2011年05月15日

‘父の存在’




【父の存在】



物心ついたら、彼の子どもだった


知らない間に、彼の言うことを聞いていた


生真面目な彼を、軽蔑した多感な時期があった


言っていることは、彼には一本筋が通っていた


一度だけ、彼とつかみ合いになった


元気な彼の時、照れ臭くて「ありがとう」も、言えなかった


彼の思考・行動は、不細工だった


しかし、彼には間違いが、なかった


子どもを溺愛する一面もある、彼だった


「趣味は子育て!」と、自慢する彼だった


彼の存在は、とてつもなく、大きかった


ありがとう!お父さん!!


本当に、ありがとう!!



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。