2020年12月30日

ホテルへ行くのは何回目のデート!?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【ホテルへ行くのは何回目のデート!?】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





男女関係で、何回目のデートで告白するのがいいのか?

何回目のデートでキスをするのがいいのか?

何回目のデートでホテルへ行くのがいいのか?

思春期に、こんなことを調べたり、ホットドックプレスで特集を読んだことありませんか?

って、ホットドックプレスは、若い世代はわからないと思いますが(笑)。

アンケート結果やら統計やらを見ても、本当のところはわかりません。

でも、だいたいは「3〜5回目」ぐらいなんですよね。

男女どちらのアンケートでも、です。

これ、ビジネスの関係でも同じです。

売上をなかなかあげられない方から、こんなことを言われることがあります。

「早く売上をあげたいのはもちろんなんですが、関係性を大切にしたいので、もう少し温めたいと思います」

なるほど。

言っている意味は、よくわかります。

実際、出会ってすぐにセールスをするのは決しておすすめできません。

男女関係に例えれば出会った初日に、告白したり、キスを迫る様なものかも。

でも、温めすぎて、6回も、7回も会ってから、というのもオススメできません。

男女関係でいえば、7回も、8回もデートを重ねているのに何も発展がないと、「この人は、その気がないのかな?」と思われて、終了です。チーン。

適度なタイミングで
次のステップへ踏み出す。

告白して振られることを恐れているかもしれませんが、振られたら、もう一度アタックすればいいし別の人にアタックしたっていいわけですからね!

ちなみに、私は、男女関係はビビりまくって告白できない方です(笑)。





※恋愛は営業に例えられます。

どちらにも、必要なのは『早い段階で、自分の意思を伝えること』なのでしょう。

貴重な機会を損失しないよう、心の中の“ねじりハチマキ”をキュッとしめましょう。

本日も、ありがとうございました。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。