙(4万円)を節約できる




◆司法書士に設立登記を依頼するデメリット◆


?費用がかかる
?会社設立後の税務の届出を自分でやらないといけない
?銀行融資などのサポートが弱い
?個人事業がいいのか法人のほうがいいのか相談できない

*司法書士事務所によっては、同一場所に税理士も開業しているため、?〜?のデメリットも解消できます。




□会社の設立の上で一番大切なもの□


『事業目的』


会社は、この登記された事業目的の範囲でしか活動できません。
会社と取引する相手は、この事業目的を最初に見て、どんな会社なのか判断します。
変な事業目的を作ってしまうと、後日変更が必要になり、最低でも3万円の登録免許税が必要となります。





※会社設立について、非常に解りやすい内容です。実際のセミナーは、他に相続の事例紹介もあり、勉強になりました。

私が親しくさせて頂いている司法書士の先生は、デメリット?以外のデメリットは、ありません。

商業登記の際は、御相談ください。
  


Posted by makishing at 06:38Comments(0)

2017年02月12日

もっと楽にスムーズに書ける方法とは?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【もっと楽にスムーズに書ける方法とは?】を紹介致します。



 
 
あなたは
日常の中でどのくらい文章を書いているでしょうか?
 
 
メールのやりとり、スピーチの下書き、
ブログ、メルマガ、などなど。

さまざまな場面で文章を書く機会というのは
あると思います。

今日は、「文章を書くことが楽に、かつスムーズになる」
ヒントをご紹介しますね。
 
 
実は、私、ライターの顔も持っていまして、
日刊メルマガを書いています。
 
 
正直、それはそれはけっこうな量を書いているので
毎回ヒイコラ言っていたんですが、(今も言いますが、笑)
 
「あること」に気づいてから
グーンと執筆が楽になりました。


そのあることは、
とあるビジネスプロデューサーの方と
共に仕事をさせていただいたときに
学んだことです。


この「あること」に気づく前と後では、
心理的なストレスがぐぐぐーーーっと減りました。


そのあることとは「何か」。


それは、

「ねかせる」

ということです。


え?ねかせる?

どういう意味??

という声が聞こえてきそうなので、
解説しますね。




よく、カレーで○日寝かせて熟成させました。

という話がありますよね。

それによく似ています。


解説すると、

その時点で、書けるところまで書き切って、数日、ねかせる。
そして改めて見返して、加筆・修正する。

ということです。


それまでは、
「ネタが出てこない」「出てこない」と
「うんうん」唸りながら、
ときには自らを叱咤激励しながら、
叱りながら、自力・我力で頑張っていたのですが、


このプロセスを体得してからは、心理的にも、
締め切り的にもグググっと楽になりました。




この楽なのにスムーズにできているという
感覚に気づいてから思ったこと。

それは、

「書いていない時間も書いている」

ということなんです。


なんだか、禅問答みたいですが、
物理的に書いていない時間であっても、
頭の中では高速回転して、勝手に組み立て続けてくれている
っていう意味です。

私たちの脳ってすごいですよね。



だからこそ、
数日ぶりに見返すと、さらによくできる内容をあっさり書けたり、
歩いているときにふと、いい表現を思いついたりするんですよね。

もちろん、
このやり方を実践するには
大前提があります。

それは、

「書きたいと思うジャンルの情報を大量にインプットする」

ということです。

何も材料がない中で勝手に料理が出来上がらないように

ボキャブラリィ・情報が頭の中にあるからこそ、
後で見返したときに

・さらにいい表現が思いつく
・文章がさらさら書ける

といった効果を得ることができるのです。



だから、私は

文章を書きたい前日の夜に、
書きたいジャンルの本を何冊かまとめて読み、
ノートに使えそうなところをメモしたりして

次の日の朝に、バババーーっと書いてみる
といいう方法をよく使います。

大事なのは、大量のインプット。



最後にまとめると、、、

【1】書きたいジャンル・テーマの本を大量にインプットする

【2】最初は部分的でもいいので、とにかくノートに書いてみる。

【3】書けるところまで書いたら、数日間ねかせる。

【4】その数日の間に思いついたアイデアは、メモをしておく

【5】数日後に、見返して、加筆・修正を行う

という流れです。





※素晴らしい方法です。

“寝かせる”ことを、私もしております。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 12:43Comments(0)

2017年02月11日

『身近な存在に』


今日は、弁護士費用保険のプリベント少額短期保険が配信しているメルマガから、弁護士インタビューとして【『身近な存在に』】を紹介致します。





【『身近な存在に』】



◇ 普段は、どのような仕事を多く手掛けておられるのでしょうか?

