2009年02月19日

『歴史あるブランド』を学ぶ

“全てのアスリートのために”のキャッチフレーズ・・・アディダスはご存知ですよね。


80年代から日本で流通され、日本法人アディダスジャパンは、1998年に設立しました。


その歴史自体は古く、1940年後半に、ドイツ人靴職人のアドルフ・ダスラーさんが、全てのアスリート達をサポートする靴作りを目指し創業したのが、始まりだそうです。


ブランドを象徴する3本ラインは、創業当時に発表された靴に、強度を高める為の補強用として、3本のテーピングを付けたのが始まりと言われているそうです。


3本ラインは「スポーツをする全ての人をサポートする」と言う創業者の想いを受け継ぎ、現在のアディダスの原点になっています。


その後、「パフォーマンスを上げる為のウェア」へ幅を広げ、サッカー以外にベースボール・ランニング・テニス等の種目と力を入れ、大人から子供までを対象に、親しまれています。


・・・ところで、ブランド名のアディダスは?・・・アドルフさんの愛称(あだ名)が“アディ”だったんです。それで『アディ・ダスラー』で《アディダス》だ、そうですよ。




私も中学・高校、サッカー部で、アディダスさんを愛用しましたが、ここまでの事、存じ上げませんでした。


皆様、ご存知でしたか?



この記事へのコメント
先日テレビで見ましたがアディダスとプーマは元は同じ会社で、創立する社長の方の意見がわかれそれぞれ独立し、道を隔てた両側に店を構えたそうです
良い意味でのライバル、あそこには負けられない・・との両社の思いがそれぞれの会社大きくしたのだなーと思います
Posted by 尾上 正 at 2009年02月19日 06:39
「スポーツをする全ての人をサポートする」という創業者の想いが、半世紀以上経っても「形として」受け継がれているのはスゴイですね。

「初心忘るべからず」ですね。ありがとうございます。
Posted by 伊集院雅人 at 2009年02月19日 06:54
尾上 正様

訪問、有り難う御座居ます。

アディダスとプーマが元同じだった、聞いた事あります。

有名所では、アップルとマイクロソフトが、そうらしいですね。

善循環して、高め合えるライバル関係に、今昔や洋の東西は、関係無いのですね。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月19日 07:41
伊集院雅人様

訪問、有り難う御座居ます。創業者の想いが、強ければ強い程、意志が受け継がれるのでしょう。

「初心忘るべからず」で、加えて「初志貫徹」の意識を持ち続けると、願いが叶うんでしょうね。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月19日 07:54
ブランド戦略の大切さを教えてくれた「アディダス」ですね
私も在職中にヨーロッパブランドの契約のために訪欧しました。

イギリスのダックス
イタリアのマリオ・バレンチノ
2社と契約して帰国して大ヒット商品になり会社より報奨金を貰いましたよ・・・
Posted by 進藤幸男 at 2009年02月19日 12:29
進藤幸男様

訪問、有り難う御座居ます。

ヨーロッパを股にかけておられたのですね。さすが、進藤幸男様です。

2社とも、今は誰もが知っているブランドですよね。日本国内で、広める役目を担われて、見事に大ヒット商品となった訳ですね。

素晴らしい話です!

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月19日 13:56
ブランド・・・私は長女の仕事の関係でバーバリーをよく着ます。バッグもそうですが。聞いているとすごいお金がかかっていると思われがちですが、そうではないのです。一枚の寿命がすごく長いのです。
スカートもコートも10年前の物が今でも、着ることができます。はやりがないのです。そして型くずれもしません。かえって安くつくのですよ。大切に使いますしね。ありがとうございました。
Posted by 佐伯久美子 at 2009年02月20日 00:48
佐伯久美子様

訪問、有り難う御座居ます。バーバリーは、そんなに長持ちするのですね。10年前の物が、今でも着ることが出来るのは、素晴らしいです。体型を維持されている事も、素晴らしいです。

ウチ(私の実家)は、物持ちが良い家でした。ブランド品は、ほとんど有りませんでしたが、今でも実家に帰ると、小さい頃使っていた玩具の積み木から、鉛筆一本に至るまで、昔の物が沢山出て来ます。父親は、私が若い頃着ていて、今着なくなった服を着ています。

物を大切にすると言う事を、‘モノが良いブランド品’で、新たに学ぶ事が出来ました。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月20日 06:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。