2017年08月14日

広報に載る“頑張る企業”パート14


今日は、家に配布される広報雑誌の中に掲載されていた記事から、十四回目です。





【頑張る市内企業】



肥田電器株式会社、茨木工場(大阪府茨木市南安威一丁目)



〜 プラスチックによる新たな可能性と価値の創造 〜



同社は、創業80周年を迎えるプラスチック加工メーカーで、長年にわたり家電製品や自動車などを中心とした関連部材を生産・供給してきました。

近年では、その高い技術力と豊かな経験を活かした自社企画商品の開発に着手し、オリジナルブランド「Hacocoro」(ハココロ)を各方面で展開しています。

日常をより豊かに、より楽しく演出するインテリアアイテムの提案を通じて、プラスチックによる新たな可能性と価値の創造への挑戦を続けています。

また、社会の一員として安全安心なものづくりと地球環境の保全に努めることで、これからも子どもたちが笑顔で豊かに暮らせるより良い未来を見据え、その実現に向けた積極的な取り組みを行っていきます。





※約2年ぶりの、このシリーズです(暫く、このコーナーが広報誌に載っていなかった感じ?!)。

完成品の中に必要とされる部材を作る“縁の下の力持ち”企業です。

『豊か』という言葉が頻繁に出て来るところから、その想いの強さを感じます。

これからも、応援していきたい企業です。
  


Posted by makishing at 05:49Comments(0)

2017年08月13日

東洋一のハスの花祭り


今日は、日本農業新聞8月12日より【東洋ーのハスの花祭り】を紹介致します。





東洋ーといわれるハスの花を鑑賞する「第38回上越蓮(はす)まつり」が、新潟県上越市の高田公園で(8月)15日まで開かれている。新潟市を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメンバーで同市出身の高倉萌香さんと村山秀幸市長が公園を散策し、まつりをPRした。

西堀橋から、見事に咲いたピンクや白のハスの花を鑑賞した高倉さんは「やっぱり地元に帰ると安心する。新潟や上越の良いところを、全国に広めていきたい」と笑顔を見せていた。

期間中には、ハスの花の観察会や茶会、NGT48のライブなど多彩なイベントがめじろ押しで、市民らを楽しませる。





※東洋ーの蓮の花が新潟県上越市の高田公園という場所にあるとは、全く知りませんでした。

このお盆休み中に、近くに行かれる方々には、お奨めですね。
  


Posted by makishing at 06:54Comments(0)

2017年08月12日

『紀州金山寺味噌』G- 1品目追加


今日は、日本農業新聞8月11日より【『紀州金山寺味噌』G-1品目追加】を紹介致します。





農水省は(8月)10日、新たな地理的表示(G-1)として、和歌山県の「紀州金山寺味噌」を登録したと発表した。同県内の品目が登録されるのは今回が初めて。

「紀州金山寺味噌」は同県で生産され、ウリやシソなど4種の野菜を加え、発酵・熟成させるのが特徴。調味料として使うのではなく、そのまま食べる。

同制度は、地域と結び付いた産品について、国が品質の“お墨付き”を与える制度。今回の「紀州金山寺味噌」を含め、これまでに39品目が登録されている。





※地域の隆盛・復興・再生等を狙ったり、ずっと残していきたいモノやサービス、文化や芸能に、国や団体がこのようなお墨付きを与える制度は、いくつかありますね。

調味料ではなく直接食べるこの味噌を、私も機会を見つけて、一度賞味してみたいと思いました。

ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:35Comments(0)

2017年08月11日

葬式のイメージが幸せな人生を生む


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【葬式のイメージが幸せな人生を生む】を紹介致します。





「幸福とは、自分の価値観が達成された時に生まれる意識の状態のことである」


これはロシア系アメリカ人の小説家にして思想家であったアイン・ランド女史の言葉です。


人間は自分の価値観に従った生き方をしていなければ、どれだけ経済的に成功したとしてもそれは不幸である???


