2021年01月13日

全日空、紙の時刻表廃止へ


今日は、読売新聞1月11日(月)政治・経済面より【全日空、紙の時刻表廃止へ】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、2/4/28のブログにてご確認ください)★〕





全日本空輸(ANA)は、1954年から紙で発行してきた旅客機の時刻表を廃止する。インターネットの普及で需要が減り、空港や旅行会社の店頭に置かれている1月末までの時刻表が最後となる。今後の時刻表は空港などで表示するほか、パソコンやスマートフォンだけで見られるようにする。

ANAによると、廃止により、グループ全体が1年間に消費する紙全体の約1割を節約できるという。ANAは今後、ネット上で見られる時刻表を充実させ、将来的には計14の言語に対応する。画面に映し出される地図上で出発地や目的地を選択すると、運航している路線を一覧できるようにするほか、飛行時間や乗り継ぎ回数も確認できるようにして利便性を高める。





※実は幼少時代、時刻表を見るのが好きな子どもだった私は、この記事は少し寂しい気持ちになりました。

ただ、これも一つの『時刻表を見る形』の、時代の終わりなのかと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。