2011年11月21日

42年間愛されてきた“国民的時代劇”の振り返り




今日は、たまたま手にした雑誌『エスポジ秋号』(発行所:株式会社セネクス)より《42年間愛されてきた国民的時代劇、名作「水戸黄門」を振り返る》を、要約して、紹介致します。





毎週月曜夜8時から、TBS系列で放送中の『水戸黄門』。高齢者のファンも多い、時代劇ドラマの金字塔だ。

番組スタートは、昭和44年8月4日。以来回数は1200回を越え、これまでの平均視聴率22.5%という驚異的視聴率を記録した。

今年12月、42年間の歴史にピリオドを打つ。それにしても、なぜ『水戸黄門』は長きにわたり国民的時代劇として愛されてきたのだろうか。そこには舞台(時代)設定の妙、シンプルでわかりやすい脚本、登場人物の魅力といった要素が挙げられる。

元禄という時代背景で、庶民の暮らしも生き生きしていて、それがドラマ全体に活気と明るさを与えている。諸国漫遊の設定で、全国各地の風土や人情が感じられるのもいい。

黄門さま、助さん、格さんの3人を柱に、魅力的な登場人物たち。老人を主役とするドラマは、主役(黄門さま)を取り巻く人々は家族のようで、時代劇でありながらホームドラマのような親しみやすさがあった。

時代は変わり、もうこんな番組づくりは難しいのかも。だからこそ『水戸黄門』は、私たちの記憶に刻まれる。最終回まで、楽しみにしていたい。





※物心ついた頃から、ずっと放映している長寿番組です。

なぜ、終了してしまうんだろう、なぜ終わらなければ、ならないのか・・・そんなふうに、感じます。

古き良き時代が、一つ幕を閉じるような、そんな気がしています。



この記事へのコメント
牧野さん、メールありがとうございました。

確かに水戸黄門は面白いですからね。
無くなるのは寂しいですね。
Posted by さき姉 at 2011年11月21日 14:47
40数年間も続いた超人気番組「水戸黄門」・・・
これがなくなることは寂しいことですね

やっぱり人気の秘密は内容がわかりやすいことですね
子供から高齢者までが楽しめる番組でした
時代の流れなのか寂しい気持ちになります。
Posted by 進藤幸男 at 2011年11月21日 17:10
牧野さま

いつもありがとうございます。

水戸黄門もいよいよ最終回が近づいてきましたね。

全てにおいて明快な時代劇は、もうこの先しばらくなさそうです。

終わっていくものと新たに始まるもの

ひとつの時代が終わり、次は何が始まるのでしょう。

さみしくもあり、楽しみでもあります。

ありがとうございました。
Posted by 鳥井一 at 2011年11月21日 21:21
さき姉様

訪問、ありがとうございます。初めてのコメント、感謝しております。

水戸黄門は、月曜日の8時から“あって当たり前な”楽しく面白い時代劇です。

ちょっと、寂しくなりますね。

また、コメント、して下さいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月22日 05:32
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

人気の秘密の“内容のわかりやすさ”は、ちいさな子供でも、わかる明快さですね。

時代の流れには、勝てなかったのでしょうか。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月22日 05:36
鳥井一様

訪問、ありがとうございます。

水戸黄門の明快さは、『悪い人を、必ず裁いてくれるところ』ですね。

“終わっていくものと新たに始まるもの”・・・私たちは、あることがきっかけで、お付き合いがスタートしましたね。

ひとつの時代が終わり、次の新たな時代が、始まります。

楽しみを、小脇に抱えて、進みましょう。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年11月22日 05:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。