そう言えるのかもしれません。


あなたが自分の人生を、より良いものに変えたいと思うなら、人生を良くするためのマスタープラン作りに取り掛かる必要があるでしょう。


しかし、いきなりプランを作る前に自分にとって本当に重要なものは「一体どんなものなのか?」


これを知る必要があるのです。


街を歩いている人たちで自分の仕事に満足している人は、ほとんどいないと言っていいでしょう。


もしかすると、あなたもそのうちの1人かもしれません。


仕事のことだけでなく人間関係も行き詰まり、もっと経済的にも余裕が欲しいと思っているかもしれません。


「何かが起これば、自分はもっと幸せになれるのに???」


まるで宝くじでも当たれば全てがうまくいく。


そんなふうに考えているのかもしれません。


しかし、実際に宝くじが当たったとしても幸せになる人は、ほとんどいないようです。


高額宝くじ当選者の9割以上がその後、不幸な人生を送っている、といったデータまであるのです。


なので、本当に幸せな人生を送るには自分の「コア・バリュー」に従って生きていなければ、どれだけ成功したと言われても本当に心が晴れることなどないでしょう。


ですから、自分のゴールを決める前にしっかりと時間をかけて自分自身の「コア・バリュー」を知っておく必要があるのです。


では「コア・バリュー」とは一体どんなことなのか?


コア・バリューとは???


人の心の奥底にある善悪を判断する感覚です。


もっと簡単に言ってしまうと「好き嫌いを決める感覚」と言ってしまってもいいでしょう。


ではコア・バリューとゴールの間にはどんな関係があるのか?


幸福を持続させるためにはこの両方が欠かせないのですが、自分のコア・バリューに反するゴールを決めてしまった人がどうなってしまうのかというと、「経済的には成功した、自分のやりたいことはすべてやった。なのに何で、こんなに満たされないのか???」


と毎日を最悪の気持ちで過ごすことになるのです。


しかし現実として、経済的には大成功したけれど全く心が満たされずに、常に何かに飢えているような感覚を覚える経営者など、ざらにいます。


彼らは自分のコア・バリューを履き違えたまま、間違った成功を目指してしまった不幸な人々なのかもしれません。


あなたには自分のコア・バリューを間違えることなく自分の望む本当の幸せを目指してほしいと思います。


そして、自分のコア・バリューを正確に知るには、ある場面をイメージしてみるのが有効です。


その場面とは???


「自分自身の葬儀」です。


自分の葬式に集まった人々が生前の自分がどんな人間だったのか?を、棺に横たわる、あなたの顔を覗きながら話をしている。


そんな場面をイメージしてみるのです。


そして、できるだけ具体的に葬儀にやってきた人たちを思い浮かべてみると???


あなたの親や兄弟姉妹であったり隣人かもしれませんし、仕事仲間や、なかには付き合いだけで顔を出した知らない人もいるかもしれません。


現実に、そんな人たちがいるなら、はっきりとその人たちのことを思い浮かべてみると、より一層、イメージが明確になるでしょう。


そして、彼らはあなたについて一体どんなことを話していますか?


「気前の良い人だったよな、いつも誕生日にはプレゼント送ってくれた、、、」と悲しんでいるでしょうか?それとも、「わがままな人だったわ!一度だって私の言うことなんて聞いてくれたことがなかった!」と罵倒しているでしょうか?


このイメージの時、大切な事は格好など付けずに、自分自身に対するイメージをありのまま、集まった人々の口から語らせることにあるのです。


大事なことは葬儀に参列する人たちがどんな本音を漏らすか?ということであり、その時あなたは、どんな気持ちになるのか?を考えてみることにあるのです。


もし、あなたが嫌な気分になったとしたら、その人と自分の間には何かしらの問題があり、2人の関係においては、自分のコア・バリューに従った生き方をしていなかったことになるでしょう。


