2012年05月14日

視線は“相手に対する心理状態”




今日は、『図解ウマが合う人、合わない人』(PHP研究所)より《視線は相手に対する心理状態を表している》を、紹介致します。






◆「視線の向き・動き」で相性を測る





▽視線の向き

1.下向きに見下ろす・・・上司が部下に対して、親が子どもに対して

2.水平な視線・・・友人や同僚などに対して

3.上目づかい・・・上司を前にした部下、親を前にした子どもなど



▽視線が合っているか

・視線がよく合うのは、好意をもっている証拠

・1対1での会話のとき、相手の顔に視線を向けている時間は全体の30〜60%程度

・恋人どうしなら、じっと見つめ合っている時間はそうとう長い

・女性が長い間、相手から視線をそらさないときには、何か隠しごとをしている?



▽視線のそらし方

・先に目をそらす人のほうが能動的で、優位に立ちたいと思っている

・目をそらされたほうは不安を感じ、相手のペースに巻き込まれていく

・見つめられたとたんに目をそらす人はコンプレックスをもっていることが多い

・異性に一度視線を向けて故意にそらすときは、性的欲求が生じている?





★ポイント・・・「目は口ほどにものを言う」――視線の向きや動きは、対面している2人の相性を測るバロメーターとして最適だ。





※顔の表情の多くは、目が司っていると、私は思っております。

確かに、わざわざ心理学を学ぶ必要は、ないと思いますが、ここに載せたような内容を、これからの人間関係構築の一つに、お役立て頂ければ、幸いです。



この記事へのコメント
「視線を合わせて、笑顔を添えて」・・・これを大切にしています
顔の表情とか、目の動きは相手もすぐに感じてしまいます。

特に、商談の際は視線が大切になります
真剣さとか、関心度までも好意的にみられます。
ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2012年05月14日 08:08
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。顔の表情や、目の動きは、敏感に感じますね。

商談の際の視線は、とても大切ですね。

視線の落とし方で、全然違います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年05月14日 23:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。