2016年05月20日

良い負けと悪い負け


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【良い負けと悪い負け】を紹介致します。





【 良い負けと悪い負け 】


勝負の世界には、勝ちと負けが存在する。

勝負の世界には、その世界のモノサシが存在する。
そのモノサシに照らし合わせて、勝ち負けが決まる。

負けには二種類あるのだ
「良い負け」と「悪い負け」だ。


良い負けとはどんな負け方か?
全力を出して、いや、出し切っての負けたもの

悪い負けとはどんな負け方か?
中途半端な努力しかせずに、当然のごとく、負けたもの

「あいつには勝てるよ」
「あのチームに負けるわけがない」
という根拠のない自信による過信による練習、稽古不足が原因だ。


だから、凡人である自分が、
力を出し惜しみしていて、
自分を高めることなどできるわけがない!と、
覚悟を決めることだ。

『今この瞬間に出来ることを全力でやり続ける』

これこそが勝利への王道なのだ。

そして、良い負けには、
よい反省がつきものだ。

試練や挫折、負けとは、
自分の脳力(能力)の足りなさに
気づく神様からの贈り物なのだ。
つまり、足りなさに気づくことで成長できるのだ。

良い負けとは全て出し切っているので、
たくさんの気づきを自分のモノにすることができるのだ。

だから、良い負けとは、
「あの時、あの負けがあったから今の自分がある」
という感謝の対象となるわけだ。

本番で勝てばいいのだ。
それまでは、負け続けて、
自分の弱点に気づき、
それまでの間に補強するだけだ。

今日もやるぜ!





※如何でしたでしょうか?

これまでに、スポーツの試合などで“楽に勝てると思った相手に負けた経験”は、ありませんか?!

どのような物事でも、精一杯全力でぶつかることが、一番ですね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。