2013年10月15日

人生に無駄はない


今日は、いつも読ませて頂いているメルマガからです。





【人生に無駄はない】


私の友人で通訳をやっている男がいる。
彼の父は開業医だった。
子供の頃から「ワタルちゃんは将来お医者さんになるんだよ」と、呪文のように言われて育った。
高校三年になったときに、「俺は本当に医者になりたいのか?」と疑問を抱いた。
また、今まで親に反抗というものをしたことがなかったので、一度やりたかった。

そして、医学部から歯学部に勝手に変えた。
傍から見ると、「同じやん!」とツッコミを入れたくなるが、
彼にとっては、大違いだった。

何より、親の意志に反抗したのだ。

そして、歯学部合格。しかし、喜びはなかった。
大学入学後、専門科目では受験勉強の何倍もハードだった上に、
自分が不器用だということを嫌というほど思い知らされて、
自分に歯科医師は向いていないと確信した。

「嫌だ!」と親にも言えず、引きこもり、大学を中退。
家で、毎日本を読んで過ごしていたそうだ。
その読書量は半端ではなく、年間300冊くらいを読み漁ったそうだ。

そんな時、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」に出会い、
竜馬のように生きたい!と痛切に思い、引きこもりを脱したのだ。

そして、彼は、竜馬が目指した世界と日本の架け橋になるべく
英語を必死に勉強し、現在は通訳として活躍している。

「何が幸いするかわかりませんねぇ」と彼は言うのだ。
彼には医療分野、特に歯科分野の専門力があるものだから、
この分野の通訳、翻訳の依頼が絶えないのだそうだ。


人生には無駄はないのだ。
何があっても、全てうまくいくようになっている。
長い目で自分の人生を考えることだ。

『全てのことは序章に過ぎない』

人生は短い。自分が納得できる人生を歩むことだ。

納得するためには、満足する日々を積み重ねるのだ。





※如何でしたでしょうか?!

これまで歩んで来られた道のりが、決して平坦ではなかった方も、お見えだと思います。

『何が幸いするかわからない』
『全てのことは序章に過ぎない』
『人生に無駄はない』

こうした言葉は、今回のような実話を通して、腑に落ちたりできますね。



この記事へのコメント
人生に無駄はない。いい言葉ですね。
自分の中では、本当にたくさんの無駄な時間を過ごしてきたように思っていました。
しかし、ああいった時間があり、その上に、今、やりたい事を見つけれた自分が居るのだなと思います。
全ての過ごしてきた時間に感謝ですね。
Posted by 前田雄飛 at 2013年10月15日 09:30
人生に無駄がないことを完璧に思えることが大事です。迷いがあったらだめです。完璧に思えると確信できる人になりましょう。
Posted by 原誠 at 2013年10月15日 13:59
前田雄飛様

訪問、ありがとうございます。

たくさんの無駄な時間を過ごしてきた(いる)と、思っている方も、少なくないと思います。

様々な物事を経験している自分が、どう解釈するかは、その人次第です。

やりたい事を見つけられた方々が、どれほど居るのかは、定かではありません。

『全ての過ごしてきた時間に感謝』そう思える人に溢れる世の中を、目指したいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年10月16日 06:05
原誠様

訪問、ありがとうございます。

『人生に無駄がないことを完璧に思えること』が出来れば、最高の人生になると思います。

確信できるようになるためには、それ相当の努力が、そうさせてくれると思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年10月16日 06:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。