2020年05月13日

初の女性理事


今日は、5月12日(火)読売新聞経済面より【初の女性理事】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





日本銀行は(5月)11日、清水季子・名古屋支店長(55)を同日付で理事に起用する人事を発表した。6人いる理事は日銀の役員にあたる。任期は4年間。日銀で女性理事の誕生は初めて。清水氏は理事となった後も名古屋支店長を続ける。

清水氏は2010年日銀初の女性支店長として高松支店長に就任。16年からは欧州統括役・ロンドン事務所長も務めた。

前任の理事の前田栄治氏は、任期満了により(5月)10日付で退任した。前田氏は金融政策を立案する企画局や、国債買い入れなどのオペ(公開市場操作)を運営する金融市場局などを担当してきたが、今後は内田真一理事がこれらを引き継ぐ。



清水季子氏(しみず・ときこ)
87年東大工卒、入行。18年4月から名古屋支店長。東京都出身。





※“女性初”ということで、起用された清水季子理事。

このタイミングというのも、非常に大変だと思いますが、理事として‘アッと驚く素晴らしい采配’を、期待したいと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。