 最近では、遺言書の作成や遺産分割といった相続に関する問題を扱ったり、
離婚に際して、財産分与や慰謝料、子供との面会交流といった問題など、
家庭の問題を扱うことが多いです。
 また、成年後見人や破産管財人をさせていただくことも多くなってきました。



◇ ぜひ、代理人として珍しい例があれば教えてください。

 事業を成功させ、財産を築いた方が亡くなられたのですが、
残念なことに、生前、事業承継や節税対策がなされていなかったために、
億単位の相続税が課税されるというケースがありました。
 経営者の方は、将来の相続人となるご家族のためにも、
弁護士や税理士にあらかじめご相談いただくことをお勧めします。



◇ 弁護士の仕事で大切にしていることはありますか?

 依頼者の方の話を丁寧にうかがい、ニーズを敏感に察知できるよう、
常に心がけています。
 また、事件の経過とともに打合せを重ねることにより、信頼関係を深めていた
だき、より望ましい結果が得られるよう、常に最善を尽くすことに努めています。



◇ 弁護士を志されたきっかけを教えてください。

 高校生の頃に起きた汚職事件の報道の中で、検事や弁護士といった法曹の
存在を知り、興味を持ちました。
 また、テレビドラマで法曹が活躍するというものもあったように記憶して
いますが、そういったことも影響しているかもしれません。
 大学進学を考える時期になり、法律を勉強したいと思い、法学部に進学し
、活躍されている先輩の姿に接し、司法試験受験を決意しました。



◇ 今後、どのような弁護士でありたいとお考えですか?

 まだまだ、法律事務所や弁護士に対して、「敷居が高い」と感じておられ
る方が多いと聞きます。
 私は、弁護士である前に、一人の人間として、目の前の相談者の方に対
して、常に、誠実に、謙虚でありたいと思っており、
この姿勢を大切にすることで、相談を終えられた際に、「相談をして、気持
ちが楽になった。」、「相談に来てよかった。」と思っていただけるような
弁護士でありたいと考えています。
 また、以前から、病院で診察を受けるときの健康保険や自動車保険のよう
に、弁護士費用の負担感を少しでも軽減できるような保険制度があれば、
さらに弁護士へのアクセスが良くなるのではないかと感じていました。
気軽に弁護士にご相談いた
だけるような環境ができればと思っています。
 
 私自身、依頼者にとって「身近な存在」となれるように、これからも研鑽
を重ねていきたいと考えています。





※この弁護士は離婚問題や相続問題に関わられてきた事が多く、親権・監護権に関する法律諸問題の書籍も出版されておられます。

 人の話や相談をじっくりと聞くというのは、なかなか難しいことではありますが、弁護士は「ご自分のお話よりもお相手のお話を聞くことが好き。」とのことですから、「身近な存在」として、しっかりとご相談ができそうです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:51Comments(0)

2017年02月10日

憧れの人になるのに必要な要素


今日は、いつも楽しく読ませて頂いている、コンサルタント向けのメルマガから【憧れの人になるのに必要な要素】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





コンサルティング型ビジネスに取り組む人は あなた自身が商品・サービスなわけですから、 一生スキルアップしつづける必要があります。

バージョンアップしないものは 売れなくなる。
それはコンサルも同じです。

だからといって、自分の専門の勉強ばかりしていても深みも出ませんし、周りも勉強していますから差別化もできません。

だから、違う分野を勉強した方がいい。

とはいえ、何を学べばいいかって、なかなか基準がみつかりません。

そんなときにオススメする方法があります。

それは…あなたの憧れの人をあげて、なぜ私は彼(女)のような人間ではないのか?と考えることです。

例えば、なぜ私はダン・ケネディのような人間ではないのか?