人々の口から出てくる言葉にあなたは心が温かくなる思いもあれば、聞いていて耳が痛くなるような批判もあるかもしれません。


そして、その人たちに自分は「どんな言葉をかけてもらいたかったのか?」


その言葉を、自分自身に問いかけてみるのです。


その問いかけに答え人との関わり合いの中で答えを見つけていくことが、自分のコア・バリューを見つけることになるのです。


「自分にとって本当に必要なものは何なのか?」


この答えを見つけることがあなたの意識を幸福にし、あなたの周りの人々も幸せにしていくことになるのです。





※とっても深い文章です。

長文でしたが、最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:53Comments(0)

2017年08月10日

キャッシュフローを健全にするポイント


今日は、以前に『金融機関からお金を引っ張ってくるプロ』の方のセミナーを聴いた時におっしゃっておられた【キャッシュフローを健全にするポイント】を紹介致します。





キャッシュフローを健全にするために・・


*特にチェックすべきポイント


・資金調達で余裕資金を確保する

・キャッシュアウトを遅くする
ビジネスクレジットカードの活用
経費の処理・管理を一本化

・借り入れを無理なく返済できるか?(事業の見通し)

☆ポイント→融資に強いコンサルタントや税理士に相談することで、通る確率を上げるための『コツ』のアドバイスをもらえる。




*キャッシュフローを健全にする10のポイント


・資金調達で余裕資金を確保する

・前払い、複数月の一括払いを促進する

・支払いをなるべく後払いにする

・クレジットカードで販売の場合はスマホ決済を導入

・給与支払日の設定を工夫する

・経費削減努力

・ボーナス制度

・クレジットカードを活用する

・債権回収

・消費税





※事業を、地に足を付けて、しっかり回していくコツですね。

明日からお盆休みの方々が多いと思います。体調管理に気をつけて、エンジョイしましょう。
  


Posted by makishing at 07:38Comments(0)

2017年08月09日

幸せは分け放題


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【幸せは分け放題】を紹介致します。





【幸せは分け放題】


以前も紹介しましたビジネスバンク社のメルマガから。

前回は「社長は幸せの専門家」というお話でしたが、今回は「幸せの分配」。
同じようなことを考えていても、うまく表現するなあととても感銘を受けたお話です。
自らが自信を持って光り輝いているような人は好感も持て、その人からも刺激を受けます。
まずは、自分が幸せを感じないといけませんね。
そして、それを分け与えていくこと。分け放題なのですから!

では、ビジネスバンク社のメルマガ、前段後段の2部構成をどうぞ。



自力で、火をおこすのは大変なこと。
でも、いったん火がつくと、それは分け放題。
たくさんの人を温かくできる。
たくさんの人を明るくできる。
幸せも同じ。
だから、まずは自分が、がんばって幸せになろう。
火種ができるまでは大変だけど、いったん、それができれば、あとはかんたん。
たくさんの人を温かくできる。
たくさんの人を明るくできる。
たくさんの人を幸せにできる。
だから、まず、自分が幸せになろう。



自分が幸せでない時に、真に、人を幸せにすることは難しい。
自分が幸せにしたい人は、きっと、私自身にも幸せになってほしいと思っている。
誰かを想うことは、とても大切で、幸せなこと。
同じように、自分を想うことも、とても大切で、幸せなこと。





※全く以て、その通りです。

これを読んで、まず普段から心がけている善行を、思い出しました。

それは『頂き物のお裾分け』です。故郷から送られてきた果物や銘菓などは、身近なお世話になっている方々に分け分けすると、もらった人も分けた人も、嬉しいですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:04Comments(0)

2017年08月08日

菊正宗当主名跡、45年ぶりに襲名


今日は、6月27日の読売新聞より【菊正宗当主名跡、45年ぶりに襲名】を紹介致します。





菊正宗酒造(神戸市)は(6月)26日、同日付で副社長から社長に昇格した嘉納逸人氏(42)が45年ぶりに当主の名跡「治郎右衛門」を襲名したと発表した。

菊正宗酒造は江戸時代の1659年(万治2年)創業。「灘の生一本」で知られる老舗酒蔵の一つで、代々当主が名跡を継ぐ伝統があった。しかし1972年に9代目が死去した後、10代目、11代目の当主は「時代にそぐわない」として襲名を見送ってきた。

