2011年02月16日

物事を童話に置き換えてみる



今日は、読売新聞、去年の11月21日『本よみうり堂、ビジネス5分道場』より、《物事を童話に置換して捉えよ》を、要約して紹介致します。




「日本タイトルだけ大賞」の運営に携わっているが、本のタイトルだけを審査する珍しい賞で、候補は珍しいタイトルが並ぶ。

タイトルには工夫を凝らしたのが多く、渋沢栄一『論語と算盤』、本多清六『私の財産告白』など対比法(論語と算盤)や熟語化(財産告白)などの技巧を駆使している。

一昨年大賞を受賞したのは、マネー・ヘッタ・チャン著『ヘッテルとフエーテル』だ。「ヘンゼルとグレーテル」の童話をモチーフに過去のマネー詐欺事件を取り上げたビジネス短編集である。

実録だと生々しいが童話風のため印象がソフトで、シンプルゆえ詐欺の構造も、わかりやすい。

「欲をかいた人間が最後に罰をうける」という童話基本構造にも、つながっている。

タイトルの妙は、ビジネスを童話風に仕立てた表現で、人間の行動はビジネスであっても童話であっても同じであるのを指摘している。

これは、あらゆる事象を童話で表現できる可能性を示している。ビジネスを童話に置き換えて考えると、物事をシンプルに捉えることができる。





※物事を童話に置き換えると“シンプルになる”のですね。そうすると、難しさから、脱出出来るのですね。

“ドラマのような現実”って、ありますけど、現実をドラマのように置き換えると、素敵かもしれないですね。



この記事へのコメント
自分の行動や目標を「童話」に置き換える
あまり深刻にならずに楽しく行動できるでしょうね・・・

童話風に表現すると相手の受けとの方も違ってきます
そこから物事をシンプルに考えるようになるでしょうね・・・
新しい発想をありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2011年02月16日 09:35
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。行動や目標を「童話」に置き換える事・・・発想は私も、そんなにありませんでした。

相手の受けとり方、確かに違ってくると、思います。こうして、私自身も、ブログに掲載する事で、勉強していっております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年02月16日 18:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。