2018年05月11日

長嶋茂雄さんの『天覧試合』


今日は、読売新聞5月6日特別面より【長嶋茂雄さんの『天覧試合』】(わかりやすいテーマに変更)の中の、実況放送を記事にした〔攻防一進一退〕を紹介致します。





[巨人5-4阪神]

巨人は藤田元司、阪神は小山正明の両投手が先発。阪神は三回、小山投手が自ら中前適時打を放って先制した。しかし、巨人は五回、長嶋茂雄選手の左越え本塁打で同点。さらに続く坂崎一彦選手が右越え本塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

阪神もすかさず反撃。六回、先頭の1番吉田義男選手の安打と盗塁でつかんだ好機に、三宅秀史選手の左前打で追いつくと、4番藤本勝巳選手の左越え2ランで4-2と勝ち越した。

阪神が継続のタイミングを探る中、巨人は七回、一死一塁から王貞治選手が右翼へ同点2ラン。4-4とした。

阪神は八回、一死ニ、三塁の好機をつかむが、藤田元司投手と遊撃広岡達朗選手の見事な連係で二塁走者をけん制で刺し、ピンチを脱する。

巨人は九回、長嶋茂雄選手の左越え本塁打でサヨナラ勝ち。





※私は、この試合を観る事は出来ませんでした(生まれていません)が、後々のプロ野球史に語り継がれているのは、小学生時代にマンガの『長嶋茂雄物語』を読んだ事で、知りました。

阪神タイガースファンの私が、『長嶋茂雄物語』を読んだのはなぜか、覚えていませんが、その試合の実況が文章になっていたので、思わず載せました。

永く、プロ野球ファンをなさっておられる方々に、懐かしく読んで頂ければ幸いです。



この記事へのコメント
長嶋茂雄さん、「底抜けに明るい」というイメージがあります。
数々のプレイから、今で言うといわゆる「持ってる人」と言うのでしょうか。
野球少年だったころ、長嶋選手の真似をしたことを思い出しました。
Posted by クラケント at 2018年05月11日 06:46
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

長嶋茂雄さんは、ミスタージャイアンツであり、プロ野球界の、象徴だと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年05月11日 22:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。