2018年05月12日

オリンパス株の見通しと処置


今日は、5月10日読売新聞の商況欄から【オリンパス株の見通しと処置】を紹介致します。





〔問い〕オリンパスを3990円で300株、見通しと処置を。



〔答え〕内視鏡の世界的大手。医療事業の消化器系内視鏡が主力。工業用顕微鏡などの科学事業、カメラの映像事業を持つ。

内視鏡スコープ、4K内視鏡などの販促で、国内市場の他、米欧、アジアでも順調な動きを見せている。カメラは、ミラーレス一眼レフが堅調。

株価は、1月9日に高値4565円をつけた。現在は、3995円近辺で推移している。手術支援ロボットなどは期待できるが、中国でのデジカメ生産中止が懸念材料だ。持ち株は、様子見で持続を。
(KFインスティテュート代表・金子浩昭氏)





※複数の事業の柱をつくって展開することが、リスクヘッジに繋がりますね。

一つの商材が、他にどのような業界のどのような物に流用出来るかを、考えていく先に、画期的な新事業が生まれるのですね。

そういう意味では、オリンパスも、様々な業界のお役立ちをしていますね。



この記事へのコメント
技術があるのに、経営者が粉飾決算を繰り返していたので一時期大変でしたが、ソニーが買収して息を吹きかえしました。
医療分野では高度なカメラ技術を持っているオリンパスは将来に渡り株は上がる、と思います。買えませんけど………
Posted by クラケント at 2018年05月13日 09:17
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

医療分野での高度なカメラ技術は、目を見張るものがありますね。

この分野で、いい意味での競争力を、他の企業と一緒に、持っていって頂けたらと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年05月14日 10:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。