2021年12月30日

かつみ♡さゆり『“借金で飢餓状態”がアンチエイジングに?』


今日は、読売ファミリー11月24日号より、♡さゆりさんの美容本出版のインタビューで【かつみ♡さゆり『“借金で飢餓状態”がアンチエイジングに?』】の一部を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、2/4/28のブログにてご確認ください)★〕





さゆり:かつみさんはいつも私のこと、全力で応援してくれるんです。大リーガーの大谷翔平選手に見立てて私のことを「100年に一人の逸材」なんて言ってくれます。50歳過ぎてこんなミニスカートはいて、ツインテールの嫁なんて、普通の旦那さんなら許してくれません(笑)。

かつみ:昨年春の自粛期間中はホンマに仕事がなくなって、でも「なんかやろう!」と2人でYouTubeを始めたんです。僕の趣味の絵の話とか、さゆりちゃんの得意なピアノの演奏とか、いろいろ披露したんですけど、中でもさゆりちゃんの美容法がめっちゃバズったんですよ。

さゆり:「洗顔はたっぷりの泡で」とか「歯磨きの時はつま先立ち」とか、お金や時間を全然かけていない、地味~なことばかりなんですけど、皆さんが興味を持ってくださり、本にすることができました。20年間、自分を実験台に、「必死のパッチ」でやってきたことがぎゅっと詰まっています。

かつみ:人って「20歳ならこう、60歳ならこう」って枠にはめがちでしょ。そういう枠をとっぱらうことが、いつまでも元気で若々しくいられる秘訣とちゃうかなと思うんです。あと、僕らの場合、若い時から借金もあり、お金がなくてホンマにおなかが鳴るまで食べられなかったので、それも若さを保つのによかったらしい(笑)。

さゆり:生物って飢餓状態になると、髪やツメなどの成長を止めるらしいんです。成長停止→老化がストップ→アンチエイジングにつながるとか。MIT(マサチューセッツ工科大学)のエライ先生も言うてはるらしいですよ。

かつみ:僕は「吾唯知足(われ、ただ、足るを知る)」という言葉を大事にしています。人って自分に足りないものを数えがちやけど、だれでもホンマは大切な人やものをいっぱい持ってる。いつ死ぬか分からない戦国時代とか戦争中に生まれなかっただけでも、ホンマにありがたい。すべてに感謝です。

さゆり:私の大切な言葉は、本にも書いてあるんですけど「人生のお天気も必ず変わる。今日が雨でも明日はきっと晴れ」。今、大変な思いをしてはる方も沢山いらっしゃると思いますけど、いいことも必ずあります。私が身をもって感じてきたことを、皆さんにもお伝えしたいです。





※如何でしたでしょうか!?

最後のくだりで『いつまでも若々しく元気で、なかよしが一番』と書いてありました。

お笑いコンビとしての『かつみ♡さゆり』は、暗黒の時代のほうが長かったように思います。

ただ、どんな時にも元気で明るく前向きに。そして2人仲良くしてきたことが、沢山の困難に打ち勝つ要因だったと思います。

さゆりさん、美容本の出版、おめでとうございます。これからも、ずっと仲良く、世の中を明るくしてくださいね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。