2019年12月25日

akippa+SOMPO提携


今日は、読売新聞10月4日(金)経済面より【akippa+SOMPO提携】を紹介致します。





駐車場シェアリングサービス最大手の「akippa(アキッパ)」(大阪市)は(10月)3日、SOMPOホールディングスと資本業務提携したと発表した。SOMPOがアキッパの発行済み株式の33.4%を取得し、関連会社化した。アキッパは、SOMPOの保険代理店網を活用し、会員が利用できる駐車場数の拡大などにつなげる。

駐車場シェアリングは、個人や企業の空き駐車場を一時的に貸し出すサービスだ。アキッパは現在、全国約3万か所の駐車場を管理し、会員数は約150万人にのぼる。

SOMPOは、運転免許証を返納した顧客が保有する駐車場をアキッパに登録するよう働きかける。駐車場での事故に対応する専用保険も提供する。提携により、アキッパは2022年には会員数を1000万人、駐車場数を20万か所に伸ばすことを目指す。





※10月の新聞記事からですが、まだまだ斬新なニュースです。

アキッパは、このブログで今年の8月16日にも紹介していますが、とてつもない勢いで、伸びているように感じます。

ちょっと考えたら解ることかもしれませんが、素晴らしいビジネスモデルを構築しています。

こうした柔らか頭、すごく勉強になります。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。