12代目にあたる逸人氏は、この日開いた記者会見で、「和食がユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、日本文化や清酒を再評価する機運が高まっている。襲名の伝統を復活させ、日本を代表する清酒ブランドの看板を背負う決意を示したい」と話した。

灘の酒造会社では、「福寿」の神戸酒心館が安福武之助、櫻正宗が山邑太左衛門の名跡を継承している。





※菊正宗と言えば「やっーぱりーオレは〜あぁ〜♪」のCMを思い出します。

酒造会社の古くからの慣習が『当主名跡の襲名』なのですね。

時代にフィットするか否かは、やってみないと解らない場合、ありますね。

ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:15Comments(0)

2017年08月07日

“奇跡のローカル線”から学ぶこと


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【“奇跡のローカル線”から学ぶこと】(元のテーマ:五能線物語)を紹介致します。





【“奇跡のローカル線”から学ぶこと】五能線物語(遠藤功氏著:PHP出版)


これも会社の部下から教えてもらったのですが、「奇跡のローカル線」と言われるJR東日本秋田支社のお話です。

秋田出身の社員が社内報で知らせてくれました。
地域ローカル線は赤字が当たり前、廃線も仕方がないね、そんな風潮の中、立て直しに取組み見事「日本一乗りたい路線」に仕上げていった物語で、いろんな学びがあります。

元々海岸沿いを走る路線で風景が美しい。
地元の人には当たり前。
なので良さに気付かない。

そこを見直し、鉄道業界では非常識ともいえるダイヤを組んだり、リゾート列車のはしりのような列車をつくったり、スピードの時代に、あえてスローを提案したり、地元の「なまはげ」を列車に乗せたりと、絶体絶命の路線を何とかしようと職員が必死に取り組み、路線沿線の協力も得ていきます。

その物語は地域再開発で悩んでいるところにも参考になると思いますし、もしかすると企業の事業再生にもヒントになるかもしれません。

ただ、私の最終的な結論は、「人」なのです。

如何にしてこの会社、この路線、この列車、この風景を何とかしようとする社員の存在。
本では「価値観を共有する組織は強い」と、一人一人の社員が自ら考え行動する「AKITA WAY」があると書いてあります。
潤沢な資産、すごい技術、スーパースターの社員がいる訳でない。
そんな普通の支社が際立つ存在になるには、現場の社員全員が持てる力を存分に発揮し一つのチーム、一つの組織として新たなことに挑戦し続けるしかない。

このメッセージはどの企業、どの行政組織にも当てはまること。
そのように組織を構成し、方向を示していくのが経営者、管理者の仕事。

ご興味ある方は是非手に取ってみて下さい。
写真も掲載されており、私も一度乗りに行ってみたいと思いました。





※このような事例が、とても役に立ち、諦めていた人の心を躍動することが出来たら、この上ありません。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:20Comments(0)

2017年08月06日

いつもどこかで『ありがとう』


今日は、とある居酒屋さんの割り箸袋に書かれている【いつもどこかで『ありがとう』】と一緒に書かれていた、日本全国の地方の『ありがとう』が載せてありましたので、紹介致します。





〔標準語〕ありがとう
〔北海道〕ありがとう
〔青森〕ありがとうごす
〔秋田〕ありがとさん
〔岩手〕ありがとうがんす
〔山形〕もっけ、ありがとさん
〔宮城〕ありがとうがす
〔福島〕たいへん、してもらって
〔長野〕ありがとうござんす
〔愛知〕ありがとうさん、おおきに
〔岐阜〕きのどく、うたてー
〔新潟〕ごちそうさまです
〔富山〕ごちそうさま、きのどく
〔石川〕きのどく、ようした
〔福井〕おおきに、きのどく
〔大阪〕おおきに
〔兵庫〕おおきに、ありがとうおます
〔鳥取〕だんだん、ようこそ
〔岡山〕ありがとうござんす
〔広島〕ありがとうあります
〔山口〕たえがとうございます
〔徳島・高知〕たまるか
〔愛媛・島根〕だんだん
〔長崎〕ありがとうござす
〔佐賀〕おおきに
〔宮崎〕おおきに、だんだん、かたじけない
〔熊本〕だんだん、ちょうじょう
〔鹿児島〕ありがとうごわす
〔沖縄〕にへーでーびる
〔宮古島〕たんでぃがーたんでぃ





