2009年10月14日

《新興国で稼ぐ》



6/27の日経新聞に「新興国で稼ぐ」と言う記事があり、「東洋水産/メキシコ カップめん、現地シェア8割」と、書いてありました。要約して紹介致します。




「議会がマルちゃんした」メキシコの新聞には、こんな見出しが掲載される事がある。「マルちゃん」は東洋水産のカップ麺ブランドだが、現地では「簡単に出来る」と言う意味もある。日本語に訳すと「議会が早々と議論を打ち切った」と言う事になる。


現地のカップ麺シェアが8割超に達する事から転じて使われるようになった俗語だ。


海外進出の始まりは1970年代の米国だった。先発の日清食品がスーパーマーケットの棚を抑え、シェアの約70%を占める状態。後発は他の販路開拓をせざるを得ない中、メキシコ人が土産としてカップ麺を買う姿を見て「これはいける」と判断、89年にメキシコに本格進出した。


94年に転機が訪れた。メキシコのペソ大暴落で経営難に陥った流通業者を救済。将来をにらんだ採算度外視措置だったが「この時に流通業者と強い信頼関係を結んだ」との事。


当時、メキシコでは小売りに占める小規模店と量販店の比率は8対2、現在でも7対3と、小規模店が主体だ。小規模店は、陳列棚が小さく、多数のブランドは並ばない。先に販売ルートを確保したブランドが圧倒的に有利だ。2000年代に入って参入した欧州大手も実績を残せずに撤退した。


70年代に成長途上だったウォルマートと関係を強化し、その後、ウォルマートが急成長した事で、量販向けシェアも上昇した。今や米国やメキシコのウォルマートでカップ麺は、マルちゃんの独壇場だ。


今後、期待されるのが、南米市場だ。カップ麺の普及が進めば南米も大きな収益源になる可能性を秘める。南米も小規模小売店が軒を連ねており、メキシコ開拓での経験が生きる。


メキシコでの成長は、「株価に織り込まれている」(食品アナリスト)だけに、南米事業の先行きが注目される。





※食品業界の熾烈な闘いは、人間が生きている限り、永遠に続きます。シェアと言う名の‘陣取り合戦’は、ランチェスター戦略を取り入れた頭脳的勝利が光る「マルちゃん」ですね。



この記事へのコメント
マルちゃんの海外展開の話は、テレビで
見たことがあります。

国内のシェアが独占されていたので、
海外へ販路を拡大しないといけないかった
というのが理由のようですが、
何が幸い、災いするか分かりませんね。

もし、国内のシェアが独占されていなかったら
今のマルちゃんはなかったことになります。

物事には表と裏があって、見方を変えれば、
どう転ぶか分かりませんね。
Posted by 清水 伸剛 at 2009年10月14日 09:07
清水伸剛様

訪問、ありがとうございます。

東洋水産も、ペソ大暴落がなかったら、今頃どのようになっていたか、わかりませんね。

これは、ある意味、1年前のリーマンショックからくる大恐慌も、同じ事が言えますね。

私は、チャンスになりました。とても不思議な事ですね。何事にも常に前向きなスタンスが、成功を導くのですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年10月14日 09:17
お世話になります。

ペソ大暴落の時の逸話はとても示唆に富んでいますね。

損して得とれ、と言ってしまうとずる賢く聞こえますが、目先の利益を追うなかではなかなかできることではないです。

世の中ドンドンドライになりますが、こう言う逸話を聞くと未々捨てたもんじゃないと安心しますね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年10月14日 17:19
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

『損して得とれ』は、良い言葉だなぁ、と思っております。目先の利益を追ってはいけない、と常々思っております。

世の中、まだまだ捨てたもんじゃないですよね。

良い事が起こる人は、普段の行いも関係があるのかな、とかも思っております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年10月14日 17:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。