2021年09月28日

生ジョッキ缶、高値転売防げ


今日は、9月26日(日)読売新聞、政治経済面より【生ジョッキ缶、高値転売防げ】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、2/4/28のブログにてご確認ください)★〕





アサヒビールは、フリーマーケットアプリ大手メルカリと、特定の商品が高値で転売されることを防ぐための連携協定を結んだ。品薄となっている「スーパードライ 生ジョッキ缶」が、店頭価格を大きく上回る値段でメルカリに出品されるケースが相次いでいるためだ。

メルカリで生ジョッキ缶を検索すると「価格が急騰している可能性があります」などとメッセージが表示される。メルカリの公式ブログやアサヒの公式サイトでも注意喚起する。アサヒが4月に発売した生ジョッキ缶は、ふたを開けると泡がわき上がる仕組みで人気となった。想定価格は1缶で219円前後(340ミリリットル、税込み)だが、メルカリでは500円前後で出品されることもあるという。





※今や、メルカリを知らない人は居ないほど、メジャーになりました。

そんな中、こうした問題が浮上したきたのですね。

ひょっとしたら、今までも他の商品で、こうしたことは、あったかもしれませんね。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。