※これだけ『ありがとう』が、地方によって、違うんですよね。普通なら、絶対わからない言い回しもあります。

私の身近な方で『だんだん』を使う方がおられて、今初めて、意味がわかりました。

ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:00Comments(0)

2017年08月05日

大失敗を経験して改良された万年筆


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【大失敗を経験して改良された万年筆】を紹介致します。





【大失敗を経験して改良された万年筆】



1883年のニューヨーク。


保険外交員であった、ルイス・エドソン・ウォーターマン氏は、大口の契約を取り交わす席にいました。


テーブルの上に契約書を置き、顧客に万年筆を渡し、さあ契約というその瞬間。


万年筆からインクがポタポタとこぼれ、契約書に染みを作ってしまうアクシデントに見舞われました。


驚き慌てて、ルイス氏はオフィスに新しい契約書を取りに戻りましたが結果的に、ライバルにその契約は取られてしまったという失敗がありました。


当時の万年筆は、まだまだ不完全なものが多く、同じような失敗をしたくないルイス氏は万年筆の改良を考えました。


「インクがこぼれ落ちないようにするにはどうすべきか…」


試行錯誤の結果、ルイス氏が目をつけたのは、細い管内に液体が上昇又は下降する「毛細管現象」植物が根から水や養分を運ぶ自然現象と同じ原理を使って、独自の万年筆を開発。


インクはペン先に絶え間なく供給され、書くたびにインクをつける手間を減らしインクがこぼれ落ちることの抑制にも成功。


この万年筆のインク供給システムは1884年にアメリカで特許取得し、ルイス氏の万年筆はヒット商品になりました。


この万年筆は、世界的に有名なブランドのウォーターマン社のものです。


実は、ウォーターマン社は冒頭の大失敗をした保険外交員ルイス・エドソン・ウォーターマン氏が創業した企業です。


一人の保険外交員の失敗から生まれた万年筆の基本構造は100年以上たった今でも変わっていないことからすると、よほど優れた構造なんだと思います。


具体的な構造にご興味をお持ちの方は、「万年筆」「毛細管現象」で検索してみてください!





※如何でしたでしょうか!?

まさに、失敗から掴んだ大成功です。失敗は成功の種です。恐れずビビらず、いきましょう!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:43Comments(0)

2017年08月04日

憧れの人と仕事をする方法


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【憧れの人と仕事をする方法】を紹介致します。





憧れの人と仕事ができたら…

ビジネスも大きくなりますし、憧れの人との接点も増える。

一度や二度は考えたことがあると思います。

でも、その憧れの人と接点がない、というのが難点。

そういうとき、どうすればいいのか?

シンプルです。

商品・サービスを購入すること、です。

そうすればあなたと憧れの人は売り手と買い手になります。

売り手の側からすれば買い手の人を無下に扱うわけにはいきませんから、話をするきっかけを作ることができます。

そして、VIP客にでもなれば、十分にユックリ話す機会を作ることもできます。

ジョイントベンチャーの提案をしても、すぐさま断られることはなくて少なくともテーブルに乗せて検討はしてくれるはず。

商品・サービスの納品が憧れの人自身がやってくれるコンサルティング型ビジネスだからこそできるやり方です。





※単純明快な方法です。

しかし、意外としていないとも、思います。

そして、やり過ぎるのも、どうかと思ったりもします。

ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:16Comments(0)

