2011年09月19日

元ヤンキース監督の‘復興めざして’




今日は、9月10日の読売新聞より『声援 復興めざして 野球 人々の心の支えに』を紹介致します。





『声援 復興めざして 野球 人々の心の支えに』
ジョー・トーリさん(71)大リーグ機構副会長(元ヤンキース監督)




野球とは、基本的に見て楽しんでもらうものと考えています。しかし、国家的な悲劇があったときには、人々の心の支えになる力があると実感しています。

10年前の9月11日、米同時テロが起きました。その時、私はヤンキースの監督でしたが、選手たちはニューヨークの人を元気づけるプレーをしようと責任感に満ちていました。素晴らしい戦いぶりで人々の心を動かしました。それは今でも私の誇りです。

震災後の日本でも同じようなことが言えるのではないでしょうか。被災地の状況はまだ大変でしょうが、見る人の気持ちを紛らわせ、ストレスを和らげるのに、野球が大きな役割を果たしているに違いありません。監督時代に松井秀喜選手らと接し、日本人の職業倫理や規律が一流であることを私は知っています。皆さんなら、きっと苦難を克服できると思っています。






※不測の事態が起きた後、元気を届ける為に、様々な業界の人たちが、支援をしています。

スポーツ界の場合、プレーする選手が、自分の動きが心の支えになってくれたり、感動を巻き起こしたりできる役割が、プラスに繋がるのですね。



この記事へのコメント
いつ発生するか.わからない不測の事態なども起こります
そんな苦境の際に勇気を与えるのがスポーツかもしれません

好きな歌手のコンサートなども元気がもらえます
ボランティア活動で頑張り勇気を与えている人達も多くいます
今年は大震災が2回も発生して、いま人の心が試されています。
Posted by 進藤幸男 at 2011年09月19日 08:15
MYブログへの書き込み有難う御座いました!

プロ野球選手だけでなく、我々自身が何か皆さんに対して元気になれる様な事を発信出来る様になりたいですね(^^)!
Posted by 寺井 慎太郎 at 2011年09月19日 23:14
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。スポーツ・音楽などは、元気や勇気がもらえると、私も思います。

私たちの一人一人の心が、試されているのは、うなずけます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年09月20日 07:46
寺井慎太郎様

訪問、ありがとうございます。初めてのコメント、ありがとうございます。

私たち一人一人が、元気になれる素は、自分自身の中にも、持っていると思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年09月20日 07:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。