2011年01月25日

‘交渉上手’スポーツアパレル会社とは?!

今日は、ある情報番組より株式会社ゴールドウィンを、紹介致します。




ゴールドウィンは、15の海外メーカーと提携


この時のゲストは、代表取締役社長の、西田明男さん


スポーツアパレル会社で、スピード社とも提携し、認知度は上がった


チャンピオンプロダクツ・エレッセ・スコット等、16ブランド


競技販促として、次の試合のトランクス等プレゼントし、選手から意見をしてもらい、製品開発に役立てる


強い選手に着用してもらう事で、売上を上げる


日本バージョンにする為、自社用に製造し、ロイヤリティーを貰っているのが“ライセンス契約”


1964年の東京オリンピックで、ゴールドウィンは一躍有名になった


70年前半のスキーブームで、ルザルフと初の海外ライセンス契約を行った


16ブランド契約の裏には、交渉の難しさもある


ロイヤリティーは1社ずつ内容が違う


富山のGTCには、巨大縫製フロアがあり、皆が多能工で、一人が全て仕上げてしまう


レーザーレーサーハイブリット(スピード社)は、一人では、なかなか履けない


自社・海外ブランドの全てを、沼田主席(現代の名工)が、一人で担う





※ライセンス契約の先駆け企業ですね。

やはり、どこにピンときて、何をやるか決めて、どう行動するかは、ポイントですね。

勉強になります。



この記事へのコメント
「ライセンス契約」は新しい営業手段です。
有名選手が使用し好成績と推薦してくれる

その手法では・・・ゴールドウィンは先見性がありました
経営者の決断と先見性が評価されます
企業経営者や中小企業の生き残り策にも参考になりますね・・・
Posted by 進藤幸男 at 2011年01月25日 09:07
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。新しい営業手段の構築は、企業にとって必須です。

ライセンス契約の手法駆使について、ゴールドウィンには、確かな先見性の目が、ありましたね。

中小企業の生き残り策には、大いに真似るべき点が、多いと、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年01月26日 00:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。