2017年08月03日

空気を読めない人たち


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【空気を読めない人たち】を紹介致します。





【空気を読めない人たち】


最近はフェイスブック、ツイッター、インスタグラム等のSNSを利用する人が多くなりました。

今日はどこへ行きました、何を食べました、だれと会いましたと、日々の充実ぶりや自らの思いや考え等、楽しい話題を中心に投稿をされています。

今の世の風潮でしょうか、SNSに限らず、社会のあらゆる場面において、自分をはっきりと主張する人が歓迎されるところが多くなっています。

確かにそれはそれで良いことなのですが、反面、「どうして今、そんなことを言うのか、やるのか」と周囲から非難され大きな傷を負うことは避けなければなりません。

自分のことだけに意識が集中するあまり、その時、その場の空気が読めない人、皆さんの周囲にも、正論であっても「今、それを言わないでもいいでしょう」と思ってしまうような人はいませんか?

反面教師にして、そんな人にはならないように心したいものですね。





※この筆者は決して、SNSで『今日どこに行きました』とか『今日これを食べました』等の内容をアップしている事そのものを批判しているのではないと、解釈しました。

自分を表現する事は、とても良いと思います。TPOをわきまえて、自戒として気を付けたいと思います。
  


Posted by makishing at 07:41Comments(0)

2017年08月02日

初めてずくめ


【初めてずくめ】



全く知らない町で


知らない人を相手に


行ったことも無い場所で


自分の力を頼りに


お話をする覚悟。
  


Posted by makishing at 06:14Comments(2)

2017年08月01日

サービス精神って勘違いしてませんか?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【サービス精神って勘違いしていませんか?】を紹介致します。





セミナーで伝えたいことが多すぎて、時間オーバーしてしまうってこと、ありますよね?

タチが悪いことに、同じ価格でたくさんのことが聞けるからと、サービス精神と勘違いしている講師も多いです。

これ間違いです。

セミナーの販売ページの中で「この時間中にこれだけを伝える」とお客さんに約束をしているわけです。

お客さんはセミナーの終わり時間を見越して次のアポイントをいれているかもしれません。

そのために途中で抜けて聞けない部分があったら、それはお客さんが悪いのでしょうか?

どう考えても講師ですよね?

つまり時間オーバーとは、お客さんとの約束を破っているのと同義。

商品を納品していないのと全く同じです。

もちろん人間ですから、多少の時間の前後はあるでしょう。しかし、それが常態化しているならプロとはいえません。

はじめから開催時間を増やすか、伝える内容を絞るべきでしょう。

「セミナーの開催時間はお客さんとの「約束」である。」
「お客さんの大切な時間(=命)を数時間預けてもらった」

プロとしてセミナーをするなら、これくらいの意識はもっておくべきです。





※セミナー・研修・講義等で、時間オーバーをする人は、確かに居ます。

自分自身の自戒としても、しっかり意識します。

ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:11Comments(0)

2017年07月31日

人生花づくし


今日は、昨夜たまたま入った居酒屋のトイレに掲示してあった花言葉が、とても素敵でしたので、紹介致します。





【人生花づくし】



親の教えは きくのはな

悪に染まれば くずのはな

人の悪くち くちなしで

愚痴とまやかし なしのはな

頭は垂れて ふじのはな

笑顔あかるく ひまわりで

愛をはぐくむ ばらのはな

心清らか しらゆりで

香りも高き うめのはな

迷いの綱は きりしまで

罪と障りは けしのはな

失意の胸は なでしこで

世は移ろいで あじさいの

翁り背負いて ゆうすげで

月日は早く たちばなで

年もつもれば こけのはな

恍惚きざせば ぼけのはな

露よりもろき あさがおで

行者の照明 つげのはな

散り際さやか さくらばな

先は浄土の はすのはな





※様々な花の表情を、楽しめました。

ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:47Comments(0)

2017年07月30日

人生の残りはあと◯時間


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【人生の残りはあと○時間】を紹介致します。





さて、今日は

人生の残り時間を計算したことがありますか?

というお話です。


少し先の日程で、僕が楽しみにしているイベントがありまして、その日まであと何日かな?というのを計算したくなりました。


最近はほんとに便利ですね。

スマホのアプリで『日付電卓』というのがあったので◯月◯日まであと何日ってすぐに計算できてしまいます。


イベントまでの日数はすぐにわかったのですが、他にもいろいろ気になったので、


・生まれてから何日たったのか?
・生誕10000日めはいつだったのか?
・起業してから何日目?