・ストイックに仕事をしていないから?
・言いたいことをハッキリいっていないから?
・リストを大量にもっていないから?
・本を書いていないから?


などなど、様々な仮説が成り立ちます。


憧れの人は、自分が欲しいものをもっているから憧れです。
どこに憧れているのか?
そして、その憧れの人になるのに必要な要素は何なのか?

このワークによって、それらが明らかになっていきます。

それがわかれば、あとは簡単。
ひとつずつ学ぶ、実行していくだけです。

結果、あなたは憧れの人に近づいていき、より魅力のある人物になっていく、というわけです。





※とても、わかりやすい文章でした。

皆様には『憧れの人』はいますか?

何人、いますか!?
  


Posted by makishing at 08:21Comments(0)

2017年02月09日

日々の成功とは


【日々の成功とは】


日々の成功。


それは


始動した瞬間に


勝負が決まっている!




なぜなら


すべての業務は


段取り力に


よるものだから。




「あれ用意したか!」
「事前連絡したか!」
「行き先確認したか!」
「わからんこと、なくしてるか!」




日々の成功。


日々、コツコツと。
  


Posted by makishing at 06:18Comments(0)

2017年02月08日

ワニ革の種類


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガの一部分から【ワニ革の種類】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





20年ほど前に買った革のコートがあるのですが、デザインは全く見劣りしてないので今でも使っています。

革は生き物ですので、きちんと手入れをしないと固くなったり表面がガサガサになったりしますので、長持ちさせるにはそれなりの方法があります。
ペットを育てている感覚になるんですね。

ふと、ネットではどういう革の手入れ方法が書いてあるのか調べてみました。
予想通り、革についての記事がわんさか出てきますね。

「オイルやクリーナーは使わず、乾いた布でひたすら磨く」
「革は乾燥に弱いので、きちんと革の質を見極めた上でオイルを使ってあげましょう」

など、ありとあらゆる手入れ法を目にしました。

革の事をよく知っている人が身近にいるので革を痛めたことはないのですが、初めて革を持つ人がネットの情報を見れば、頭が混乱するだろうなと感じました。

特に、革の皺の取り方です。

「直接アイロンは革を痛めるので厳禁。当て布をする」
「直接アイロンで圧力をかけると皺が取れる」

さて、どっちでしょう。

これは革の製法、種類、染め方によって方法がバラバラなんですよね。
しかし、残念ながらそこまで書いていません。

ちなみに、革の宝石と言われるクロコダイルについてもいい加減な情報が多いです。

しかも、いい加減だというレベルではなく、悪意があって完全に騙しだなと思える書き込みが氾濫してます。

ワニ=クロコダイル

こう思っている方が多いでしょう。

しかし、ワニの種類によってきっちりと分けられているんですね。

まず、クロコダイルというのはイリエワニやナイルワニという貴重な種類で、ワニ革の中で最も高級とされており、革職人が手作りで手掛ける財布なんて軽く数十万、数百万円するんですね。

次に、アリゲーターと言われるワニ。
クロコダイルとは違いますが、ぱっと見た目ではわかりません。
鞄、ベルト、財布、小物にはかなり使われています。
質はクロコダイル同様、いい手触りです。

そして、カイマンというワニの革製品は比較的量産しやすいのですが、見た目のインパクトは力強く、さらに硬くて丈夫なのに、比較的安価で手に入れることができる優れものです。

そこで、質のいいカイマンワニの財布なら5万円〜10万円で買えますが、このカイマン革をクロコダイルと称して、かなりの高値で売っている業者がわんさかあります。

さすがにクロコ型押し製品をクロコダイルと言っている業者はないでしょうけど、ロレックスやオーディマピゲなど、世界の代表ブランド製品を、全く別の工場で似せて作っているものを本物としてネット通販で売っている業者も多々あります。

こういった商売に関わっている人に、良心の呵責って…と、疑問に思ったりもします。





※如何でしたでしょうか?

