2011年09月23日

《奇跡が起こった》




今日は、松下幸之助さんの“幸之助語録”第14弾です。




《奇跡が起こった》


「3、4日前、奇跡が起こったんや。家内がな、わしんところにきたんや。一緒になって70年、一度も歴史を読まんかった。ところが、わしが聞いているテープ、高杉晋作とか坂本龍馬とか、それを持って帰ったんや。歴史なんか嫌いやと言っとったのが持って帰った。奇跡や。」


結婚して70年、芝居も見ず、小説も読まなかった妻が、突然歴史に興味を持ち出した。「あんなものはつくりものでつまらん」と言っていたのに。


歴史には人間の心や人情が表されている。歴史を読むということはそういうことを学ぶということになる。だから妻が歴史を読んでおもしろいと気がついたのはいいことだ。


それにしても時間というのはおもしろい。なかなか読まなかった人間が歴史が面白いというのは時間のなせるわざだろう。なにごとも時間がいるものだ。






※時間が人の心を変え、変わった心が、行動を変えると思います。

何に興味持ち、突き進んでいくかは、未来の時間だけが知っているのだと、思います。

奇跡とは、そうやって起こるのではないかと、思います。



この記事へのコメント
私の長い人生経験から感じたことがあります
自分で意識とか気持ちを変えようと思ってもなかなか変りませんね・・・

そこで、行動を変えてみると意識は変るのです
やっぱり行動することで意識は変えられると今でも信じて行動しています
ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2011年09月23日 08:41
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。自分自身で意識や気持ちは、なかなか変わりません・・・同感です。

行動を変える、という方法は、意識を変える為の一番の特効薬だと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年09月23日 19:17
互いに気持ちを変えれる様に頑張りましょうね(^^)!
Posted by 寺井 慎太郎 at 2011年09月23日 23:10
寺井慎太郎様

訪問、ありがとうございます。気持ちをプラスに変える・・・素晴らしいことです。

これからも、このブログを、応援して下さいね。このブログを、楽しんで下さいね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2011年09月23日 23:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。