とアプリを使って調べていきました。


そうこうしているうちに、ふと思ったのが、僕はあと何日生きることができるのだろう?ということです。

僕はいま37歳なので、男性の平均寿命の80歳まで生きるとしたら残り43年です。

アプリを使うとすぐに日数がでますが、僕の場合は約15,500日が残されてることがわかりました。


これを見て、「え?たったこれだけ?」ってビックリしました。


何も考えないでいると今の状況がずーっと続くのではないか?と思ってしまいがちですが、こうやって数字に出すとわかりますね。

僕たちはタイムリミットのある中で生きていると言うことが。


さらに、ビジネスができる期間に絞ると、もっと短くなります。

65歳まで働いたとすると、僕の場合は約10,000日が残されているようでした。


毎日1日8時間働いたとしたら80,000時間になります。


僕はビジネスをしているときは基本的に“超楽しい”ので、もう、こんな少しの時間しか残されていないんですね。

と、寂しくもあり、やりたいことたくさんあるのにもっと早く進めなくては!と危機感も感じました。


ぜひ、あなたも人生の残りの時間を計算してみてください。


アプリを使わなくても、日数なら簡単に出すことができます。

日本人の平均寿命で計算するなら、男性は80歳、女性は87歳です。

これで計算してみてください。


感じ方は人それぞれだと思いますが、きっと僕と同じように「たったこれだけ?」って思うんじゃないでしょうか。


1日1日を、1分1秒を大切にしないと、すぐに終わってしまいますよ。

ということがよくわかるはずです。


・・・このお話、コンサルティングやセミナーの前フリとして使いやすいなって思いました。

「社長に残されている時間は、あと◯時間です!」
ってやれたら行動させる動機づけになりますね。





※『人生の残りの時間』

とてもインパクトあるフレーズに思いました。

一生一度きりです。悔いのない人生を過ごしましょう。

私は、65歳の誕生日まで、今日を含むとあと5007日でした。他にも、いろいろ計算してみます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:02Comments(0)

2017年07月29日

1円玉の製造費は1円以上!


今日は、亀田製菓の柿の種の包装の裏面に書いてある『こばなしのたね』から、その30の【1円玉の製造費は1円以上!】を紹介致します。





1円硬貨の原材料はアルミニウムですが、材料費だけで1枚約0.7円。製造費用や人件費などが加わり、1円玉を作るのに約1.6〜2円の費用がかかります。

1円とはいえ、決してムダにはできません。ちなみに紙幣の製造費は千円札が約14.2円、五千円札が約20.2円、1万円札は約21.7円でできるのです!(いずれも2015年現在)。





※これ、ご存知でしたでしょうか?

1万円札は、知っていましたが、他は知りませんでした。

それぞれの硬貨・紙幣の価値と、原材料費を含めた製造コストの対比、とても面白いです。

こうしたことより、お金だけを追わないビジネスを、追究していくことを、していきましょう。
  


Posted by makishing at 06:22Comments(0)

2017年07月28日

発想だけでなく、作ってみることが大事


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【発想だけでなく、作ってみることが大事】を紹介致します。





