2020年12月28日

脳トレで、脳を「強化」しよう! 


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【脳トレで、脳を「強化」しよう!】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





「もう、いい歳だから、脳が衰えて・・・」

「加齢で脳細胞が減り始めてるから・・・」

なんてことを言う方が、たまにいらっしゃいます。

加齢で脳が衰える、というのは、

必ずしも正しくないのだそうです。

『脳の強化書』(あさ出版 刊)の著者、医学博士で「脳の学校」代表も務める加藤俊徳さんは、この本の中で

「チャンスを与えれば、脳はいつまでも成長し続ける」と言います。

この本では、「脳番地」という言葉を用いて、働きの異なる脳の部位を刺激して、成長させていこう、という考え方を採用しています。

ちなみに、どんな脳番地があるかというと

・思考系脳番地

・感情系脳番地

・伝達系脳番地

・理解系脳番地

・運動系脳番地

・聴覚系脳番地

・視覚系脳番地

・記憶系脳番地

の8つに分けられると、この本では紹介しています。

そして、各番地を鍛えるためのトレーニング方法がたくさん紹介されているのです。

例えば、思考系脳番地を鍛えるためには

「一日の目標を20文字以内でつくる」

「身近な人の長所を3つ挙げる」

などが挙げられています。

それぞれの脳番地を鍛えるトレーニングをもっと沢山ご紹介したいところですが、それはぜひ、本書を読んでみてください。

脳番地を刺激するためには、

「日常の習慣を見直すこと」

「脳の癖を知ること」

「『したい思考』で発想すること」

の3つが大切だと説いています。

生活習慣を変えて、脳番地に「揺さぶり」をかけると眠っていた脳番地が刺激を受けたり、無関係だった脳番地同士がリンクしたりするのだそうです。

さらに、脳の「癖」を知ること。

脳は「褒められるのが好き」という万人に共通する癖もあれば、個々人の脳が持つ独自の癖ももあるのだとか。

その癖を把握して、意識してトレーニングすると、さらに効果的なのだそうです。

そして、情報に自主的にアクセスして「〇〇したい!」という意識で取り組むと、さらに成果が出やすいです。



(参考資料)
『脳の強化書』(加藤俊徳 著/あさ出版 刊)





※如何でしたでしょうか?!

脳にチャンスを与え続けて、いつまでも生き生きとしていきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。