2020年12月29日

お年玉付き年賀ハガキが生まれたきっかけ


今日は、母からもらったメールから【お年玉付き年賀ハガキが生まれたきっかけ】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





林まさじ氏、東大阪で傘の持ち手を作っていた一般市民、昭和24年のある朝。

年賀状にクジを付けたら?と思いついた(それで郵政省に進言したのかな?)

昭和25年正月分が第1回となった。

・・ということは進言したその年の暮れには発売したんだね(郵政省もすぐ採用したんだ)。

その時の景品は、特等がミシン(全国で17台)。
一等は、純毛洋服生地。
二等か三等に 学童用何とかって言うてたけど書きそびれた。

その第1回の売り出し枚数は、1億8000万枚(一家庭に10枚の割合で計算したのだそうな)。今年は 19億万枚。

年賀状の研究をしている人がラジオにゲスト出演して話してた。





※お年玉付き年賀ハガキが生まれたきっかけを知りました。

いつどのようにしてクジがついたのか、考えもしませんでした。なのに、抽選日には、当選番号を探し、一喜一憂していた昔を、思い出しました。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。