詳しく書いてあります。勿論、ここまで知りませんでした。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:57Comments(0)

2017年02月07日

携帯電話のトラブル


今日は、昨年の10月17日(月)の新聞(新聞社不明)の『ここが知りたい!法律Q&A』(弁護士 北田美由紀氏)から【携帯電話のトラブル】を紹介致します。





Q:中学生の娘に携帯電話を持たせようと思っているのですが、トラブルに巻き込まれないか心配です。どのような危険がありますか。

A:スマートフォンが普及し、トラブルに巻き込まれる危険が急速に増えています。例えば、SNS上では、他人が友人になりすまして金券を要求する乗っ取り詐欺が多発していますし、友達同士のグループトークで誹謗中傷を受けたり、いじめを受けたりすることもあります。




Q:スマートフォンのカメラで撮影した写真のトラブルはありますか?

A:あります。例えば、他人の顔写真を無断でSNSに投稿すると、肖像権やプライバシー権の侵害になります。承諾をもらう、写真を加工して顔が分からないようにするなどの配慮が必要です。

そのほか、他人に送った性的な写真や動画を無断でインターネットに公開される、友人らに性的な画像を撮影・公開されるという被害もあります。




Q:そのような行為は犯罪にならないのでしょうか。

A:他人の写真を無断で撮影したり公開することは、損害賠償請求されたり、犯罪になる可能性もあります。

また、子ども同士であっても、性的な好奇心を満たすために、18歳未満の子を写した性欲を刺激するような写真を携帯電話に保存していると、処罰の対象となる可能性があります。




Q:もしトラブルに巻き込まれた場合は、どのように対処すればよいでしょうか。

A:画像は一度流出すると完全に消すことができません。知らない人とSNS上で友人にならない、性的な写真は撮らない・撮らせない・送らないことが何よりも重要です。

その上で、トラブルに巻き込まれた場合は、学校の先生や警察、子どもの人権110番などの相談窓口に相談しましょう。

また、画像が流出した場合には、画像の削除や損害賠償の請求をしたり、警察へ刑事告訴ができる場合があります。専門家である弁護士に相談することをお勧めします。





※携帯電話がスマートフォンになり、より機能性・利便性が高まりました。SNSも充実しました。

この為、このような被害やトラブルが出てきました。

一人一人が、気を付けていくことが、肝要です。
  


Posted by makishing at 08:15Comments(0)

2017年02月06日

なぜ2月は28日までか?


今日は、以前からお世話になっている経営者の方が、送って頂いたセミナー案内の前段部分が面白かったので、使わせて頂く形で【なぜ2月は28日までか?】を紹介致します。





突然ですが、
「なぜ2月だけ28日なのか」
ご存知ですか??

今の暦の原型は、「ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)」が作りました。
その暦は「大の月」と「小の月」が順序良く並んでいました。
(1月が31日、2月が29日、3月が31日、4月が30日、5月が31日・・という様に)

ちなみに、昔のローマでは3月から1年が始まり、始まり2月で終わっていたので、うるう年は「端数の1日」は、2月の終わりに付けられました。

ところが、その後、ローマの皇帝のアウグスツスが、自分の誕生月・8月が「小の月」であることが気に入らないと、2月から1日を取って、8月に付けたのです。
それまでの2月:29日が28日に減り、8月:30日が31日に増えました。

ただ、7月が31日、8月が31日、9月も31日となって大の月が続くため、9月以降の大小を入れ替えて現在の形になったそうです。

なんともいい加減な感じでびっくりですよね。

それにしても、皇帝の権力は、暦も変えてしまう程だったんですから、すごいですよね!

最近は、アメリカの大統領って、すごい権力を持っているんだなと改めて感じていましたが、トランプさんが皇帝並みの権力を持っていなくて良かったなと思いました。





※如何でしたでしょうか?!

