2022年01月03日

健康寿命、延びた


今日は、読売新聞、令和3年12月21日(火)社会面より【健康寿命、延びた】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、2/4/28のブログにてご確認ください)★〕





健康上の問題がなく日常生活を送れる「健康寿命」について、厚生労働省は(12月)20日、2019年は男性が72.68歳、女性は75.38歳だったと発表した。前回調査(16年)から男性が0.54歳、女性が0.59歳延びた。

健康寿命は、同省が3年に一度行う国民生活基礎調査。平均寿命との差は、男性が8.73年、女性が12.06年で、前回調査からいずれも減少した。この間は介護などの手助けが必要になる可能性がある。

都道府県別で健康寿命が最も長かったのは男性が大分の73.72歳、女性が三重の77.58歳だった。同省の担当者は「最長の自治体の取り組みを参考にしながら、都道府県の格差縮小に取り組みたい」と話している。





※3年に一度行う健康寿命の調査が良かったのは、朗報です。

何より、平均寿命との差が縮まったのが、嬉しいです。

新年を迎え、健康面の充実を目標に掲げた方々も、多いと思います。

今年一年、体調面も、ご安全に過ごしてまいりましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。