2015年12月23日

日本を変えた平成大事件


今日は、読売新聞12月20日の広告欄に載っていた、雑誌〔文藝春秋〕の新年特別号の宣伝【日本を変えた平成51大事件:当事者と目撃者が振り返る】(ブログテーマ:日本を変えた平成大事件)の見出しが12個ありました。その見出しだけでも充分良かったので、紹介致します。





◇消費税導入:初日午前零時のコンビニ視察(尾崎護)


◇天皇訪中:天安門事件に免罪符を与えた(櫻井よしこ)


◇尾崎豊怪死:他殺説に涙を流した母の姿(尾崎裕哉)


◇逸見政孝がん告白:裏切られた主治医への信頼(逸見太郎)


◇野茂メジャー移籍:後進の手本になった「私の息子」(トミー・ラソーダ)


◇沖縄米兵少女暴行:お母さんたちの怒り溢れた(大田昌秀)


◇ダイエー中内功引退:精神的傷痍軍人の敗北(佐野眞ー)


◇朝青龍横綱昇進:モンゴル力士が相撲観を破壊した(やくみつる)


◇悠仁さまご誕生:典範改正議論さなかの僥倖(古川貞二郎)


◇後期高齢者医療制度:終末期医療に踏み込めなかった(鎌田實)


◇民主党政権:官僚は政治家よりも頭が良かった(鳩山由紀夫)


◇尖閣国有化:石原都知事と密会の夜、決断した(野田佳彦)





※その他、詳しくは出ていませんでしたが、バブル崩壊・ドーハの悲劇・阪神淡路大震災・地下鉄サリン・山一證券自主廃業・日本航空破綻・食品偽装など、いろいろありました。

年末には、一年を振り返る機会が沢山ありますが、平成に入ってからの一括りを振り返ってみるのも、いいかもしれませんね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。