2月に入り、数日経ちました。

この内容、全く知りませんでした。
  


Posted by makishing at 08:02Comments(0)

2017年02月05日

前向きな気持ちに


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【前向きな気持ちに】を紹介致します。





【前向きな気持ちに】



歌手の坂本九さんの代表曲の「上を向いて歩こう」について日経新聞の「こころの健康学」という記事からです。
「上を向いて歩こう」というのはこころの健康にとっても大切な発想。
悲しいからといって下を向いて歩いていると、ますます気持ちが沈んでくる。
上を向いて歩けばこころが強くなる感じがする。


シンクロナイズドスイミング選手の笑顔について。
選手は会場に入る時に満面の笑みを浮かべている。
演技前にさぞ緊張しているはずなのにと不思議に思っていたが、ある本によると意識的に笑顔を作っているとのこと。
逆にそうしないとプレッシャーに押しつぶされてしまう。
そうならないために笑顔をつくる。
笑顔になれば緊張が和らいで本来の力を発揮できる。
表情や態度がこころの状態に影響することは研究からわかっている。
笑顔になればポジティブな情報が入りやすく、緊張が和らぐ。
背筋を伸ばして前を向いて歩けば、気持ちも前向きになってくる。
まさに「笑う門には福来る」。
だからこそ「上を向いて歩こう」の歌に励まされた人が多かったのだろう。


私は野球に夢中になっていた子供の頃に読んだ本で、400勝投手の金田正一さんが、お母さんから胸を張って歩け、そうすると姿勢が良くなり力が出てくるというようなことを言われ常に実践していたというのを読んで、歩く姿勢を子供の頃から気を付けるようにしていました。自然と肩を開き、胸を張ると前をしっかり見ることができます。
野球をうまくなりたいと思って気を付けてきたことですが、気持ちにも、健康にも良かったのかもしれません。


この日経新聞の記事になるほどとうなずきました。
笑顔。
コストゼロの人間に与えられた素晴らしい能力です。
使わないのは勿体ないですね。





※その通りだと思います。

私は、事ある毎に、空を観るようにしています。

これは、自然と‘上を向いている’ことになります。

空は大きく、様々な表情があって、悩んでいる時には、ちっぽけなことで悩む自分を励ましてくれたりもします。

よろしければ、一度お試しを。最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:20Comments(0)

2017年02月04日

下請けいじめ是正へ法運用基準改正


今日は、産経新聞で昨年の年末に掲載されていた記事で【下請けいじめ是正へ法運用基準改正】を紹介致します。





世耕弘成経済産業相は、下請法の運用基準を13年ぶりに改正し、運用を強化すると発表した。下請けの中小企業などとの取引で違反行為の対象となる事例を大幅に増やした。大企業が下請け企業に対して一律の値下げを強要する商慣習などを是正する狙いがある。また、全国の約21万社と870の業界団体に下請け企業に支払いを行う際、手形ではなく、可能な限り現金で決済することを要請した。





※中小零細企業にとって、とても希望が持てる法改正です。

全国には、頑張っている中小零細企業が、沢山あります。

今日も、頑張っていきましょう。
  


Posted by makishing at 08:07Comments(0)

2017年02月03日

力の出し惜しみ


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【力の出し惜しみ】を紹介致します。





【 力の出し惜しみ 】



何かに挑戦している時、
何かを目指して努力をしている時、
気をつけなければいけないことがある


それは、
「力の出し惜しみ」、
「手抜き」
を厳に戒めることだ。


「ちょっと位はいいだろう」、
「これくらいでいけるだろう」
という気の緩み、油断が
それらの原因だ。


「運命は性格の中にある」という言葉ある。
性格が人生を、運命を司るのだ。

力の出し惜しみをする性格
力の出し惜しみをしない性格

手抜きをする性格
手抜きをしない性格

これらの性格は、日々の習慣によって作られていく。


人生七変化の法則を思い出してほしい。
言葉⇒考え方⇒行動⇒習慣⇒性格⇒出会い⇒人生と変わっていく。


性格を変えるには、
習慣を変えることだ。
習慣は、言葉遣いから
考え方を変え、
そして、行動を変えることで、
形作られる。


力を出し惜しみしているヤツは
本番で力を発揮することはない。

練習で本番並みの力を出していないと、
絶対に本番では練習以上の力は出ない!

