2022年05月28日

資生堂、スキンケア商品 本格生産


今日は、読売新聞5月21日(土)経済欄より【資生堂、スキンケア商品 本格生産】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、2/4/28のブログにてご確認ください)★〕





資生堂は(5月)20日、スキンケア商品を生産する主力工場を大阪府茨木市に建設し、本格的に稼働を始めたと発表した。投資額は635億円で、資生堂としては初めて物流施設を併設した。日本製化粧品の需要は海外でも高まっており、輸出の拡大も目指す。

「SHISEIDO」や「ク・レ・ド・ポーボーテ」といった高価格帯ブランドを生産する。生産・物流効率を高めるため、自動で商品を物流施設に送るシステムなどを採用した。

従業員の6割以上が女性といい、パウダールームや食堂といった労働環境も充実させた。魚谷雅彦社長は「高品質の商品を供給できる体制が整った」と話した。

工場の見学コースも設けた。23日からホームページで予約を受け付ける。





※ちょっと変な表現ですが『資生堂が本気を出した』感じがします。

化粧品は、インバウンドの人々も、過去に爆買いしていました。

上記の2つの商品の、売れ行きを期待したいと思います。



この記事へのコメント
資生堂の物流拠点の情報ありがとうございます。
Posted by Mr.Anson at 2022年05月31日 11:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。