2021年03月24日

売れる人の99%が無意識でやっていること


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【売れる人の99%が無意識でやっていること】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、2/4/28のブログにてご確認ください)★〕





お客さんが求めていることを、しっかり理解して仕事をやりきることだと思います。

お客さんを理解するから、お客さんに選ばれるし、選ばれるから、やり甲斐を感じられて、やりきった感も得られます。

ではお客さんが求めていることは、何かということですが・・・

その答えをいう前に、前号のメルマガを紹介します。


前号のメルマガでは、「100%○○さんから契約するよ」と言っていた旦那さんが、ライバル社の営業マンが孫と同じ歳で、田舎も同じ、頼りないから助けたという理由で、私ではなくその営業マンと契約になったという話をしました。


きっと誰もがある体験だと思います。

これを単なる偶然と捉えるか、お客さんが求めていることのヒントと捉えるかで今後の集客や成約率が大きく変わってきます。

私はここを追求した結果・・・

お客さんに見せるべきものは、提案力や商品力ではなく、、

“人柄”

という結論に至りました。

もちろんアップルやルイビトンなどのダントツ商品はこれに当てはまりません。

我々のような中小零細企業の場合の話です。

極論をいうと【人柄を見せれは売れる】ということです。

これに対して反対意見を今までたくさん聞いてきました。

九州で有名なコンサルのKさんには「感性系の人には当てはまるけど、理屈系の人には当てはまらないね」と言われました。

またある友人コンサルも「人柄より情報」が大事と言います。

地域ナンバー1リフォーム会社の社長にも「人柄は大切だけどそれだけじゃ」と言われました。

多分99%の人が同じ意見だと思います。

ここに挙げた、九州で有名なコンサルKさんも友人コンサルもナンバー1社長も全員に共通した点があります。

それは・・・

【無意識で人柄を見せている】

ということ。

無意識で出来ていることは説明もできないし、その必要性も感じないですからね。

一番、間違えてはいけないのが「人柄より情報」ということ。

人柄を見せていない人がこれを真似ると絶対売れません。単なる押し売りになります。

情報が必要なのは、お客さんの本音を引き出したときです。

本音を引き出すためには人柄を見せて「この営業マンだったら何でも話しても大丈夫だ」と思ってもらう必要があります。

つまり・・・

人柄を見せないことには、その先の商談は失敗に終わってしまうんです。

誰もが見落としている、このポイントをガッチリ抑えているからこそ、あり得ない実績をみなさん(筆者の生徒さん)が次々と出しているんですが、、

多分、あまりに常識外れなので話し10分の1にしか聞こえていないんだと思います。

そういった意味で私がやりきることは、人柄を見せる大切さなんだと気づきました。



▼今日のポイント
【売れている99%の人は天然で人柄を見せている】





※如何でしたでしょうか?!

天才肌の方が無意識に出しているのが“人柄”なのだと思います。

本日も勉強しました。ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。