2022年01月02日

福留孝介が前人未到の45歳シーズンでの規定打席到達挑む


今日は、LINEニュースより【福留孝介が前人未到の45歳シーズンでの規定打席到達挑む】の一部分を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、2/4/28のブログにてご確認ください)★〕





現役最年長で今季プロ24年目の中日福留孝介外野手(44)が、レギュラー取りを宣言した。「もちろんレギュラーを取るつもりでやる」。NPBで過去、45歳シーズンに定位置取りの証しとなる規定打席に到達した選手はいない。前人未到の領域にチャレンジする。

一方で立浪新監督は、福留を代打の切り札として起用する考えを明かしている。だが福留は言った。「監督に言われる場所でやるけど、最初からレギュラーで使いたいな、と思ってもらえるぐらいの準備をしていきたい」。PL学園の8学年先輩でもある新指揮官のプランに堂々と“反旗”を翻し、上方修正させる意気込みだ。

中日福留は今季45歳を迎える。45歳シーズンで1軍出場した野手は過去6人おり、最多出場は98年落合博満(日本ハム)の59試合(192打席)。44歳シーズンの97年に落合が規定打席に到達しているが、45歳以上で到達した選手はおらず、福留がクリアすれば史上初になる。また、セ・リーグ野手の最年長出場は13年の山崎武司(中日)の44歳10カ月で、今年3月25日の開幕巨人戦に出場すると、同じ44歳10カ月だが日数で福留が上回る。日本通算2000安打もあと49安打で、達成すれば15年の和田一浩(中日)の42歳11カ月を大幅に更新する最年長記録となる。





※たまたま見つけた記事でした。

個人的には、福留孝介選手には、頑張ってほしいと思います。

最年長記録は達成してほしいです。

ただし、阪神タイガース戦以外で、頑張ってくださいね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。