だから、毎日、全力でやる。
だから、力の出し惜しみ、手抜きを排除して、
全力でやる。

いいね、「力の出し惜しみ」、「手抜き」、
この二文字は、自分の中から消してしまおう。





※どんな時でも、全力投球・全力疾走で、躍動していきましょう!
  


Posted by makishing at 08:06Comments(0)

2017年02月02日

リゾート地の開放感あふれる競馬場


今日は、大阪梅田の馬券場に置いてあった冊子『KEIBA CATALOG vol34』(発行所:日本中央競馬会)の競馬場の紹介より【リゾート地の開放感あふれる競馬場】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





大都市圈に位置する5つの競馬場に対し、「リゾート地の開放感あふれる競馬場」、そして「人と馬との距離が近い競馬場」というコンセプトを掲げているのが函館競馬場だ。パドックを歩く馬の姿を足もとから眺められる「ダッグアウトパドック」、パドックと馬場を行き来する馬を間近で見ることができる「はなみち」、函館山や津軽海峡を遠目に望む「展望デッキ」などなど、場内のあちこちに様々な趣向と工夫を凝らした見学スポットが設けられている。

一方、同じ北海道の中心部に位置する札幌競馬場は、年間を通して使用できるエリアの2階屋上に「もいわテラス」が設けられ緑のターフを駆け抜けるサラブレッドが楽しめる。他にも、「まきばガーデン」や函館と同様の「はなみち」が新設され、北海道の新名所になりそうだ。





※函館競馬場と札幌競馬場。行ったことは無いですが、行きたくなりました。

北海道の雄大な景色とあいまって、馬の爽やかな走りが、素晴らしい情景を演出してくれることでしょう。

馬の走る姿が大好きな、丙午(午年)の牧野眞ーでした。
  


Posted by makishing at 06:25Comments(0)

2017年02月01日

2017年、最も注目していること

今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【2017年、最も注目していること】を紹介致します。





VSNがこのほど実施した「ビジネスパーソンによる新年の意識調査」(有効回答数1,773)によると、「2017年、最も注目していること」は、「新アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏の就任」がトップになりました。これに「テレビドラマ『半沢直樹』続編の放送」「プレミアムフライデーの導入」「ワールド・ベースボール・クラシックの開催」が続いています。

このうち「プレミアムフライデー」とは、経産省が旗振り役となり進めている施策で、毎月最終金曜日は15時をめどに仕事を切り上げ、夕方を買い物やイベントなどに充てることで個人消費を喚起する狙いがあるものです。

賛否両論あるようですが、来月24日に全国各地で初めて実施されます。





※さて、プレミアムフライデーは、一般的に浸透していくのでしょうか!?

個人消費が伸びれば、いいですね。とりあえず、その時を待ってみたいと思います。
  


Posted by makishing at 06:39Comments(0)

2017年01月31日

ビジネスで成果を上げる為の勉強


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【ビジネスで成果を上げる為の勉強】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





あなたは読書が好きですか?

で、あれば勉強熱心で自分の能力を高める事や、自分自身を成長させることにとても関心が高い人なのだろうと思います。

しかし、勉強熱心な人ほど気をつけなければいけないことがあるのですが、読書でもなんでもそうですが、その「勉強」は今やるべき勉強なのか?

この点をよく考える必要があるのです。

具体的な目的もなく、「この勉強は、いつか役に立つだろう???」といった勉強の仕方は、実は最も効率が悪く最悪の場合、時間を一番、無駄にする危険があります。

ですから、勉強に対する正しい考え方を心得ておく事は有効な時間の使い方ができ効率的でもあるのです。


では、ここで1つ質問です。

あなたが勉強する目的はなんでしょう?ちなみに私の場合は???


