2014年03月25日

一本の道を


今日は、ある日の朝の勉強会で教えて頂いた詩を、紹介致します。





【一本の道を】



木や草と人間と

どこがちがうだろうか

みんな同じなのだ

いっしょうけんめいに

生きようとしているのをみると

ときには彼等が

人間よりも偉いとさえ思われる

かれらはときがくれば

花を咲かせ

実をみのらせ

じぶんを完成させる

それにくらべて人間は

何一つしないで終わるものもいる

木に学べ

草に習えと

わたしはじぶんに言いきかせ

今日も一本の道を歩いて行く





※木や草は『時が来れば花・実をつける』のに、人間は、何もしていないじゃないか!・・・と、木や草に叱られているような、気がします。

しっかりしよう!人間。



この記事へのコメント
何一つしないで終わらないようにしたいですね。現世利益に囚われず、無欲無心で打ちこめる物がある人は強くて魅力的ですから。
Posted by 原誠 at 2014年03月25日 19:19
原誠様

訪問、ありがとうございます。返事遅くなりました。

私たちは、何かを成し遂げる為に、生まれて生きているのだと思います。

私は、無我夢中・無我熱中・無我無心で打ちこめる物を見つけることができたので、幸せです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2014年03月28日 06:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。