2009年10月17日

【手のうた】



今日は、《ほほえみ読本》からです。



【手のうた】


1 君のその手は なんのための手

君のその手は ものをつかむ手

しあわせをつかむ手 未来をつかむ手

君のその手は みんなとつなぐ手


2 君のその手は なんのための手

君のその手は ものを学ぶ手

しあわせを学ぶ手 未来を学ぶ手

君のその手は みんなとつなぐ手



3 君のその手は なんのための手

君のその手は ものをつくる手

しあわせをつくる手 未来をつくる手

君のその手は みんなとつなぐ手


(すずき きよし)





※この文章から、それぞれの手の映像や表情が、浮かんでくるようですね。

人間だけが、手を使って様々な作業をする事が出来るのが、しあわせな事だと言うのを、思い出させてくれましたね。



この記事へのコメント
お世話になります。

読み手の心を希望で満たす温かい詩ですね。

100の言葉より繋いだ手の温もりの方が説得力があることってありますよね。

そんなことを思い起こさせてくれる詩でした。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年10月17日 06:33
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。おはようございます。昨日、お時間頂き、ありがとうございました。

『100の言葉より繋いだ手の温もりの方が説得力がある』素晴らしい名言ですね。その通りです。握手は、そんな事、感じさせてくれますね。

温もりのある人間関係って、最高ですね。

昨夜も、コミュニケーション力と人間関係力の‘おさらい’をしました。

人間は、怠惰な生き物ですので、時間が経ったら、又復習です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年10月17日 06:54
こんにちは一ノ坪です。お気遣いいただき感謝いたします。
顔、目、手…その人の人生を感じさせます。
特に手は一番身近におもいます。
工場で手をみたら、指の動きを見ています。
考えや、想いは手、指の動きにつたわってきます。
また指先の感触もその人に伝わります。
指にも脳みそがあるのかなと思うときがあります。
そんな手を使ってする「握手」っていいですね。
この詩を2度読んで、
今日我が子の手を強くにぎってやろうと思いました。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年10月17日 18:42
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。いつも、ありがとうございます。

手のひらのシワを、手相などでよく観ますが、私は甲のシワを見ると、何かしら人生を感じますね。

工場内の作業の手を、是非御尋ねしたかったんです。書いて頂き、感謝です。

確かに『指先には、脳みそがある』と言いますよね。

お子様達の手を、強く握ってあげましたか?

どんな感触だったか、又教えて下さい。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年10月18日 02:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。