2009年02月23日

子供が持って帰って来たプリント


小学校に通う息子が、持って帰って来たプリントの中に投稿されていた作文に、心を突き動かされましたので、御紹介致します。



【命を見つめて】


皆さん、皆さんは本当の幸せって何だと思いますか。実は、幸せが私達の一番身近にある事を、病気になったお陰で知る事が出来ました。それは、地位でも名誉でもお金でもなく、「今、生きている」と言う事なんです。


私は小学6年生の時に骨肉腫と言う骨のガンが発見され、約1年半に及ぶ闘病生活を送りました。この時医者に、病気に負ければ命がないと言われ、右足も太ももから切断しなければならないと厳しい宣告を受けました。初めは、とてもショックでしたが、必ず勝ってみせると決意し希望だけを胸に真っ向から病気と闘って来ました。その結果、病気に打ち勝ち、右足も手術しましたが、残す事が出来たのです。


しかし、この闘病生活の間に一緒に病気と闘って来た15人の大切な仲間が次から次に亡くなっていきました。小さい赤ちゃんから、おじいちゃんおばあちゃんまで年齢も病気も様々です。厳しい治療と、あらゆる検査の連続で心も体もボロボロになりながら、私達は生き続ける為に必死に闘って来ました。


しかし、あまりに現実は厳しく、みんな一瞬にして亡くなっていかれ、生き続ける事がこれほど困難で、これほど偉大なものかと言う事を思い知らされました。みんないつの日か、元気になっている自分を思い描きながら、どんなに苦しくても目標に向かって明るく元気に頑張っていました。


それなのに生き続ける事が出来なくて、どれほど悔しかった事でしょう。私がはっきり感じたのは、病気と闘っている人達が誰よりも一番輝いていたと言う事です。そして、健康な体で学校に通ったり、家族や子供達と当たり前のように毎日を過ごせると言う事が、どれほど幸せな事かと言う事です。


例え、どんなに困難な壁にぶつかって悩んだり、苦しんだりしたとしても命さえあれば前に進んでいけるんです。生きたくても生きられなかった沢山の仲間が命をかけて教えてくれた大切なメッセージを、世界中の人々に伝えていく事が私の使命だと思っています。


今の世の中、人と人が殺しあう戦争や、平気で人に命を奪う事件、そしていじめを苦にした自殺など、悲しいニュースを見るたびに怒りの気持ちでいっぱいになります。いったい、どれだけの人がそれらのニュースに対して真剣に向き合っているのでしょうか。




これは、中学2年生の女性が書いた作文です。この作文を通して、生きている全ての人達が、“命の尊さ・生かされている喜び・健康な心身への感謝の念”を、大いに感じとり、殺人や戦争の無い、平和な世界になる事を、祈念致します。



この記事へのコメント
牧野さん、いつも素晴らしい題材をありがとうございます
命の大切さが伝わる素晴らしい作文ですね。今殺人や自殺が毎日のように報道されていますが、周りの人の命や自分の命を大事にしなければ、ほかの事はもっと大事にできないでしょう
生きているありがたさや、身の回りにあることのありがたさは普段なかなか感じないのでしょうが、何かのきっかけで深く考えさせられることもありますね
ありがとうございました
Posted by 尾上 正 at 2009年02月23日 06:37
尾上 正様

訪問、有り難う御座居ます。“命の大切さ”が深く伝わります。

息子が持ち帰った、このプリントを見て、ハンマーで頭を殴られるような衝撃を受けました。

この女性の作文には、続きが御座居ます。

時期を見て、御紹介致します。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月23日 08:04
「命」の大切さは、真正面から「死」と向き合って初めて感じるものですね。私自身11年前にがんで「死」を考え、「今の私が出来る事、やらねばならぬ事」について、随分悩み・苦しみました。しかしこの時奇跡が起こりました。
私が高校時代から「心友」としてお付き合いしてきた彼が、私と同じ時期に「死の病」に侵され、私が抗がん治療で苦しんでいる8月9日に49歳という若さでこの世を去りました。彼の死から2ヶ月経った秋に、私は医者から「がんの治療が無くなるくらいのこの回復はどうしてか・・・・?」と言われ、この時から抗がん治療が無くなりました。
きっと心友である彼が私の苦しみも辛さも全部あの世に持っていってくれたのだと・・・感謝の日々を過ごしています。彼の分まで「生きるぞ!」の強い意思で今も生かされている喜びを持ち続けています。
Posted by 杉山 久美子 at 2009年02月23日 10:45
杉山久美子様

訪問、有り難う御座居ます。真正面から「死」と向き合った人でないと感じる事が出来ない貴重なお話、感謝致します。実際に「死」を前にされて初めて、「今の自分が出来る事、やらねばならぬ事」熟考しますし、悩み・苦しむと思います。

高校時代からの心友の方の“奇跡”は、今までの永くて深い付き合いの中で、後の人生を杉山様に託されたのだろうと思います。

こういう素晴らしい実話を御聴きすると、何をするにしても『やってやれない事は、無い』と強く感じずには居られません。

このブログを書き出したからでないと、このような話に出逢う事は、出来ませんでした。

杉山久美子様、有り難う御座居ます。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月23日 12:38
健康な人々は”健康であること”、”生きていること”への感謝を忘れがちですね。当たり前のことと思い、健康であることがどれだけ幸せかを・・・・・
改めて「命の尊さ」を胸に刻みます。
ありがとうございました。
Posted by 佐伯久美子 at 2009年02月23日 22:56
佐伯久美子様

訪問、有り難う御座居ます。「命の尊さ」が胸に刻まれますね。

健康の有り難みが、身に染み渡ります。

有り難う御座居ます。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月23日 23:08
良い話をありがとうございましたm(__)m
健康に生きているだけで本当に幸せなことだと改めて感じました。
全世界の人々がことことに考え至るなら、戦争や殺人はなくなるはずですよね!
世界中に様々な宗教が存在します!
教えは、極め突き詰めれば全て同じ『感謝』や『奉仕』…などだと思います!
なのに、宗教戦争があらゆる所で起こりますし起こっています!
不思議ですね?
全世界の人々が『いいこと探し』をし、『感謝』や『奉仕』の心を取り戻し、戦争のない、殺人のない世の中になることを祈りますO(-人-)O合掌

☆携帯コンサルタント 岩川☆
Posted by 岩川 法一 at 2009年02月25日 13:27
岩川 法一様

訪問、有り難う御座居ます。健康に生きているだけで本当に幸せです。
戦争や殺人を根絶し、『感謝』や『奉仕』の精神で、人間が健全で健康な心身で生きていけたら、最高ですね。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月25日 13:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。