【発想だけでなく、作ってみることが大事】



暑い日が続いておりますが、社内やご家庭でもエアコンが大活躍しているのではないでしょうか。


社内等で使用される業務用エアコンには天井に取り付けられたエアコンタイプのものがあります。


この天井カセット型のエアコン、パワーと省スペースで優れていますが、天井付近と床面に温度差が出てしまうという課題があります。


この課題を解決するための装置を横浜市にある株式会社 潮という企業が製造・販売しています。


同社の田中社長は、天井カセット型エアコンの冷房の風が、直接当たらないようにボール紙を貼り付けているところを見て、これを温度差の解消に繋げられないかと考えました。


そこで、考え付いたのが、エアコンから出る風を分散させ、空気の流れを作るハイブリッドファンという商品です。


この商品は、天井カセット型のエアコンに後付け可能な複数枚の羽根からなるファンです。


おしゃれな喫茶店なんかに取り付けられている天井用ファンのようなイメージのものです。


この商品が優れている点は、既設のエアコンに簡単に取り付けられ、しかもエアコンの風で回るので、消費電力がゼロという点です。


エアコンの風でファンが回り風を分散させることで、天井と床の温度差を小さくすることに成功しました。


冷房の場合ですが、10℃以上あった温度差を1℃まで小さくすることが出来たというデータもあります。


シンプルな構造ですが、省エネで優れた商品だと思います。


この商品がヒットした後に、「実は私も同じようなことを考えていた」という人もいたそうです。


「たしかに同じことを考えた人もいるかも知れないが、作った人はいなかった。発想をカタチにすることが大事。」と田中社長はお話されています。


当事務所にも、色んなアイデアの相談を頂きますが、カタチで表現できるものは出来る限り、試作品を作って頂くようにお伝えしています。


実際に作ってみることで新たな課題が見つり、それが次の発明のネタになる可能性もよく有りますから。





※実は、このメルマガは、去年の同時期に頂いたものです。

確かに、似たような機能を持つエアコンは、発売しているようにも、思います。

ただ、業務用では、まだ他社の商品は、出ていないかも、しれません(もし出ていたら、申し訳ありません)。

発想を形にする重要性と共に、改めて『日進月歩の進化の素晴らしさ』も、知りました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 08:33Comments(0)

2017年07月27日

記憶はどこに?


今日は、私が所属している、正しい健康管理を研究している啓蒙団体が発行している情報紙から、脳について書かれている部分の中の【記憶はどこに?】を紹介致します。





一口に記憶といっても、人間の記憶にはいくつかの種類があります。

おおざっぱに分けて記憶には「身体で覚える記憶」と「頭で覚える記憶」とがあります。

前者は自転車の乗り方とかピアノの弾き方などで、技の記憶ともいえます。

後者は、質問された時に考えて思い出す記憶であり、知識の記憶といえるものです。

この知識の記憶の中に、自分自身の過去の思い出などのエピソード記憶と、学習によって得られた意味記憶があります。

学校の試験で試されるようなものが、代表的な意味記憶です。

エピソード記憶は前頭葉と海馬の部分、意味記憶は頭頂葉と側頭葉前部に蓄えられます。

一方、技の記憶は小脳と大脳基底核と呼ばれる部分に刻まれ、こちらの記憶の方が失われにくく、自転車の乗り方などは、一度覚えれば忘れることはありません。





※脳について、勉強になりました。

小脳と大脳基底核に刻まれるような、記憶の方法が開発されたとしたら、一度覚えたら忘れることがない、技の記憶になるのですね。

お読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:36Comments(0)

2017年07月26日

「歩きスマホ」は罰金?!


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「歩きスマホ」は罰金?!】を紹介致します。





「歩きスマホ」、ダメと分かっていてもも少しならと思ってついやってしまう方はおられませんか?

その行為、アメリカのニュージャージー州フォートリーやアイダホ州レックスバーグ市では違法(メールを送信した場合など)で約6000円の罰金となってしまいます。

ハワイのホノルルでも10月以降は、道路横断中に歩きスマホをすると2000円から最大6万円の罰金が科せれる予定です!

歩きスマホはまだ分かりやすいのですが、ドバイで列車内で居眠りすると罰金1万円、イタリアのサンマルコ広場でハトに餌をやると罰金7万円!というその国ならではのものもあります。

海外旅行を計画している人も多いと思います。十分下調べをして、どうぞ楽しい旅行を!





※「歩きスマホ」は、問題になっていますね。

日本国内も、これぐらい厳しくすれば、なくなる方向にいくかも、しれませんね。

ちなみに、もし私がドバイで暮らしていたら、毎月数万円の罰金を、払うことになっていたでしょう。
  


Posted by makishing at 05:58Comments(0)