「ビジネスで成果をあげること」


この一点です。

ですから、この目的を果たすために集中し必要と思われる勉強だけをするべきだと思っています。

あなたに、よ〜く思い出してもらいたいのですが「いつか役にたつだろう」とか「いつか使える気がする」といって、実際に役にたった勉強ってありますか?

その「いつか」がやってきたことはあったでしょうか?

おそらく、ほとんどないと思います。

役立つ日が来るか?来ないか?分からない。しかも、おそらく無駄になる可能性の高い勉強ほど、不要なものはありません。

「いつか」のための勉強は、実際にその「いつか」が来た時に勉強すればそれで十分、間に合います。

それに、その方が絶対、確実に身に付けることができるでしょう。

では、具体的に自分にとって「今、必要」な勉強とは、どんな勉強になるのか?


考え方はシンプルそのものですが今の自分にとっての課題は何か?必要なものは何か?を自分なりに考えてみて下さい。

で、ここがポイントですが、、、

「その課題が自分にとって本当に必要なのか?今、やるべきなのか?」

と疑ってかかる事にあります。

なんで疑う事が必要になるのか?といえば自分で問題だと思っていたことが実は問題ではなく、本当の問題は別にあった、、、なんてことがザラにあるからです。

思い込みであらぬ方向へ突き進んでも結果は残念なことにしかなりません。

ですから、自分のことを客観視することはとても重要な事なのです。

そして、実際に問題の解決策を求めてその方法が見つかったら、取りあえず勉強は終了です。

次のステップである「実践」に移らなければいけません。

で、実際にやってみて、「どうも、うまくいかんな〜」と思うようなら、また本や教材に戻って少し角度を変えてまた勉強を再開です。

効率的に問題解決したいなら「これ、使えるかな?、、、」といった解決策を2つか3つくらい用意しておくといいでしょう。

一発で問題解決できるケースの方が少ないと思いますので。

「勉強が身に付かない、あまり役に立たない」と思っている人のほとんどは本や教材から全部を学ぼうとしてしまいます。

しかし、この方法はとても非効率的な方法であり、あまりお勧めができません。

なぜなら、自分で「これ使える!」と思ったことを即座に実践していくことでしか勉強したことは身に付かないからです。

本や教材の全ての部分が全部、自分の役に立つものなんてまず、ありません。

要するに自分に必要な部分だけをいかに効率的に抜き取るかが効率のよい勉強方法だと言えるのです。

「いつか役にたつであろう勉強」はほぼ無駄に終わりますが、教養は学ぶべきであり、身に付けることをお勧めします。

特に教養が必要になる時は自分の人脈を広げたい時でしょう。

歴史、科学、宗教、政治、哲学などなど、、、

なんでもいいので興味本位でも結構です。

教養が、実際に役に立つことはないのですが、人としての知性を磨き、人間性を高めるのには必要です。

人としての深みがなければ、人脈なんて広がりません。

話しをしていても、面白みの欠片もないような人間は魅力的には写らないと思います。

特に、あなたが社会的に成功したいと思っているなら、自分より上位の人々とのご縁が必要であり、そのご縁作りに教養は欠かせないものになるのです。

あなたが勉強熱心であっても、なくても勉強は必要であり、どうせ勉強するなら効率的で役に立つ勉強をするのが、より良い人生を送るための、ちょっとしたコツになるのだと思います。





※如何でしたでしょうか?!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:22Comments(0)

2017年01月30日

リスクの語源と損害保険の原型


今日は、紹介されて読み始めた書籍『生命保険入門』(著者:出口治明、発行所:岩波書店)の一文から【リスクの語源と損害保険の原型】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





損害保険は、中世イタリアの4つの海洋共和国(アマルフィ、ピサ、ヴェネツィア、ジェノヴァ)に起源を持つ冒険貸借(海上保険の祖型)がそれである。リスクの語源は、中世イタリア時代のイタリア語risico(船が迂回すべき岩)に由来するようだ。14世紀後半のイタリアで、貿易の発展に伴って海上保険が盛んとなり、数世紀を経て海洋国・英国の首都ロンドンがその中心となった。1666年にロンドン市を大火が襲った。この大火を契機として、海上保険を真似て火災保険の原型が生まれた(わが国の損害保険会社の社名によく見られる「〓〓海上火災保険」は、歴史的な発生順の系統樹をそのまま反映しているのである)。

