2012年05月21日

シンプルで奥が深い“日本の味”とは??



今日は、知り合いの方から頂いた冊子『パートナー5月号』より《日本の美》を紹介致します。



【シンプルゆえに奥が深い世界に誇る“日本の味”寿司】



日本を代表する料理と言えば、“Sushi”として世界中で愛されている寿司、中でもいわゆる「握り寿司」が筆頭に挙げられるだろう。

その起源は、東南アジアから中国を経て平安時代に伝わった「なれ寿司」にある。もともと保存食の一種で、内蔵を処理した塩漬けの魚を米の中に入れて発酵させたものだ。

これが江戸時代になると、自然発酵を待たずに酢飯を使って酸味を出す「早寿司」が登場。さらに、江戸の街に屋台を中心とした外食産業が発展するにつれ、手軽にサッと食べられる「握り寿司」がお目見えした。江戸城の前にある海、すなわち現在の東京湾で獲れた魚を使うことから「江戸前寿司」とも呼ばれるようになったと言われる。その後、1923年の関東大震災で被災し東京わ離れた寿司職人の手により、広く全国に普及した。

口に含むとほろっとほどける絶妙な握り具合や、お酢と米・酢飯とネタのバランスなど、シンプルゆえにごまかしが効かず、素材と職人の腕ひとつで味が決まる。それだけに奥が深く、一人前の職人になるには10年はかかるとも言われている。

かつては高級で、「特別な日に食べるもの」というイメージが強かったが、安価な回転寿司の隆盛などもあり、最近では庶民の普段の味としてもすっかり定着している。





※お寿司について、わかりやすく、しかもポイントを押さえた文章、とてもいいと思います。

『江戸前寿司』の‘ちゃんとした意味’を、40数年生きてきて、初めて知りました。

ファーストフードとして生まれた寿司。これからも、多くの胃袋を満たしてくれることと、思います。



この記事へのコメント
「お寿司」・・・高級でネタは時価という不思議な世界でした
商談が大詰めになり最終決断を求めるときに「お寿司屋」さんへ・・・

かなり高い接待費として「お寿司屋」さんを利用しました。
それが「回転すし店」ができてからは安易に食べられるようになりました。
Posted by 進藤幸男 at 2012年05月21日 08:57
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。お寿司は昔、本当に高級食材でしたね。

高い接待費としての「お寿司屋」さんは、経験したことは、ありません。
寿司というアイテムにとって「回転すし店」の台頭は、とてつもない進化なのかも、しれませんね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2012年05月21日 14:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。