エドワード・ロイドが有名なコーヒーショップを始めたのは1688年頃である。この店が海上保険のブローカーの溜まり場となるまでにそう時間はかからなかった。そして海上保険の取引はこの地で合理化(洗練)された。近代の損害保険はシティ(ロンドン)のロイズ・コーヒー店で生まれて、その伝統は現在のロイズまで脈々と引き継がれているのである。





※如何でしたでしょうか!?

特に、損害保険の仕事に従事されておられる方々は、どうでしたでしょうか?

「研修で教わるから、知っている」方も、お見えかと思いますが、私にはリスクの語源も含めて、とても勉強になりました。
  


Posted by makishing at 06:28Comments(0)

2017年01月29日

良かった!



【良かった!】



良かった!
良かった!



帰る場所があって
良かった!


食べるモノがあって
良かった!


住む家があって
良かった!


話す相手があって
良かった!


使えるお金があって
良かった!


着る服があって
良かった!



良かった!
良かった!



本当に

良かった!!
  


Posted by makishing at 08:37Comments(0)

2017年01月28日

百年越えの企業が体験した大事件・大事故


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガの文章の一部を紹介する形で、テーマを【百年越えの企業が体験した大事件・大事故】として、紹介致します。





新鮮な情報というのは、鮮度があるため、出た直後がピークで後は下がる一方です。


分かりやすく言えば、流行です。流行った時がピークで、すぐに廃れるものです。


ですから、廃れる情報を伝えるのではなく、何年、何十年、何百年経っても絶対に変わることが普遍的な法則に、「徹底的」にこだわることに決めたのです。


こだわった結果、どのような情報にしたかと言いますと・・・


「伝統企業の商売繁盛の法則」で、要するに創業百年続くことができた秘密だということです。


この情報は、本当に凄い奇跡的なことなのですが、何が奇跡なことかと言いますと、この百年に何があったかご存知ですか?


たった百年だけで、こんな大事件があったのです。



*1914年〜1918年の第一次世界大戦
*1923年の関東大震災
*1930年前後に起こった世界恐慌や昭和恐慌
*1939年〜1945年の第二次世界大戦
*1973年のオイルショック
*1985年のプラザ合意後の急激な円高
*1991年のバブル崩壊
*1995年の阪神・淡路大震災
*2004年の新潟県中越沖地震
*2007年の世界金融危機(サブプライムローン)
*2011年の東日本大震災
*2016年の熊本大地震



いかがでしょうか?
これほど、創業百年以上を続けるためには、このように不況・戦災・震災を乗り越えなくてはいけないのです。


もっと言えば、どんな大事件があっても絶対潰れることがない、商売繁盛の秘密があるということなのです。


そして、今、この世の中で、創業百年を超える会社はほぼなく、五百年以上になると、たった32社しか、もう生き残っていないのです。





※実はこの原文は、新しく出来た情報誌のコマーシャルでした。

その中に入っていた、素晴らしい内容でした。

企業経営も、百年単位で永く続けることが、相当難しいことが、よくわかります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:07Comments(0)

2017年01月27日

龍谷大学の掲示広告より


今日は、たまたま電車内の広告で、龍谷大学のが目にとまりました。その文章が素敵だったので、紹介致します。





〔プログレッシブ?〕


進化し続けているか。

固定観念にとらわれていないか。多様な価値観を受け入れているか。

国境や文化を越えて、自分を磨く覚悟はあるか。

私たちは、つねに本質を問い続け、答えを出し続ける。

豊かなアイデアとひたむきなチャレンジで、未来と深く強くつながっていく。

目の前に広がる無限の地平に向かって。

さあ、共に新しい一歩を踏み出そう。


未来と、君たちを待っている。





※如何でしたか!

いいですねー。
  


Posted by makishing at 08:11Comments(0)